• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年01月19日 16:10

注目の競売物件 中洲・千鳥饅頭ビル4億2,000万円で落札

千鳥饅頭総本舗 跡地<

千鳥饅頭総本舗 跡地

 中洲4丁目、「千鳥饅頭総本舗」の店舗が入っていたビルが競売にかけられていた件で、本日1月19日午前に開札が行われた。開札場には、同物件の共有者で千鳥饅頭総本舗の原田ウルズラ氏も姿を見せていた。

 気になる落札者(最高価申込者)は(株)地産開発(佐賀市駅南本町、藤崎文也代表)で、その額は4億2,484万円。同物件は地下鉄中洲川端駅そば、レンガ造りの4階建てで、土地面積は32.69坪。一坪、約1,300万円の高値が付いた。なお、入札数は合計30通で、同件において条件を満たす次順位買受申込者はなし。

 長年、閉鎖されたままだった同物件がどのように姿を変えていくのか、今後も注目である。

▼関連リンク
・閉店から5年 中洲の「千鳥饅頭」ビル 競売へ
・都市開発が消す都市の記憶(1)~千鳥饅頭総本舗

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop