2024年04月16日( 火 )

イムズ跡地の複合ビルにエースホテル出店、京都に続きアジア2拠点目

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 三菱地所(株)とエースグループインターナショナルは、21日、天神イムズ跡地で建設中の複合ビル「(仮称)天神1-7計画」に、米国シアトル発のエースホテルを出店すると発表した。ホテルの開業は、2027年を予定している。

(仮称)天神1-7計画完成イメージ(東側)
(仮称)天神1-7計画完成イメージ(東側)

    エースホテルは、米国内を中心に複数都市でホテル運営を手がけており、アジア圏へは、20年のエースホテル京都の開業で初進出をはたした。

 エースホテルでは、出店地域の歴史や社会性など、その街の特色を生かしたインテリアデザイン、アートや音楽を取り入れた、誰もが訪れやすいパブリックスペースの創出を行っている。

 宿泊客とその地域に暮らす多様な人たちが、文化的なプログラムや各種パートナーシップを通じて、共に地域コミュニティの活性化を図ることができる点が、他のホテルブランドとの差別化につながっている。

左:ブルックリンのロビー ©LuisNietoDickens
右:京都のロビー ©YoshihiroMakino

 福岡においても、単なる宿泊機能の提供にとどまらず、宿泊客以外の人も利用可能なラウンジなどの空間において、アートや音楽などの文化的なプログラムを展開することで、異なる価値観や感性、環境に触れ、知的好奇心を刺激し、知見を深める機会を提供していく予定だ。

【エースホテル福岡】
ホテル階数:1~3階、16~20階(予定)
客 室 数:192室(予定)
開   業:2027年(予定)

【代 源太朗】

関連キーワード

関連記事