• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月26日 18:23

韓国経済ウォッチ~TPPと韓国経済(前) 韓国経済ウォッチ 

日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)

 韓国経済の特徴は、高い貿易依存度である。狭い国土面積、小さい市場規模、資源の不足などで、韓国は成長の拠り所を貿易とし、経済成長を遂げてきた。韓国の貿易依存度は80%前後を記録していて、米国の22%、日本の31%に比較してみても、いかに高いかがすぐわかる。このように貿易依存度の高い韓国にとっては、自由貿易の重要性は切実で、どの国よりも積極的に両国間の自由貿易協定を推進してきた。

貿易イメージ その結果、その間15件のFTA「自由貿易協定」(国家数では54カ国になる)を締結することに成功し、全世界の74%の地域と自由貿易ができるようになった。すなわち韓国は、FTA制度においては一番の優等生と言っても過言ではないくらい成果を挙げてきた。

 ところが、最近「FTA強国」と言ってもいい韓国の地位を、揺るがしかねないニュースが流れている。他ならぬ韓国を除いた12カ国間で大筋合意した、「TPP(環太平洋パートナーシップ協定)」である。
 今回は、TPPはどのような協定であり、どのような背景から誕生するようになったのか。それからTPPは韓国経済に今後、どのような影響を与えるかを考えてみよう。

TPPとは

 TPP(Trans-Pacific Partnership)は高いレベルのFTAであり、アメリカはTPPを「21世紀型のFTA」と呼んでいて、アジア・太平洋地域の経済統合のスタンダードにしようとしている。スタートは2005年、ニュージランド、チリ、シンガポール、ブルネイの4カ国だけが参加した。その後、米国、オーストラリア、ペルー、マレーシア、ベトナム、カナダ、メキシコなどが参加するようになって規模が拡大。13年3月には、日本もアベノミクスの一環として、TPPへの参加を表明した。
 このようにしてTPPは、名実ともにアジア・太平洋地域の多国間自由貿易協定として浮上するようになった。TPPが大筋合意に至るようになると、12カ国以外にも韓国、台湾、フィリピンなども、会員として参加することに関心を表明している。

 それでは、TPPはどのような背景で誕生するようになったのかを見てみよう。TPPが誕生するようになった背景を理解するためには、まず最近の貿易協商の流れを把握する必要がある。
 最近、貿易交渉は複数国が交渉に参加する「多国間交渉」から、2つの国同士が交渉する「二国家間交渉」、それから再び「多国間交渉」へと変化してきている。WTO体制では、多数の国家が参加して交渉を進め、自由貿易のルールを決めることを試みたが、成功できなかった。WTOが推進してきたこの多国間交渉の限界を乗り越えるために、新たに登場したのが、二国家間交渉であるFTAだ。多国間交渉では、いろいろな国の利害が絡み合ってうまく推進できないので、両国間だけの交渉を通じて問題の解決を図ろうとしたわけだ。
 韓国は、二国家間の交渉であるFTA制度を十分活用して貿易領土を広げることに、最も成功した国であった。しかし、両国間のFTAを同時並行的に推進する過程で、新たな問題が発生した。協定ごとにルールが違って、その結果、コストがむしろ増大する現象も起こった。このような問題を解決するために登場してきたのが、多国間の交渉であるTPPだ。

 TPP誕生の背景にはもう1つ、アメリカの政治的な戦略がある。アメリカはこれからさらに成長が見込まれるアジアで、中国をけん制しながらアメリカ主導のルールをつくって有利な立場を構築したいという狙いがあるようだ。
 それに日本の場合は、FTAにおいては韓国に遅れを取っていたが、TPPという多国間協定に入ることによって、一気に今までの遅れを挽回できるという効果もあって、日本はTPPに積極的になっていたという指摘がある。
 12カ国間で大筋合意に至ったTPPは、韓国が今まで享有してきた恩恵を消滅させてしまう可能性もはらんでいる。韓国政府は、このような米・日が主導する新しい経済秩序に、韓国だけが取り残されることがないように、TPPへの参加を含めた多角的な分析に着手している。

