2024年04月15日( 月 )

壱岐住宅解体工事、まつい工務店JVが落札

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 福岡市発注の「令和5年度市営壱岐住宅52棟外1棟解体工事」を、(株)まつい工務店を代表とする、まつい・妹尾JVが1億9,408万9,000円(税別)で落札した。入札には同JVのほか、匠・内川JVや甲斐・イシキヨJVなど、3JVが参加していた。
 工期は、2月15日~7月31日までを予定している。

 また、「令和5年度市営城浜住宅57棟外2棟解体工事」を、大社建設(株)を代表とする、大社・橋本JVが2億2,473万9,000円(税別)で落札している。工期は2月15日~11月25日までを予定している。

 市では、老朽化が進む市営住宅の大規模改修や建替えを促進する「市営住宅ストック総合活用計画」を前期(25年度まで)と後期(30年度まで)に分けて実行中で、関連工事の発注が続いている。

▼関連記事
市営住宅約3,500戸分を建替え、資産価値の維持・向上へ

【代 源太朗】

関連キーワード

関連記事