2024年04月16日( 火 )

人に「感動」を与える映画の力を使って行動を促す

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

ユナイテッドピープル(株)
代表取締役 関根健次

 映画の配給・宣伝・制作を手がけるユナイテッドピープル(株)(福岡県糸島市)。同社代表の関根健次氏から、京都芸術大学で講義を担当することになったとの報告を受けたので紹介する。

 この4月に新設される京都芸術大学通信教育部「映像コース」で講師の1人となり、4コマを担当します。映像・映画の未来を変える力を存分に伝えるべく収録を終えました。

 映画の人に「感動」を与える力を使い行動を促すこと。そして、映画の上映会では観たもの同士が「シネマダイアローグ」を行うことで、世界の課題を自分事として捉えながら、対話を通じて、解決作を見出していく。また、その場に居合わせた人たちとつながっていく。課題を知りつつ、つながり共に行動を起こしていく連続で、変化が起きていきます。

 ユナイテッドピープルの映画上映サイト「cinemo」では、連日、全国的にそんな上映会が開催されています。cinemoでは1日単位での上映もできるのですが、お好みの場所で「シネマ」が気軽に開始できるよう、年間ライセンスというサービスがあります。月額1万円程度から、定期的な映画上映会が開始できる仕組みです。

 多くの方に世界の課題をテーマとした映画上映の担い手になっていただき、よりよい未来を築いていきたいと願っています。そのためにも、現在、新規契約キャンペーンを実施していますのでお知らせいたします(年間ライセンス契約者募集|映画の上映会(自主上映会)するならcinemo)。

関連記事