 上記で言及したように韓国政府は、その間FTAに注力してきた経緯がある。韓国はすでにFTAによって一定の成果を挙げていることも事実だし、どちらかというと韓国はTPPに対しては、どのようなメリットがあるのか見極められず、様子見の態度であった。
 だが、TPPが大筋合意に至り、大きな経済圏が動き出した今では、韓国もTPPへの参加を検討せざるを得なくなった。もちろん一部では、いまだにTPP参加に慎重を期する必要があるという専門家の意見もあるが、韓国政府では、協定文の発表後にTPPへの参加を検討したいと表明している。
 しかし、韓国が参加を表明すれば、いつでも簡単にTPPに参加できるわけではない。最初に参加した12カ国と違って、これから参加する国は、TPP参加国12カ国とは個別交渉が必要であることはもちろん、参加国全体の同意も必要になっている。そのため、参加表明してから参加までに、少なくとも1年半以上の歳月が必要であることは覚悟しておくべきだ。

(つづく)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年11月08日 17:28

【特報】秋元司前副大臣がWINカンパニーの企業主導型保育事業に深く関与か~「議員枠」で約5,600万円の融資を引き出す?

 国の企業主導型保育事業をめぐる詐欺事件で逮捕・起訴された川崎大資被告(旧名:塩田大介)が企業主導型保育事業に進出する際、同事業を所管する内閣府の副大臣だった秋元司衆...

2019年11月14日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】憲法改正について(2)NEW!

 まず改正手続きに根本的な差異があります。一般の法律は自民党(実際は官僚)が多数の力で自由に改廃していますが、さすがに憲法は自由に改廃できません。それは改正(制定)規...

2019年11月14日 07:00

監訳者に聞く 「MMT(現代貨幣理論)」とは何か?(3)NEW!

 アメリカの主流派経済学者であるポール・クルーグマンやローレンス・サマーズなどがMMTを批判していますが、MMTをきちんと理解しないまま批判しているところがあります。...

2019年11月13日 18:14

タイヤ販売会社「オートウェイ」社長ら、不正競争防止法の疑いで逮捕

 愛知県警は11月13日、不正競争防止法(誤認惹起)の疑いで、タイヤ販売会社(株)オートウェイ(福岡県京都郡苅田町)の社長らを逮捕した。

2019年11月13日 17:25

AKBグループ、福岡市役所を表敬訪問

 アイドルの「AKBグループ」が、13日、福岡市役所を表敬訪問し、高島宗一郎市長と面談した。AKBグループは、九州最大規模の演劇専用劇場「博多座」で公開中の舞台「仁義...

2019年11月13日 17:05

国税に摘発は無理!~続「預金保管料時代到来」その対応策

 今朝の朝刊に、九州の金融機関の20年3月期半期決算が掲載されていた。多くの企業が減収減益という悲惨な決算内容である。1期の見通しはさらに悪化する流れだ。そこにSBI...

2019年11月13日 15:21

半世紀の歴史見つめた看板撤去、ホテル建設着工か~柳橋連合市場

 「博多の台所」と呼ばれ、周辺の飲食店が仕入れに訪れる柳橋連合市場。同市場の中央に大きく掲げられていた看板が撤去され、現在は看板を支えていた柱と枠が残されている。

2019年11月13日 14:45

レギュラーガソリン、全国平均価格146.8円~2周連続の値上がり・福岡は147.9円

 資源エネルギー庁が11月13日に発表した石油製品小売市況調査によると、11月11日時点でのレギュラーガソリン1Lあたりの全国平均価格は146.8円で、前週から0.1...

2019年11月13日 14:04

見積もり金額誤り契約辞退 福岡市の建設会社を指名停止

 福岡市は11月12日、福岡市西区の土木工事会社「(有)日進建設」に対し、落札者となったものの、契約を辞退したとして、市発注の競争入札への参加を2カ月間停止すると発表...

2019年11月13日 13:50

『脊振の自然に魅せられて』(番外編)~「恒例の英彦山登山へ」

 青春時代を過ごした仲間と英彦山へ登るのが毎年恒例となっている。筑豊の田川で中学、高校とともに学び、ともに遊んだ仲間である。それぞれ大学へ進み、サラリーマン生活を終え...

pagetop