• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月07日 17:55

政治を刷新するためには選挙で勝たねばならない 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 

 Net-IBでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、米国資本は日本における収奪を拡大するためにTPPを推進しているとした、10月5日付の記事を紹介する。


 米国のアトランタで開かれているTPP交渉閣僚級会合で大筋合意が成立した模様である。

 自動車の原産地規則、医薬品のデータ保護期間、乳製品輸入枠拡大の三点が論点として残されていたが、妥協が成立し、TPPが大筋で合意に達したものである。合意成立後、各国が批准手続きを実行し、調印に至ればTPPが発効する。日本では、2012年12月総選挙に際して、安倍晋三自民党が主権者に6項目の公約を明示した。

 わが党は、TPP交渉参加の判断基準を明確に示します。

TPP交渉参加の判断基準
1 政府が、「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、交渉参加に反対する。
2 自由貿易の理念に反する自動車等の工業製品の数値目標は受け入れない。
3 国民皆保険制度を守る。
4 食の安全安心の基準を守る。
5 国の主権を損なうようなISD条項は合意しない。
6 政府調達・金融サービス等は、わが国の特性を踏まえる。

 これが、自民党が主権者に明示した公約である。

 このなかで、もっとも重大な問題がISD条項である。ISD条項は、「国の主権を損なう」ものであるから、自民党は「ISD条項に合意しない」ことを公約として明示した。今回、大筋合意に達したTPPにISD条項が盛り込まれているなら、日本はTPPには参加しないということになる。ところが、現実には、TPPにISD条項が盛り込まれている。

 したがって、日本はTPPに参加できない。閣僚級会合で大筋合意が成立したとしても、日本のTPP参加はない。これが当然の結論である。「食の安心・安全」や「国民皆保険制度」なども、6項目の公約に明示されているが、ISD条項が盛り込まれると、これらの公約を守ることも不可能になる。外国資本が、遺伝子組換の表示義務によって損害を蒙ったとしてISD条項を発動し、裁定機関が外国資本の主張を認めると、「食の安心・安全」を守ることはできなくなる。

 医薬品や医療機器などの価格規制に対しても、外国資本がISD条項を発動する可能性が高い。日本の医療費価格が跳ね上がれば、公的医療保険で国民医療を賄うことができなくなる。医療は公的医療保険医療と民間医療保険医療の二本立てに移行することになる。このことは、高い保険料支払いを必要とする民間医療保険加入者は十分な医療を受けられるが、公的医療保険医療しか受けることのできない一般庶民は十分な医療を受けることができなくなることを意味する。

 また、TPP交渉の内容はベールに覆われており、主権者の「知る権利」も侵害されている。主権者はすでに「TPP交渉差止・違憲訴訟」を提起し、私も原告団に加わっているが、憲法違反で、かつ、国民生活を根底から破壊するTPPに日本は参加してはならない。

 日本のTPP参加には、国会の批准が必要であり、これを阻止するために、まずは、2016年夏の参院選で、TPP反対勢力が参議院過半数を占有する状況を生み出さなければならない。オールジャパンの闘いの対象は、まずは、戦争法、原発稼働、TPPの三つである。

 TPPは誰かが得をして、誰かが損をする枠組みである。損をするのは日本である。米国資本は日本における収奪を拡大するためにTPPを推進している。もともと、日本が入らなければTPPを推進する理由はなかったのだ。

※続きは本日のメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」第1261号「公約違反のTPP日本批准を絶対に阻止する」で。


▼関連リンク

・植草一秀の『知られざる真実』

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月17日 12:09

【パチンカー代の『釘読み』】NEXUS、19年6月期決算は増収増益NEW!

 パチンコホール「Dステーション」などを全国で50店舗以上展開するNEXUS(株)は、2019年6月期決算で、売上高2,608億9,500万円、経常利益67億6,90...

2019年10月17日 10:45

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(1)NEW!

 関電疑獄は独占(官営)大企業(電力事業・原子力発電事業者)関電における底知れぬ無法経営を露呈してきた。その無法経営を法的側面で支えたのが一群の法務担当職員である。

適切な避難行動実現に浸水リスク明示不可欠NEW!

 木・火・土・金・水を五行という。五行は天(陽)・地(陰)から派生した五種類の作用および法則のこと。世界はこの5つの作用から成り立っているという世界観を表す。

2019年10月17日 10:00

続・鹿児島の歴史(10)~西郷・大久保以後の人物について~NEW!

 西南戦争で多くの有為な人物を失った鹿児島ですが、明治期の人物として森有礼(初代文部大臣)、川路利良(初代警視総監)、五代友厚(初代大阪商工会議所会頭)等がいます。軍...

2019年10月17日 09:52

生まれ変わった「The Okura Tokyo」、テーマは「伝統と革新」NEW!

 2019年9月12日、ホテルオークラ東京 本館は、「The Okura Tokyo(ジ・オークラ・トーキョー)」に生まれ変わった。「和の心で世界をもてなす」という開...

2019年10月17日 09:32

「抗疲労」市場 2020年に12兆円規模に(後)NEW!

 最近は疲れをとる健康食品として、イミダゾールジペプチド、コエンザイムQ10、アスタキサンチンなどのサプリメントも販売されている。日本疲労学会は、特定保健用食品(トク...

2019年10月17日 09:00

「減薬・偽薬」のススメ(後)NEW!

 「偽薬」というものがあることを、2019年10月3日朝日新聞「ひと」欄で初めて知った。文字通り「嘘の薬」である。見かけは直径8ミリの白い錠剤だが、薬効成分は入ってい...

2019年10月17日 07:00

浦江をここ数年で「中国一ゴミのない」県に再生させた政策科学の力!(3)NEW!

 政策科学ですが、「社会における問題の原因を明らかにしたうえで、多様な利害関係者の立場を考慮しながら、最善の解決策を提示する“問題解決型”の学問」と言われています。政...

2019年10月17日 07:00

大戸屋HD、創業家と経営陣のお家騒動が終結~創業者が最も留意すべきは相続税だ!(後)NEW!

 それでは、決定的な対立となったのは何か。ズバリ、相続税の問題である。久実氏が自らの死後に発生する見込みの相続税対策としての功労金問題だ。久実氏が生前の15年3月ごろ...

2019年10月16日 17:58

働き方改革が【匠】を潰す

 ある料理店の料理人が一人前へと成長するための教育プログラムをお教えしよう。皿洗いから始まり、下準備などの雑用、包丁研ぎを経て、調理を行うようになる。包丁研ぎ1つとっ...

pagetop