2024年07月13日( 土 )

弁護士・清田知孝容疑者が約802万円横領容疑で逮捕、福岡県弁護士会所属

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 福岡地検は24日、担当していた民事事件の預り金約802万円を横領したとして福岡県弁護士会に所属する弁護士・清田知孝容疑者(43)を逮捕した。

 福岡地検によると、清田容疑者は2021年6月、自身が担当していた販売委託契約に基づく未払い金請求訴訟で、当時所属していた法律事務所の口座に振り込まれた金額約882万円のうち約802万円を着服した、業務上横領の疑いがもたれている。

 福岡地検は清田容疑者の認否を明らかにしていない。

 県弁護士会によると、引き受けた事件の処理や裁判手続きをせず「弁護士の品位を失うべき非行に該当する」などとして、清田容疑者は昨年3月に業務停止1年6カ月の懲戒処分を受け、今年9月まで業務停止となっていた。

 また、清田容疑者については、19年度から22年度までに200件以上の苦情が寄せられており、なかには「横領されている」という情報も寄せられていたという。

【寺村 朋輝】

関連キーワード

関連記事