2024年05月21日( 火 )

客数減続く 客単価上昇率は鈍化 ホームセンター6社の2月既存店実績

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 ホームセンター主要6社の2月既存店動向によると、客数は1月に続き6社とも前年同月比でダウンした。客単価は揃って上昇したが、率は鈍化傾向にある。

 うるう年で営業日数が昨年より1日多かったこともあって、客数減少率はアークランズを除く5社が前月から縮小した。客数は巣ごもり特需の終焉後、ほぼ一貫して減り続けている。小売業態のほとんどが回復しているのに対し、需要層の大半が職人や中高年層で占められ、後者は高齢化で需要が縮小している。最大の問題は主婦や若い家族など新規客層の開拓が遅れていることだろう。

※この記事は3月13日に有料会員向け「流通メルマガ」に配信したものから一部を抜粋したものです。全文を読むには「流通メルマガ」の申し込みが必要です。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

◆ 流通メルマガのご案内 ◆

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1週間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込みください。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

関連キーワード

関連記事