2024年07月19日( 金 )

若き職人が躍動する型枠工事のプロ集団・高崎組(後)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

(株)高崎組
代表取締役 高崎正大氏

(株)高崎組 代表取締役 高崎正大氏

 企業理念に「人財」を掲げ、福岡県をはじめとする九州全域、および沖縄県で主に型枠工事を手がける(株)高崎組。スーパーゼネコンを主要取引先として飛躍的な成長を続ける同社の代表取締役・高崎正大氏に、若い人財の確保・定着に向けた取り組み内容について話を聞いた。

カッコいい建設業界を目指して

 ──今年4月から建設業においても残業時間の上限規制の適用が始まりました。

 高崎 当社の取引先は大手が多く、比較的労働環境が整っています。残業時間についても、騒音をはじめ、現場近隣住民の皆さんにご迷惑がかからないように制限を設けることで、すでに基準をクリアしています。ただ、業界全体で見れば、まだ諸々の労働規制対応に課題を残している企業が多いのではないでしょうか。

 個人的な意見にはなりますが、本来、労働環境の改善は我々から進言すべきものであって、国や取引先から言われたから休むという類のものではないと思っています。少なくとも「土曜日は休みにしないと社員が定着せず、仕事が回らなくなります」と、雇用主として交渉すべきではないでしょうか。お金よりもプライベートの時間を大切にしている若者が少なくないなか、時勢に柔軟に対応して働き方も変えていく必要があると思っています。

福岡本社
福岡本社

 ──人手不足への対応は待ったなしです。ベテラン職人の大量退職が見込まれる2025年問題も迫っています。

 高崎 当社は人財を企業理念に掲げ、とくに次世代を担う若手の確保・定着に注力しています。学校への個別訪問はもちろんのこと、大手就職サイトが各県で開催するフォーラムにも参加しています。また、多くの人に当社のことを知ってもらえるように、地上波テレビ放送や、九州圏内の役所内の待合室にあるモニターにCMを流しています。近年は九州圏内にとどまらず、東北地方など全国の学生向けに、スマホで見られる会社のPR動画を配信したりもしています。効果は表れており、「テレビCMを見ました」と入社を希望され、今年6月から働いてもらっている人もいます。

 また、外国人実習生も重要な戦力となっており、当社では10名ほど雇用しております。皆、非常に頑張ってくれていますが、沖縄の米軍基地関連の仕事に関していうと、国籍によっては現場に入れないケースがありますので、この点は国際情勢なども鑑みながらの対応が求められます。本気で職人を確保しようと思えば、相応の先行投資が必要です。これからは職人を直接雇用している会社とそうでない会社とで、より明暗が分かれることになると思います。

社員寮「Circle-T-Z-PARK」
社員寮「Circle-T-Z-PARK」

    ──最後に、今後の目標や挑戦したい取り組みについてお聞かせください。

 高崎 労働環境については先ほどの寮への設備投資や、働き方改革への対応もあり、整ってきていると思います。今後はさらなる若手の確保・定着に向けて、「高崎組はおもしろ、カッコいい!」、そう思ってもらえるように企業ブランドの構築を進めていきたいと考えています。

 見積もりを提示した際に「高いね」といわれることもあるでしょうが、当社が施工能力の維持・向上、その根幹を担う人財の確保・定着に努めることは、取引先にとっても助けになります。経営幹部だけでなく、職人を含め全社員一丸となって取り組んでいくことが大切です。また、作業中はもちろんですが、現場への移動中にも、職人は多くの人目に触れます。建設業界に対するイメージ改善の点からも、当社では働きやすく、カッコいい作業着をオーダーメイドでつくっています。これもブランド構築の一環です。

 事業内容でいうと、型枠工事を主力事業として伸ばしつつ、新たな事業の柱として、PC工事にも挑戦しているところです。PC工事は柱、梁、スラブ(床)といった建築部材を工場で製作し、現場で組み立てる工法です。職人にとってもほかの工種の技術を身に付けることはキャリアアップになりますし、当社としても受注の幅が広がり、取引先の相談にもより幅広く対応が可能になります。どのような工事も職人抜きには始まりません。AIにはなかなか代替できないからこそ、人への投資は重要なのです。これからも当社は人財の確保・育成・定着に取り組み、建設工事を通じて地域のまちづくりに貢献していきます。

(了)

【内山義之】


<プロフィール>
高崎正大
(たかさき・まさひろ)
1976年9月、福岡県出身。福岡第一高等学校を卒業後、(株)鴻池組に就職。97年7月、(株)高崎組に入社。2004年11月に専務取締役に就任。09年7月に代表取締役に就任。趣味はゴルフ。


<COMPANY INFORMATION>
代 表:高崎正大
所在地:福岡市城南区東油山6-11-13
設 立:1979年6月
資本金:1,000万円
URL:https://www.1979takasakigumi.jp

(前)

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事