2022年08月14日( 日 )
by データ・マックス

TAMAXがタマホーム株式を公開買付け

office2 タマホーム(株)(東証一部、玉木康裕社長)は11月10日、(株)TAMAX(玉木伸弥社長)がタマホームの普通株式を公開買付けにより取得することを決定したと発表した。
 TAMAXは、有価証券の保有、運用および売買を目的に2015年9月に設立されたもので、同社の株式は(株)ハッピーライフが60%、(株)KRCが40%を保有する。ハッピーライフは玉木康裕氏の長男・伸弥氏の資産管理会社、KRCは次男・克弥氏の資産管理会社である。

 今回の買付けは、創業者一族が保有する株式の一部を取得することが目的で、第三者からの株式取得は目的としていないとしており、買付価格は430円。
 公開買付けの成立を条件としてTAMAXは、三井住友銀行から総額45億円を限度として借入を予定している。取得する株式の一部に担保権が設定され、玉木康裕氏が連帯保証人となる予定だ。また公開買付けの決済後、玉木康裕氏から総額25億円を限度として借入を行う予定としている。

 

関連記事