• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月27日 15:35

絵画が生み出すエモーショナルバリュー(感動価値)で社会貢献

(有)ピーアンドピー 代表取締役会長 真田 彬 氏

 今、目の前に一冊の画集がある。「真田彬作品集」―九州全域の経済界に影響を与えるグラフィックデザイナーとして数々の受賞、実績を上げてきた(有)ピーアンドピー代表取締役会長、真田彬氏の画集だ。表題の横には「THE DRAWING OF AKIRA SANADA」の一文が添えられている。

 ページを開けば、生命力に満ちた素描を彩る水彩画の数々が目に飛び込んできた。初対面時に「私は、本当は画家なんですよ」と自己紹介されたことを思い出した。聞けば、祖父の代から腕利きの画家の家系だそうだ。九州画工の草分けである祖父と父、二代にわたって師事した後、デザインの道を選んだのは、戦後の日本で、絵筆を用いて食べていくためのひとつのスタイルだったからだ。

 19歳で東京・パルテノンスタジオに入社し7年間実務を経験、1967年福岡でデザインルームP&Pを設立した。
 当時、まだ広告代理店などもなく、企業経営者と直接商談、直接受注という形で販路を広げていった。直接商談、直接受注の良さは、取引に信頼関係という名の付加価値がつくところだ。真田氏も、信頼されて商品企画からパッケージ・ブランディングデザインなどを任されるなど、経営にも深く関わることになった。難易度が高い日本宣伝美術会で入選し、そこから活躍の場も大きく広がった。これまで手掛けた作品は熊本銘菓の陣太鼓、長崎県のハウステンボスにおける商品開発やたらみのゼリー、大分県大山市の村おこしなど枚挙に暇がない。グラフィックデザインを通して社会とコミュニケートし経済界に貢献した。

 福岡ホストライオンズクラブに所属し、過去副会長、会長を務めた真田氏は、今年、同クラブ60周年記念時にシンボルマークも手掛けた。その他の所属団体などにもデザインを提供するなど、デザインを通じた社会貢献も盛んに行っている。

 絵画への想いも尽きることはない。プライベートな旅の途中でも居酒屋でも、魅力的なものが目に留まれば自然と絵筆が動いた。絵の具が手元にないときは、身近にあるものを代用した。金沢で食べたホタルイカの生き造りの絵は醤油で着彩したものだ。それぐらい、絵を描くときは無心になれた。何を描くにしても、生命力を感じられるように描くのが信条だ。無人の風景にも人影でアクセントをつけるなど、ちょっとした工夫で絵画に生命(いのち)を込めた。風景、草花、動物、素材は選ばないが、魚を描くとことさら評判がいい。線に勢いがあり、着彩が鮮やかで生き生きとしている。

福岡ホストライオンズクラブ60周年記念シンボルマーク

 今やアートの世界もデジタル化され、絵の下書きから完成までPC上で創作することも可能となった。だが真田氏は、「いくらデジタル技術が進もうと原点が人の五感を通して生み出された感性にあることには変わりがない」と語る。デザイン事務所のスタッフにも肉筆の技術指導を徹底して教育してきた。人の力がなければ、アートもデザインも生まれない。その思いが「真田彬作品集」にはいっぱい詰まっている。これまでに何度か水彩画展示会も行った。事務所の一階には新たな事務室を設け、画集に載せた絵画を額に入れて並べている。事務所を任せられるスタッフも育てた今、これからはさらに、絵画の世界の発信にも力を入れていくつもりだ。

 料理が趣味で、時折料理の会を催すほどの腕前だがその際はお品書きにも水彩画を添える。真田彬氏の作品は、絵画とデザインが人々とのコミュニケーションを豊かにし、世の中にエモーショナルバリュー(感動価値)を与えることで社会貢献する可能性を示している。


【黒岩 理恵子】

<OFFICE INFORMATION>
(有)ピーアンドピー
代 表:原 明彦
所在地:福岡市南区那の川1-13-6
TEL:092-534-5777
FAX:092-534-5778

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月24日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(4)NEW!

 萩原氏は1996年、東京工業大学教授に転じた。日産時代はアメリカの安全基準をクリアすることに精一杯だったが、「外に出てみて振り返って考えたときに、改めて衝突について...

2020年02月24日 07:00

【業界ウォッチ】第54回スーパーマーケット・トレードショー2020~Future Store “Now”NEW!

 幕張メッセにおいて2月12日~14日、スーパーマーケットを中心とする流通業界に最新情報を発信する商談展示会「第54回スーパーマーケット・トレードショー2020」が開...

2020年02月23日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(3)

 こうした製品化への応用が進む折紙工学だが、萩原氏が折紙工学の研究に向かうきっかけは自動車の衝突対策であった。萩原氏は1972年、工学系の修士課程を終えて日産自動車(...

2020年02月23日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(6)

 セブン-イレブンは、従業員の作業時間と作業量の削減を目的とした省人化の実験を19年7月「セブン-イレブン町田玉川学園5丁目店」(東京・町田市)でスタート、同年12月...

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop