2024年04月14日( 日 )

上場6社の直近粗利益率、値上げ効果で4社が改善 MrMaxとコスモス薬品は悪化

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 上場6社の第3四半期(2023年3~11月)と11月中間決算によると、粗利益率は前年同期から4社が改善したが、ミスターマックスHDとコスモス薬品は大幅悪化した。

 改善したイズミとイオン九州、リテールパートナーズ、大黒天物産は、食品の値上げ効果と特売および見切り損の減少によるもの。仕入価格は上昇したが、売価への転嫁で粗利益率が改善するとともに、メーカーがリベートを削減したことで特売の原資が減った。

※この記事は1月22日に有料会員向け「流通メルマガ」に配信したものから一部を抜粋したものです。全文を読むには「流通メルマガ」の申し込みが必要です。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

◆ 流通メルマガのご案内 ◆

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1週間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込みください。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

関連キーワード

関連記事