• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月06日 13:21

巨人軍野球賭博で久々に名前を聞いた大分出身・大鶴基成元特捜部長(前)

 読売巨人軍の底知れぬ野球賭博疑惑――。その真相を解明するために日本野球機構が設けた特別調査委員会の委員長に就任したのは、ライブドア・村上ファンド事件のときの東京地検特捜部長として知られる大鶴基成弁護士だった。大分県出身で鹿児島のラ・サール中高卒、福岡・大分地検の検事を務めたなど九州とゆかりが深い。あのライブドア事件時の「額に汗する人を守りたい」発言は今でも覚えている人が多いだろう。検察界では異名を轟かす名物検事だったが、民主党の小沢一郎党首(当時)の陸山会事件の捜査では大鶴氏特有の”強引”な捜査手法がたたって、検察を去った人物でもあった。

大鶴氏の影に熊崎氏の存在

kensatu 今回、大鶴氏が起用された背景には、日本野球機構の熊崎勝彦コミッショナーの存在がある。熊崎氏は有力ヤメ検弁護士の一人で、山一證券など4大証券・第一勧銀の総会屋利益供与事件や大蔵省・日銀の接待汚職を摘発した当時の東京地検特捜部長だった。東大卒、京大卒など高学歴者の少なくない検察内では珍しい明治大卒ということもあって、”赤レンガ”派と呼ばれる法務省本省の管理職ポストには縁がなく、ほぼ事件一筋。しかし、大蔵・日銀スキャンダル後は、「それまで合法だった官僚への接待が、突然ルール変更されて違法になった。そもそも接待程度のことで汚職といえるのか」と大蔵省高級官僚人脈から猛反発を受け、”熊崎憎し”の声が霞が関に満ち満ちた。結局、検察内でも「やりすぎ」ともてあまされ、最高検公安部長で退官した。

 その後、熊崎氏はヤメ検弁護士をしてきたものの、霞が関全体の”熊崎憎し”という空気が手伝い、この約10年間、弁護士に転じてもそれほど大活躍というわけではなかった。そうした境遇への憐憫もあったのか、特捜検察に食い込んでいたことで知られる名物記者上がりの読売新聞の山口寿一東京本社社長ら読売人脈も多少奏功したのだろう、コミッショナーの地位を得たとみられる。
 この熊崎氏が今回、同様にヤメ検弁護士に転じていた大鶴氏のために久々の大舞台を用意した。大鶴氏は、検察内の人脈では熊崎氏の子分に近かったからだ。「クマが今回、大鶴に仕事をやったんだ。大鶴は検察をやめて弁護士になったものの、さえなかったからね」と、元特捜OBで繁盛しているヤメ検弁護士は言う。
大鶴氏も熊崎氏同様、退官後の活躍ぶりはいまひとつで、イオンフィナンシャルサービスやモーニングスターなどの社外取締役を複数兼務して生計を立てていくらしかった。そんな彼が久々にスポットライトを浴びたのが今回の特別調査委員長への起用である。
 そもそも大鶴氏は何者か――。

ラ・サール中高卒の優等生

 大鶴氏は1955年、大分県佐伯市の出身の60歳。父義基、母セツはともに郵便局員で、二人は旧郵政省主催の珠算大会で出会って結婚。父は真面目でおとなしい人だったというが、鹿児島出身の母は教育熱心で「セツさんのしつけは非常に厳しかった」と同郷の親戚の一人は言う。ポケットに手を入れてはいけないとポケットの口は縫い付けてあり、まだ3歳の大鶴少年を「そこに座りなさい」と正座させてビンタをすることもしばしばだったという。
 かくして大鶴氏は「当時としてはまだ非常に珍しかった」(実家近所の人)というラ・サール中高に進学。母セツの実家は警察署長を出した家で、そこから通学したそうだ。しかし、父が鮎捕りの際に溺死する悲劇に見舞われた。「それで、いずれは母の面倒を見るんだ、と言っていました。一生懸命勉強してラ・サールでは首席だった。周囲は医師をすすめたが、本人は検事になるんだと言ってきかなかった」(親戚の一人)と東大に進学した。

