2024年04月15日( 月 )

【熊本・菊陽】GLC史上最大のマンション着工

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

創業の地で供給加速

 「LIBTH」シリーズの賃貸マンション開発を手がける(株)グッドライフカンパニー(福岡市博多区)が、熊本・菊陽町で同社最大級のマンションプロジェクトに着手した。

今年1月に着工した
(仮称)LIBTH菊陽町_176
完成イメージパース

    マンションの規模はRC造・13階建・96戸で、間取りはファミリー向けの2LDK、延床面積は6,322.50m2。完成は2025年第1四半期を予定している。JR豊肥本線・三里木~原水間に27年春の開業を予定している新駅から徒歩5分の立地だが、駐車場需要が高いエリアであることから、駐車場も総戸数を上回る台数分を確保した。菊陽バイパス方面に5分ほど歩けば、スーパーマーケットやMEGAドン・キホーテ菊陽店などが入る商業施設もある。

 グッドライフカンパニーは、「菊陽町では2棟目が竣工を迎えたほか、3棟が建設中です。また、お隣の大津町でも間もなく着工予定のプロジェクトが控えています。創業の地である熊本では、これまでも多くの物件を供給してきましたが、TSMC進出決定からは投資家の反響もより大きくなりました」と話す。

 菊陽町は、面積の大半を農地が占めていることから、マンション開発のハードルが高いだけでなく、TSMC進出にともなう需要過多の状況ながら、地元業者としての地の利を生かして大型マンション用地の確保に成功した。

今期末に管理6,500戸へ

昨年8月に竣工したLIBTH菊陽
昨年8月に竣工したLIBTH菊陽

    もちろん、熊本市内でも開発は継続しており、JR南熊本駅から徒歩3分の立地では、25年第1四半期の完成予定でRC造・13階建・84戸の大型マンションを建設中。近年、同社は熊本のほか福岡・沖縄で年間800~900戸を供給しており、グッドライフカンパニー設立から15年で供給実績(23年12月末時点)は146棟(4,624戸)を数える。近年は福岡市内での供給が加速しているものの、創業の地・熊本県における供給実績は94棟(2,923戸)と全体の6割超を占めている状況だ。

 「昨年は札幌エリアへ進出しましたが、依然として当社の重要拠点は福岡・熊本・沖縄です。これらのエリアは、まだまだ需要が見込めることから、供給をより加速させてまいります」(グッドライフカンパニー)といい、さらなるマンション開発に意気込む。

 23年12月期は、売上高が初めて100億円を突破したほか、経常利益は前期比90%増の10億円を計上。案件数の増加にともない、23年12月末時点の管理戸数は5,579戸(前期比808戸増)を数え、今期末には921戸増の6,500戸となる見通し。「管理離脱率が0.55%(前期実績)と低いのが強み」(同社)という。同社は決算と同時に初の中計(2年間)を発表し、25年12月期の売上高210億円、経常利益20億円を掲げている。


<COMPANY INFORMATION>
代 表:高村 隼人
所在地:福岡市博多区博多駅前2-17-8 3F
熊本支社:熊本市中央区水前寺1-1-5 1F
設 立:2008年6月
TEL:092-471-4123
URL:https://www.goodlife-c.co.jp/

関連キーワード

関連記事