• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年02月01日 12:09

手かざしアースハートの後継団体「セントマザー」 建物の違法使用で市が指導

 正月気分もようやく抜けようかという1月9日、福岡市東区の一角、傾斜が急な細い坂道を、続々と車が登っていった。
 タクシー、自家用車、大型バス。乗っているのは「一般社団法人セントマザー」の会員たちで、その数およそ1,000人。向かう先は、坂を登りきったところにある老人ホームの建物である。
 得体の知れない集団が、そこでやっていることとは――。

アースハート事件

koukei 手かざしの「アースハート」といえば、ご記憶の読者もいらっしゃるだろう。患部に手をかざし、念じるだけで病気や痛みを和らげる、いわゆる「ハンドパワー」を取得できるとして、70万円のセミナー代を集め、社会問題化した会社だ。

 平成23年には、同社に会費を騙し取られたとする元会員らを救済するため被害対策弁護団が結成され、順次、損害賠償訴訟を提起。最高裁まで争われた第一陣訴訟は昨年11月、原告側勝訴となり、アースハート側が原告47名に約6,500万円を支払っている。第二陣訴訟もアースハート側が原告側の主張を受け入れる形で和解が成立。約2億1,000万円余りが被害者側に支払われている。

 手かざしアースハートの問題は、刑事事件にまで発展する。2013年1月、同社の元社長で実質的な指導者である女性ら3人が、福岡地検特別刑事部に逮捕、起訴されたのである。容疑は法人税法違反(脱税)。買い取った宗教法人に寄付する形で、会社の利益数十億円を隠したというもの。結局、刑事事件は1審・2審とも有罪。執行猶予がついたものの、昨年、元代表の女性には逮捕された3人のうちで最も重い懲役3年(執行猶予5年)の判決が下っている。

アースハートから「セントマザー」に

 そのアースハートが拠点にしていたのが、冒頭に登場した福岡市東区の老人ホーム。車列を作った人たちが参加している一般社団法人セントマザーとは、アースハートの事業を丸々引き継ぎ、「手かざし=ハンドパワー」の取得セミナーを行っている団体なのである。

 セントマザーの設立は2014年。設立後、アースハートの事業を約3億円で継承しており、事実上アースハートの後継団体。名前を変えて、同じ行為が繰り返されている状況だ。セミナー代金は、アースハート時代(70万円)より安くなっているというが、セントマザーのホームページ上で確認してみると、次のように設定されている。

(1)ハンドヒーリングセミナー受講料     540,000円(税込)
(2)ハンドヒーリングセミナー特別受講料   324,000円(税込)

 セミナーの回数は、12回となっており、1回あたり27,000円もしくは45,000円。ハンドパワーの効用があるのか、ないのかについての議論は別稿に譲るとして、決して安い受講料ではあるまい。

 1月9日の集会は、セントマザーの会員のなかで、ハンドパワーを持つ人だけが加入できるという「つくしの会」の催し。『有志会』と呼ばれており、会員の体験発表とアースハート元代表の女性の講話があるのだという。

建物使用で問われる違法性

 問題は、この集会を開くこと自体に“違法”の疑いが生じることだ。会場となった建物があるのは市街化調整区域のなか。都市計画法の適用を受け、福祉施設であるにせよ、建設にあたっては、市の許可が必要となる。その際、一定の条件が付けられるのだが、セントマザーが本拠にしている建物は、「老人ホーム」「医療施設」の目的でしか利用することができない約束になっているのである。

 金銭のやり取りが絡む「セミナー」や「有志会」で建物を使用することは、すなわち都市計画法に抵触する行為。度が過ぎれば、許可そのものを取り消されても文句は言えない。

 セントマザーが「有志会」で市内東区の建物を使用するのは、違法ではないか?
福岡市の所管課に見解を求めたところ、セントマザーに対してはこれまで、セミナーの開催を止めるように指導したほか、今回の有志会の集まりも違法性が高いとして、今後は同様の会合を行わないよう申し渡しているという。市はさらに「今後も厳しく監視し、指導を続ける」としている。

 NET-IB取材班は、アースハート=セントマザーの動きを追跡取材。今後も、徹底追及していく予定だ。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月08日 17:06

(株)ウィンコーポレーション(東京)/フードプロバイダー

 同社は7月3日、東京地裁より破産手続開始決定を受けた。

2020年07月08日 16:54

球磨川水害現地から 前代未聞の降水量~(株)味岡社長・味岡和國氏が水害と地域の本質を語る

 九州豪雨による死者が7日の時点で56名に達した。熊本県の球磨川およびその支流域で被害が深刻であり、人吉市18名、球磨村17名、芦北町10名、八代市4名、津奈木町1名...

2020年07月08日 16:44

【コロナ禍】文化芸術こそ「社会と生存の必需品」~劇団わらび座・山川社長大いに吠える

 新型コロナウイルスの感染がなかなか収束に向かわないなか、「劇団わらび座」が依然として苦境に立たされている。代表取締役・山川龍巳氏からメッセージ転載する...

2020年07月08日 15:54

久留米市、避難勧告を解除

 久留米市は8日、午後1時45分に洪水警報が解除され、河川氾濫の可能性が低くなったため...

2020年07月08日 15:30

【凡学一生のやさしい法律学】関電責任取締役提訴事件(5)嘘を許さない社会をもとめて

 日本社会は、嘘と不正にあふれている。このような社会をつくった団塊世代の一員として、子や孫に本当にすまなく感じている...

2020年07月08日 15:03

1982年の長崎大水害~携帯電話のない時代のサバイバル術

 1982年の長崎大水害を経験し、翌年、テレビ長崎の水害1周年の番組に生出演して当時の様子について話したことがある。その時のサバイバルの経験が参考になればと思い、共有...

2020年07月08日 14:36

【縄文道通信第34号】縄文道検定―天職ガイド 縄文道―武士道―未来道(前)

 天職の定義とは何であろう。古今東西、人間は仕事に関わってきた。たとえば縄文時代は狩猟、漁労、採集生活者だったが、衣食住を維持するためにさまざまな道具を開発...

2020年07月08日 13:56

【コロナに負けない(56)】マリン保証がコロナ関連支援策の申請をサポート

 マリン保証(株)は、新型コロナウイルスの影響を受けた契約企業に対して、持続化給付金などの政府支援策の申請に関するレクチャーや書類作成などの支援を無償で実施している...

2020年07月08日 13:28

(株)全国輸送(東京)/一般貨物自動車運送

 同社は7月6日、東京地裁に破産手続きの開始を申請し、同日、同地裁より破産手続開始決定を受けた...

2020年07月08日 13:00

【株主総会血風録1】大戸屋ホールディングス~買収を仕掛けたコロワイドが戦わずして“戦線放棄”の奇々怪々(中)

 そもそもの発端は、2015年7月大戸屋を実質的に創業した三森久実会長(当時)が57歳で死去したことだ。経営権をめぐり、久実氏の従兄弟にあたる経営陣と、久実氏の妻と息...

pagetop