 だが、検事任官後はいばらの道だった。1980年に東京地検に任官後、翌81年に福岡地検、83年に大阪地検、85年に釧路地検、87年に水戸地検、89年に大分地検と全国を転々。任官13年目の92年にやっと東京地検に配属された。「上司が東京に送りこもうとしたけれど、なかなか機会に恵まれなかった」とベテランの司法ジャーナリストは振り返る。
 あこがれの東京地検特捜部に配属されると、後に特捜部長になった熊崎氏のひきもあり、次第に頭角を現すようになる。かつて熊崎氏は「大鶴は『こういう供述をとってこい』というと必ず取ってくる男だった」と漏らし、非常に高い評価を与えていた。しかし、それは別の見方をすると「あらかじめ決められたストーリーに沿って強引に供述をとるやり方で、大鶴の取り調べ室からはいつも、彼のすさまじい罵声が周囲に響いていた」(特捜部で一緒だった元検事)ともいわれる。

(つづく)
【田中 絹】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月18日 15:51

最優先課題は安倍内閣に終止符を打つことNEW!

 新型ウイルス肺炎の第2の感染拡大中心地となっているダイヤモンド・プリンセス号は安倍内閣によるウイルス培養船である。同号に対しては2月1日に沖縄那覇で検疫を行い日本へ...

2020年02月18日 15:14

トライアル、「スマートストア」化推進~東篠崎店にAIカメラ、レジカート導入NEW!

 トライアルカンパニーが店舗の「スマートストア化」を進めている。大量のAIカメラを導入し売り場の欠品防止に活用する一方、レジカートでレジ待ち時間をゼロにするというのが柱。

2020年02月18日 14:49

アベノミクスがもたらす「資本栄えて民滅ぶ」国の未来(1)NEW!

 第2次安倍内閣が発足して丸7年の時間が経過した。企業利益は倍増し、株価は3倍水準に上昇し、メディアがアベノミクス成功とはやし立てるが民の竈の火は燃え尽きる寸前だ。2...

2020年02月18日 14:03

社名を名乗らず勧誘し商品送りつける~鹿児島市の健康食品会社に業務禁止命令NEW!

 経済産業省九州経済産業局は2月14日、健康食品や自然食品の販売を手がける(株)RK企画(鹿児島市)に対し、業務の一部(電話勧誘販売に関する勧誘、申込受付および契約締...

2020年02月18日 14:02

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ編集委員 梅澤 聡 氏(1)NEW!

 コンビニ深夜休業の是非。各方面からさまざまな“論客”が参戦してメディアを賑わせた。誰もが毎日のように利用するコンビニ。1日1店舗の利用客数を800~1,000人、全...

2020年02月18日 11:30

【シリーズ】生と死の境目における覚悟~第2章・肉親を「看取る」ということ(5)NEW!

 石田弘次郎(仮名)の姉は、母の葬儀後、すぐ東京に戻った。前回記したように、姉は母の遺品整理で「金目」のモノは自分が引き取った。つまり「カネ」のためのみに遺品整理を行...

2020年02月18日 11:23

久田屋で街焼肉をもっと身近に~糸島の老舗ヒサダヤNEW!

 福岡県内で「肉のヒサダヤ」7店舗の運営を手がけ、最高品質の国産和牛を、専門店だからこそ実現可能な価格帯で提供する(株)ヒサダヤ。1971年の創業以来、糸島市を拠点に...

2020年02月18日 10:30

ホームセンター大手5社のシェア44.1%~鈍い寡占化、M&Aの遅れが一因NEW!

 データ・マックスが売上高上位5社(DCMホールディングス、カインズ、コメリ、コーナン商事、ナフコ)の2018年度の市場シェアを調べたところ44.1%と5年前から2....

2020年02月18日 10:00

これからのカードは指紋センサー搭載カードに(後)

 BTBLが開発した指紋センサー搭載カードは、既存の金融機関のクレジットカード向けのカードだけでなく、未来の電子身分証明書など、幅広く活用されていくことになると李代表...

2020年02月18日 09:48

【働き方改革はブラック企業を漂白できるか】「何を言うか」より「何をしたか」で評価される企業へ(前)

 経営者や上司が自らの立場を利用し、地位や人間関係で立場の弱い従業員や部下に対して精神的・身体的な苦痛を与えることが日常的に行われている会社―これらは俗に「ブラック企...

pagetop