2022年01月22日( 土 )
by データ・マックス

90歳の元高校球児、日々成すべき事を成し事業を究める

日成建設(株) 代表取締役会長 田坂 守成 氏

戦前の高校野球を知る貴重な存在

日成建設(株) 代表取締役会長 田坂 守成 氏<

日成建設(株) 代表取締役会長 田坂 守成 氏

 福岡博多中ライオンズクラブの田坂守成氏は、1926(大正15)年生まれ。今年90歳になる。入会して38年、その間に役職も数々務め、今は尊敬すべき先輩として慕われている。
 田坂氏は、戦前の高校野球大会を知る貴重な存在でもある。出身校は、当時の高校野球甲子園大会の常連校、福岡工業高校。同校で建築を学んでいた田坂少年は、野球部員としても活躍していた。機敏さを生かしてショートを守り、打てば1番バッターとして打撃の突破口を開いた。1941年、戦渦へ向うなか高校野球も翌年42年から4年間中止の道をたどったが、それまで田坂少年と球児たちは一丸となってグラウンドを駆けた。
 高校野球で培った人と人とのつながりは今もあつく、戦後50周年を迎えた1995年に同世代で甲子園球場に集ったのをきっかけに交流が復活。以後、毎年1回各地で親睦を深めている。福岡へ招いた折には田坂氏がホスト役を務め、現ヤフオクドームを中心に名所を案内。大いに楽しんでもらった。

 かつての野球少年は、日成建設(株)の創業者となり、現在は代表取締役会長として、店舗内装、設計、施工、管理に携わる社員や下請け業者の人々を見守っている。
 高校卒業後、陸軍西部軍本部に入隊した田坂青年は、大分県豊後要塞の一部、鶴御崎要塞設営の現場監督として40人の作業員を一人で束ねた。終戦後、岩崎建設で建築師としての腕を磨くなか、かつての好敵手、鹿児島児実業で捕手をしていた高校野球仲間と再会した。彼はとあるホテルの社長となっており、施設増築の際、田坂氏に内装工事を依頼した。田坂氏の仕事ぶりを見てさらに信頼を寄せた社長は、その後も田坂氏に仕事を発注。これが田坂氏起業のきっかけとなった。創業時は1954年、田坂氏は29歳。社員は田坂氏のみで、自身の設計技術と田坂氏を見込んでくれる人々の厚意が大切な財産だった。田坂氏の腕と丁寧な仕事ぶりに、信頼を寄せる業者は間もなく増えた。

昔から変わらぬ誠実な姿勢が信頼を生む

球場は今も高校野球児OBたちの心を鼓舞する<

球場は今も高校野球児OBたちの心を鼓舞する

 起業のきっかけとなったホテル業界には、その後も何かと縁があった。聞けば、少年の頃、中洲の名物ホテル、丸明館を見て以来、ホテル業に漠然とした憧れを抱いていたそうだ。今も、取引先にホテルマネージメントインターナショナル(株)などを持ち、同業界との縁は続いている。
 「私の仕事は、お客様の紹介、紹介がつながって成り立っています」と言う田坂氏は会長職となってからも丁寧な仕事ぶりを変えず、誰よりも早く出社し、最後にすべての仕事を確認して会社を出る。誠実な仕事ぶりはライオンズクラブでも評判だ。ライオンズクラブ会員が個人的に主催したイベントの屋外会場設営を請負った際も、作業員の誰よりも早く現場に出向き、作業の様子を立ったままじっと見守った。そして仕上げを確認し、振込用紙にまできちんと目を通して先方に連絡した。誰よりも早く、そして最後まで責任を持つ、という態度は誰に対しても変わらない。

 中小企業の経営者のなかには事業継承の難しさに悩む代表も多い。だが、同社の場合、子息の辰彦氏は、最終的に自分から建築の道へ進むと言ってくれた。田坂氏が何を言ったわけではないのだが、「どうも、私が請け負った玉屋デパートの全館改装工事にアルバイトとして連れて行ったときから建築業に興味を持つようになったようです」と田坂氏。現場で田坂氏と働いたことで感じ入るものがあったのかもしれない。

 日成建設の商号には、「日々、成す事を成す」そして、「私の仕事は日々、お客様からの紹介で成り立っていますから、そのことを忘れないように日々務めています」と言う田坂氏の想いが込められている。縁ある人々への感謝を忘れることなく常に成すべきことを成す姿勢は、すでに習慣化されているようで、自然に行動に現れる。
 自分の意志を行動で示しながら、人の意志を尊重し見守る。ライオンズクラブでも後輩たちの活躍を静かに見守りつつ、自分と同世代の会員たちの結束を固める活動も考えている。90歳のライオンズクラブパーソンとして、成すべきことを成す田坂氏の後ろ姿を見て、次世代を担う後輩ライオンズパーソンズは何かを会得し後に引き継いでくれることだろう。

【黒岩 理恵子】

<COMPANY INFORMATION>
日成建設(株)
所在地:福岡市南区皿山3-6-6
代 表:田坂 辰彦
創 業:1954年4月
資本金:1,000万円
TEL:092-541-7313

 

関連記事