2024年06月13日( 木 )

上場5社の直近決算の粗利益率 値上げ効果で3社改善、MrMaxとコスモス薬品は悪化

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 上場企業5社の直近決算の粗利益率は、食品値上げの効果でイオン九州とリテールパートナーズ、大黒天物産が前年同期から改善したのに対し、ミスターマックスHDとコスモス薬品は悪化した。ミスターマックスHDは値下げが裏目に出た。

 イオン九州は26.05%と0.11ポイント改善した。チラシによる特売をやめ、特定商品を一定期間ごとに低価格に固定する方法を導入することで粗利改善とチラシ費用削減に結び付けた。

※この記事は4月22日に有料会員向け「流通メルマガ」に配信したものから一部を抜粋したものです。全文を読むには「流通メルマガ」の申し込みが必要です。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

◆ 流通メルマガのご案内 ◆

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1週間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込みください。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

関連キーワード

関連記事