• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月05日 09:25

韓国経済ウォッチ~岐路に立つ韓国半導体産業(後) 韓国経済ウォッチ 

日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)

 しかし、韓国の半導体業界を取り巻く環境は、明るいだけではない。米国と中国の追い上げが半端ではないので、韓国は、今現在は絶好調でも、安穏としていられる状況ではない。とくに中国は、メモリ半導体市場を韓国から奪うために、躍起になっている。

pc 中国の国営企業であり、中国の最大手のチップ設計メーカーであるチンファ・ユニグループは、子会社であるスプレッドトラムが大株主になっているウェスタンデジタルを通じて、アメリカのフラッシュメモリ会社であるサンディスクを買収した。このチンファ・ユニグループは、インテルが昨年15億ドルを投資したことでも有名な企業で、清華(チンファ)大学の支援を受けて創業された企業である。ウェスタンデジタルは、HDD事業がパソコン需要の減少によって伸び悩んでいるため、これからHDDの代替品として成長が見込まれるSSDの部品を生産するサンディスクに投資をしたのだ。間接的にサンディスクを手にいれた中国は、今後、NANDフラッシュ事業にも力を入れて行くのは間違いない。サンディスクは東芝と提携して、NANDフラッシュのラインを3つ稼動している。
 今回の買収には、190億ドルという莫大な金額が投入された。一説によると、チンファ・ユニグループの最終的な狙いは東芝であるという観測まで流れている。

 いずれにしても、中国政府は10年以内に、メモリ分野で世界3位になることを目標に、半導体産業を育成しようとしている。その理由は、中国は世界半導体の生産量の55%を使用しているのにもかかわらず、今現在、中国国内で生産している半導体は4.8%にとどまっているからである。そのため、2030年までに半導体需要の40%は中国製で賄うという野心的な計画を立てている。

 将来、メモリ市場の脅威になり得るのは、中国だけではない。半導体業界で最大手である米国のインテルも、30年ぶりに中国と提携してメモリ市場に戻ってきた。今年の8月に「3Dクロスポイント」という新しいコンセプトのメモリ半導体の開発に成功したことに次いで、最大で55億ドルを投資して中国にメモリ半導体工場の建設を予定している。中国政府はこれを歓迎して、土地の無償提供をはじめ、法人税の免除などいろいろな特典を付与している。「3Dクロスポイント」技術は実現すれば画期的なもので、この技術を応用すれば、スーパーコンピュータが小さい箱サイズになれる可能性があるとのことだ。

 このような外国企業の動きとは正反対の動きが韓国では起こっていて、専門家は韓国の半導体産業の将来を懸念している。具体的な例を挙げるならば、SKハイニックスは利川(イチョン)に工場増設の許可を得るのに、8年という歳月がかかったという。環境規制が厳しくなって、巨額の投資をSKハイニックスが決定しても、なかなか許可が下りなかったのだ。サムスン電子は平沢(ピョンテク)に新工場の建設に着手しているが、地元住民の送電線の設置反対にぶつかり、苦戦を強いられている。

 何よりの懸念材料は、半導体産業に集まってくる若い人材が不足しているとのことだ。その間、半導体産業の人材が育たず、半導体部門にディスプレイの人材を取るしかない現象まで起きているようだ。中国の動きに対応するためには、もう一度官民が一体になって、半導体産業を育成していく必要があるが、中小企業を支援せず大手企業を支援するのかという非難などを恐れて、なかなか政府は支援策を打ち出せないのも実情である。

 1990年代の半導体成長の主役がパソコンであったとすれば、2000年代はモバイルが半導体を牽引してきており、これからは「IoT(モノのインターネット)」が大きな成長要因になるに違いない。すべての製品がインターネットにつながる時代に、半導体の新しい大きな需要が予想される。
 このような新成長産業に向けて、韓国企業はまた力を結集する時期である。それに、自動車もこれからは、パワー半導体など大きな需要が見込まれる。韓国の輸出を支えてきた大事な産業だけに、これからも半導体の第2の黄金期を迎えられるようにしなければいけない。

(了)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月20日 14:42

【参院選2019】秋田へのイージス・アショア配備が争点の秋田選挙区~参院選最終日に安倍首相と菅官房長官がそろって応援演説

 イージス・アショア配備が大きな争点となっている参院選秋田選挙区(改選1)で、安倍自民党が「最大限」とも言えるテコ入れをしている。選挙戦最終日の7月20日には、安倍首...

2019年07月20日 07:00

石炭からセメント、さらに医療へ 教育にも注力する飯塚の古豪(後)

 近年は上場企業の買収を積極的に進めている。情報・ソフト事業に属する(株)ぎょうせいは、1893年9月に創業した出版社。同社は裁判の判例集や地方自治関連の法律の逐条解...

2019年07月20日 07:00

朗報!貸会議室のTKPがJ1大分トリニータの筆頭株主に~九州男児、河野社長の起業家人生(後)

 05年に再び、転機が訪れた。学生時代の友だちの事故死に、人生一度切りだと改めて思い知らされ、自分がやりたいことを見つめ直した。そこで、自分がやりたかった起業を決意。...

2019年07月19日 17:44

ザ・ビッグ久留米すわの店オープン ドミナント強化へ

 マックスバリュ九州(株)(本社:福岡市博多区、佐々木勉社長)は19日、福岡県久留米市に「ザ・ビッグ久留米すわの店」をオープンした。

2019年07月19日 16:59

M&Aブームに陰り?世界的にM&Aによる減損が拡大

 世界的に活況を呈しているM&Aだが、中国においても例外ではない。2015年前後、中国当局は金融緩和、規制緩和を実施。その結果、M&Aブームが起こることとなった。

2019年07月19日 16:54

モデルハウスで民泊収入~モデルハウス民泊運用プロジェクト説明会&セミナー開催

 建築業界専門のホームページ制作などを手がける(株)D-gripシステム(東京都新宿区)を中心とした9社による「モデルハウス民泊運用プロジェクト」の説明会とセミナーが...

2019年07月19日 15:23

ドラッグイレブンPRALIVA(プラリバ)店、26日(金)にオープン

 JR九州ドラッグイレブンは26日(金)に「ドラッグイレブンPRALIVA(プラリバ)店」を福岡市営地下鉄西新駅直結の商業施設「PRALIVA(プラリバ)」の地下2階...

2019年07月19日 15:00

令和で最初(福岡労働局管内)のユースエール認定

 (社福)信愛会(糟屋郡篠栗町)が6月20日にユースエール認定を受けた。福岡労働局管内では2019年(令和元年)度で初の認定となる。

2019年07月19日 14:38

宗像市の塗装業者を排除通報 代表者が暴力団と密接交際

 福岡県警は7月18日、福岡県宗像市田熊の塗装業者「森下悟塗装店」(森下悟代表)が指定暴力団神戸山口組系組員と密接に交際していたとして通報した。

2019年07月19日 14:09

「アルゾひびきの店」9月オープン 万惣が九州4号店

 万惣の「アルゾひびきの店」は9月オープンの見通しとなった。九州では飯塚、甘木、吉野ヶ里店に続く4号店。大和ハウス工業子会社の建設した2階建ての建物の1階に出店する。

pagetop