• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月30日 11:28

安定性抜群の分散投資「トラストパートナーズ」

トラストアセットパートナーズ(株)

一口100万円からの不動産投資、「駐車場経営」という選択

logo0 不動産投資といえばマンションなど高額な商品を連想するが、トラストアセットパートナーズ(株)が提唱するのは駐車場経営を基軸とした不動産小口商品「トラストパートナーズ」である。トラストアセットパートナーズはトラストパーク株式会社から事業部が分離独立したもの。また持ち株会社のトラストホールディングスは東京証券取引所マザーズの株式を上場しており、この3社でグループを形成している。

 グループの核となるトラストパークは駐車場経営において九州地区はじめ各主要都市に事業所を配置。全国展開を図っている。特に福岡においては高い知名度を持つ企業である。その駐車場事業のノウハウをもとに「駐車場小口投資商品」の取り扱いを開始。商品名「トラストパートナーズ」としてトラストアセットパートナーズが手掛けるようになった。

 この「トラストパートナーズ」は多様化する資産運用において、コインパークの共同所有という形式を持つ。出資者で形成されたマスターリース会社から受領した、一括借り上げ賃料を分配金として受け取るシステムである。分配金に関してもローリスク・ミドルリターンを掲げ、一口100万円からの出資を可能にし、利回りは4.3%を予定している。
 特筆すべき点は多々ある。コインパークなどの駐車場経営は、居住権や営業権が発生せず、設備などの修繕費用も小額ですむ。マンションなどの不動産と比較して維持管理などのコストは低く、しかも安定した現金収入が見込める。ゆえに商品として安定した利回りが期待できる。

 このために2010年11月にトラストパークは「不動産特定共同事業法」の許認可を取得。12年9月より「トラストパートナーズ」として販売を開始した。2015年2月現在で全国約80社ある許可業者中、唯一の駐車場小口商品販売業者だ。
 トラストパートナーズが駐車場事業歴20年以上のノウハウを持つトラストパークとの窓口になり組合員(=出資者)との繋ぎ役となる。また申し込み、契約、組合運営、賃貸借契約、賃料の分配など一切の業務を受け持つので、楽に資産運用を任せられる。これも大きな利点である。

4物件をひとつにまとめリスクを極力抑えた商品構成に

 今回トラストパートナーズのラインナップは第5号商品と呼ばれ、札幌、福岡、北九州、鹿児島の4つの駐車場をまとめて、その共同所有者とするもの。規模も大きくどの駐車場も安定した収益が見込まれるものばかりだ。その背景には第1号から4号まで行われた過去の販売については第1号と2号が福岡、3号が大分、4号が長崎と募集と同時に完売し、現在では予定利回り年5.0%と維持。順調な運用実績を上げていることも後押ししている。

 第5号商品の募集要項は以下のとおり。

 申込単位     100万円
 譲渡       1口単位で組成語いつでも可能
 販売総口数    5,370口
 組成日      2015年5月20日
 予定利回り    4.3%
 契約期間     対象物件売却後解散
 分配回数     年に2回
 買取制度     5年後以降同社にて買取制度あり
 申込手数料    無料

 なお、無料セミナーも行われている。
◆詳細はこちら >>

 当然のことながら完売してしまうと、次の商品まで待たなければならない。予定利回りが4.3%とのことだが、今までの実績を顧みて安定した収益となることはたしか。金融機関に預金として預けるのも、国債を購入するもの良いが、安心できる投資で資産運用を確実なものにしてみてはいかがだろうか。

【道山 憲一】

<COMPANY INFORMATION>
トラストアセットパートナーズ(株)
代表取締役会長:渡邉 靖司
代表取締役社長:山川  修
所在地:福岡市博多区博多駅5-15-18
設 立:2014年5月
資本金:2,000万円
TEL:092-437-2780
URL:http://trust-ap.co.jp/lp/

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop