2024年02月27日( 火 )

上村建設、「上栄会」と目指すグループ売上高455億円(前)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

上村建設(株) 代表取締役社長 上村英輔氏

上村建設(株)
代表取締役社長 上村 英輔 氏

グループ売上高455億円へ 第2次中計がスタート

 ──2019年度からスタートした第1次中期経営プランでは、最終年度となる23年10月期に単体での売上高300億円を達成され、グループ売上高は400億円に迫るところまできました。そして11月からは、新たな第2次中計もスタートされました。

 上村 当社の設立60周年を機に策定した第1次中計ですが、スタートした18年10月期には当社単体での売上高225億円、グループ売上高273億円だったものが、最終年度の23年10月期に単体売上高300億円、グループ売上高394億円とこの5年間で44%増となるなど、おかげさまで大きく成長することができました。この流れを途切れさせることなく、さらなる成長を目指していかなければならないと考えており、第1次中計の結果をしっかりと精査・検証しながら、当社の強みや抱える課題、これから想定される外部環境の変化などを勘案して策定したのが第2次中計です。

 第2次中計では5年後の目指す姿を示すビジョンとして、「あなたの街を もっと住みたい街に ~Make U Happy~」と掲げました。このビジョンには、建設・不動産ソリューションで「あなたの暮らす街を元気にするリーディングカンパニー」でありたい、そして我々が建設・不動産事業を通じて提供できる価値を考え続け、企業活動を通じて地域社会とお客さまの幸せをつくっていきながら、当社グループもしっかりと地に足を付けて持続的に成長していきたい、という想いが込められています。やはり企業というものは、自己利益の実現だけではなく、当社にとってのお客さまである「オーナー・入居者の幸せ」、そして協力業者を含めた「社員の幸せ」、さらには「地域社会の幸せ」の“三方良し”を目指していかなければならないと考えています。

 そして、このビジョンを実現していくための基本方針・戦略として、「ワンストップソリューション提供体制の強化」「賃貸マンション事業以外の強化」「新事業・サービスの模索」「人財確保強化と社員支援体制の充実化」「生産性向上による健全な職場環境づくり」「サステナビリティ対応」などを掲げています。

上村建設(株) 代表取締役社長 上村英輔氏

 ──「ワンストップソリューション提供体制の強化」とは。

 上村 当社が属する建設業界は今でもすごくアナログな業界なのですが、これからはしっかりとデジタル化およびデータベース化して、必要なときに必要な情報が手に入るような、全体最適化された新システムを構築していかなければならないと考えています。そのために、グループ共有プラットフォームを構築し、データ収集とデータに基づくサービス提供というデータ活用の好循環を生み出すことで、たとえばお客さまから言われずとも能動的に提案していけるような、質の高いワンストップソリューションの提供体制を強化していこうというものです。

 ──「賃貸マンション事業以外の強化」についてもお聞かせください。

 上村 福岡都市圏においても将来的な人口減は避けられないでしょう。そうなると、当然ながら需給バランスが変わっていき、「賃貸しかつくれません」という建設会社は間違いなく淘汰されてしまいます。以前に取材していただいた際に、「上村さんは儲かる仕組みができている」とおっしゃっていただいたことをよく覚えており、すごく的を捉えていると思ったのですが、私もそう思っています。ですが、やはりそれだけでは将来の持続的な成長は担保できません。建設不動産グループの企業として、企画力や技術力を磨きながら、さまざまなものにチャレンジしていくことが大事だと考えていますので、得意とする賃貸マンション事業以外の、たとえば物流倉庫やオフィスビル、商業施設などの事業用施設の受注を強化していこうというものです。

 ──第2次中計の最終目標については。

 上村 先ほどの基本方針・戦略に則って、まずは大型物件の受注を増やすとともに、職場環境の改革と整備、人員の強化、新工法の開発などで完成工事量を伸ばしていきます。また、不動産管理戸数や自社保有物件を伸ばすとともに、業務効率化を進め、利益率を向上させていき、5年後の28年度には、当社単体の売上高352億円、グループ売上高455億円の達成を目指します。

青年部会も発足 さらなる連携強化へ

 ──御社の建設協力会である「上栄会」が、発足から50周年を迎えられました。

 上村 1974年1月に当社の協力会社38社で発足した上栄会も、現在は躯体工事33社、仕上工事57社、設備工事12社の計102社まで増え、おかげさまで今年1月をもって50周年の節目を迎えることができました。実に半世紀という長きにわたって、当社を工事施工および安全衛生管理の推進面で支え続けてくれており、この上栄会の存在は本当にありがたいものだと心より感謝しております。先ほど述べた第1次中計での大きな成長も、第2次中計で掲げる目標の達成も、上栄会との協力がなければ、決してなし得ないものだと思っております。

(つづく)

【聞き手:永上 隼人/文・構成:坂田 憲治】


<プロフィール>
上村 英輔
(うえむら・えいすけ)
1981年12月、福岡市出身。芝浦工業大学システム工学部を卒業後、2005年4月に(株)穴吹工務店に入社し、現場監督を務める。08年4月に(株)福岡銀行へ入行。16年1月に上村建設(株)に入社。常務取締役・社長室長を経て、19年7月に代表取締役社長に就任した。


<COMPANY INFORMATION>
代 表:上村 英輔
所在地:福岡市博多区住吉4-3-2
    博多エイトビル7F
設 立:1959年2月
資本金:1億円
URL:https://www.e-uemura.jp(上村建設)
URL:https://www.uemuragroup.jp
    (ウエムラグループ)

(後)

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事