2021年12月07日( 火 )
by データ・マックス

日本コンクリート工業、パイルの製造強化に向け工場建設

 10日、日本コンクリート工業(株)(本社:東京都港区、土田伸治代表取締役社長兼COO)は、10月31日、福岡県直方市にある同社の工場敷地(5万5,372m2)内に、新たにコンクリートパイル製造工場を竣工したと発表した。新設工場は5,083 m2、総工費は22億円。生産開始は12月上旬を予定。

 同社によると、年々増加する大径高支持力パイルの需要に対応するため、九州地区に大径パイル(杭径φ700mm以上)の製造設備を設けるという。パイルの生産能力は、新設工場により年間3万tから10万t増の13万tになる予定。

【川元 浩明】

建設情報サイトはこちら>>
建設情報サイトでは建設業界に関する情報を一括閲覧できるようにしております。

 

関連記事