わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月26日 09:02

九州地銀の15/9月期(中間)決算を検証する(9)

九州地銀金融再編を占う(2)

第二地銀
 基本的に第二地銀は財務体質が弱く、今も厳しい経営環境にあるのが現状だ。西日本シティ銀行のトップは歴代旧大蔵省(現財務省)出身者が就任しており、谷川浩道頭取には第二地銀の金融再編を急ぐ金融当局の大きな後ろ盾がある。


◆佐賀共栄銀行
二宮洋二頭取は谷川浩道頭取と同じく旧大蔵省出身であり、他のグループと接触することはなく、西日本シティ銀行が来年10月に設立する西日本FG(仮称)への参加に名乗りを挙げることになりそうだ。


◆宮崎太陽銀行
・競合する宮崎銀行が九州FGへ参加する可能性が高く、選択の余地は西日本FGかふくおかFGのどちらかになるものと見られる。宮崎太陽銀行の財務内容を検査してきている金融当局の意向を受けて、西日本FGとの経営統合に参加するものと推測される。


◆南日本銀行
・競合する鹿児島銀行が肥後銀行と経営統合し攻勢を強めており、また鹿児島相互信用金庫(15/9月期:預金残高5,213億円、貸出金3,453億円)を上回ってはいるものの、このまま単独で生き残ることはできない状況にある。南日本銀行にはふくおかFGとの提携の道も残されてはいるが、宮崎太陽銀行と同様に金融当局の意向を受けて、西日本FGとの経営統合に踏み切ることになりそうだ。

まとめ

 グループに属さない銀行が単独で生き残るにはさらに大きな障害が立ちはだかっている。人口の減少にともなう地域経済の縮小とゆうちょ銀行の民営化による攻勢があるからだ。特に第二地銀にとってはもはや待ったなしの状況に直面していると言えそうだ。
 また、金融グループの九州FGにとっても、西日本シティ銀行GがFG設立を予定しており、このままではじり貧状態に陥る可能性が出てきている。経営統合して間がないものの、いかに早く新たに参入する銀行を迎え入れる体制を構築できるかどうかが問われている。新経営陣の力量が試されていると言えよう。
 生き残りを賭けた金融再編を大胆予想したのが【表1】だ。この通りになるかどうかは別だが、大きく外れることはないものと思われる。今まさに九州地銀は金融戦国時代を迎えていると言っても過言ではないのかもしれない。

(了)
【(株)データ・マックス顧問 浜崎 裕治】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年12月09日 17:38

ヤマキ、かつおだしに血糖値抑制作用を確認

 ヤマキ(株)(本社:愛媛県伊予市、城戸善浩社長)は4日、かつおだし摂取による血糖値上昇の抑制を、ヒト試験で確認したと発表した。

2019年12月09日 17:13

久留米市のマッサージ店経営者、準強制わいせつの容疑で3度目の逮捕

 福岡県警は12月7日、準強制わいせつ容疑で、福岡県筑後市居住の自営業・坂井俊夫容疑者(43)を再逮捕した。坂井容疑者は11月5日、11月26日にも別の準強制わいせつ...

2019年12月09日 17:12

間違いだらけの大学英語入試~経済政策にひた走る文科省!(前)

 大学入学共通テストに導入予定だった英語の民間試験は10月の萩生田光一文部科学大臣の「身の丈」発言(BS討論番組)であっけなく延期となった。しかし、火の粉は高校・大学...

美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(17)〜工事経歴に記載されていないのはなぜなのか?

 本日(12月9日)、既報の通り、ライオンズクラブ(以下LC)337-A地区の『名誉顧問会』が午前10時頃から開催されている。開催場所は不明だが、「開催されることは、...

2019年12月09日 15:49

【読者投稿】宇久メガ現場に「宙に浮いた謎のプレハブ」

 長崎県佐世保市宇久島の島民から、先週末一枚の写真が届いた。写っているのは、コンクリートブロックを重ねた足(台)に宙に浮いている謎のプレハブ。出現した場所は、宇久陸上...

2019年12月09日 15:35

(株)富山ゴルフ(富山) ゴルフ場経営

 富山ゴルフは12月6日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、同日、同地裁より保全管理命令を受けた。

2019年12月09日 15:28

「ガセネタであってほしかった」大麻事件

 福岡県宇美町の町議会議員が大麻取締法違反で逮捕された事件。直近の報道では、容疑者は末端の購入者ではなく、大麻を売りさばいており、その中枢にいたことを報じている。有権...

2019年12月09日 14:51

ソロン関係会社間で新たな係争判明

 ソロンの創業者である故・田原學氏の長男、司氏が代表を務める(株)ゼンズーが、(株)ソロンの関連会社(都市環境開発(株))を訴えた裁判事件が確認された。原告が被告に求...

徴用工裁判と日韓請求権協定の真実を知る重要性

 関係資料も網羅されている。多くの者が提示する疑問をQ&A方式で分かりやすく解説している。日本では、いささか知性を欠く韓国批判の主張が流布されているが、真実に真摯に向...

2019年12月09日 14:24

冨治商会が役員選任

 冨治商会は11月25日に定時株主総会ならびに取締役会を開き、役員を選任した。

pagetop