• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年02月01日 12:09

手かざしアースハートの後継団体「セントマザー」 建物の違法使用で市が指導

 正月気分もようやく抜けようかという1月9日、福岡市東区の一角、傾斜が急な細い坂道を、続々と車が登っていった。
 タクシー、自家用車、大型バス。乗っているのは「一般社団法人セントマザー」の会員たちで、その数およそ1,000人。向かう先は、坂を登りきったところにある老人ホームの建物である。
 得体の知れない集団が、そこでやっていることとは――。

アースハート事件

koukei 手かざしの「アースハート」といえば、ご記憶の読者もいらっしゃるだろう。患部に手をかざし、念じるだけで病気や痛みを和らげる、いわゆる「ハンドパワー」を取得できるとして、70万円のセミナー代を集め、社会問題化した会社だ。

 平成23年には、同社に会費を騙し取られたとする元会員らを救済するため被害対策弁護団が結成され、順次、損害賠償訴訟を提起。最高裁まで争われた第一陣訴訟は昨年11月、原告側勝訴となり、アースハート側が原告47名に約6,500万円を支払っている。第二陣訴訟もアースハート側が原告側の主張を受け入れる形で和解が成立。約2億1,000万円余りが被害者側に支払われている。

 手かざしアースハートの問題は、刑事事件にまで発展する。2013年1月、同社の元社長で実質的な指導者である女性ら3人が、福岡地検特別刑事部に逮捕、起訴されたのである。容疑は法人税法違反(脱税)。買い取った宗教法人に寄付する形で、会社の利益数十億円を隠したというもの。結局、刑事事件は1審・2審とも有罪。執行猶予がついたものの、昨年、元代表の女性には逮捕された3人のうちで最も重い懲役3年(執行猶予5年)の判決が下っている。

アースハートから「セントマザー」に

 そのアースハートが拠点にしていたのが、冒頭に登場した福岡市東区の老人ホーム。車列を作った人たちが参加している一般社団法人セントマザーとは、アースハートの事業を丸々引き継ぎ、「手かざし=ハンドパワー」の取得セミナーを行っている団体なのである。

 セントマザーの設立は2014年。設立後、アースハートの事業を約3億円で継承しており、事実上アースハートの後継団体。名前を変えて、同じ行為が繰り返されている状況だ。セミナー代金は、アースハート時代(70万円)より安くなっているというが、セントマザーのホームページ上で確認してみると、次のように設定されている。

(1)ハンドヒーリングセミナー受講料     540,000円(税込)
(2)ハンドヒーリングセミナー特別受講料   324,000円(税込)

 セミナーの回数は、12回となっており、1回あたり27,000円もしくは45,000円。ハンドパワーの効用があるのか、ないのかについての議論は別稿に譲るとして、決して安い受講料ではあるまい。

 1月9日の集会は、セントマザーの会員のなかで、ハンドパワーを持つ人だけが加入できるという「つくしの会」の催し。『有志会』と呼ばれており、会員の体験発表とアースハート元代表の女性の講話があるのだという。

建物使用で問われる違法性

 問題は、この集会を開くこと自体に“違法”の疑いが生じることだ。会場となった建物があるのは市街化調整区域のなか。都市計画法の適用を受け、福祉施設であるにせよ、建設にあたっては、市の許可が必要となる。その際、一定の条件が付けられるのだが、セントマザーが本拠にしている建物は、「老人ホーム」「医療施設」の目的でしか利用することができない約束になっているのである。

 金銭のやり取りが絡む「セミナー」や「有志会」で建物を使用することは、すなわち都市計画法に抵触する行為。度が過ぎれば、許可そのものを取り消されても文句は言えない。

 セントマザーが「有志会」で市内東区の建物を使用するのは、違法ではないか?
福岡市の所管課に見解を求めたところ、セントマザーに対してはこれまで、セミナーの開催を止めるように指導したほか、今回の有志会の集まりも違法性が高いとして、今後は同様の会合を行わないよう申し渡しているという。市はさらに「今後も厳しく監視し、指導を続ける」としている。

 NET-IB取材班は、アースハート=セントマザーの動きを追跡取材。今後も、徹底追及していく予定だ。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年02月19日 17:53

対立軸は「金権主義者」と「社会を大事にする人たち」!

  原発ゼロ自然エネルギー推進連盟会長 吉原 毅氏  2月12日(水)、午後6時45分から9時まで、神宮前「東京ウィメンズプラザ」において「グローバル...

2019年02月19日 17:08

「懲りない」非常電源の点検普及団体 消防庁指摘もいまだ続く「不適切表現」

   非常用発電機の消防点検啓発活動を行う「(一社)日本発電機負荷試験協会」(JLA)(本部:東京都中央区、長坂五郎代表)の加盟企業が、営業目的で建物オーナーに配布し...

2019年02月19日 15:42

伊藤産業がアンパンマンバッグを国内でつくる理由~在庫を抱えず職人を大切にした安定経営

  9割以上の商品を国内工場で製造  テレビ番組がスタートしてから30年以上になる大人気キャラクター「アンパンマン」。ボイス情報(株)のライセンスキャラク...

2019年02月19日 14:19

『脊振の自然に魅せられて』雪原に動物の足跡を見る

   新雪が降り積もった日に脊振の登山道を歩いていると、さまざまな動物たちの足跡を見かける時があります。  動物の種類によって足跡のかたちが違いますが、その...

2019年02月19日 14:02

アダル・武野重美会長の成功の秘訣~ピンチにこそ閃きが湧く

  福岡市で家具製造販売を展開するアダルが中国・上海に進出したのは1996年のこと。アダル・武野会長のこれまでの歩みを振り返る。 1990...

2019年02月19日 14:02

よく考えて行動し連帯すれば世界は変わる

   NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は経済政策の基本路線刷新が必要だと訴えた2月19日付の記事を紹介す...

2019年02月19日 12:24

国交省、排ガス規制強化を20年12月より適用

   国交省は2月15日、道路運送車両の保安基準の細目を定める告示などの改正を行い、ガソリン直噴車と二輪車などの排出ガス規制を強化すると発表した。  主な...

2019年02月19日 12:12

国セン、ラグビーワールドカップのチケット購入トラブル多発で注意喚起

   (独)国民生活センターは7日、2019年9月20日~11月2日に開催予定の「ラグビーワールドカップ2019™日本大会」(以下RWC2019日本大会...

2019年02月19日 11:58

福岡県の治安概況~飲酒運転の撲滅が課題

   福岡県警察(以下、福岡県警)は、ホームページ上で「平成30年中の治安概況」を公表している。福岡県警が三大重点目標として掲げる「暴力団の壊滅」「飲酒運転の撲滅」「...

2019年02月19日 11:28

『親を棄てる子どもたち ―新しい「姨棄山」のかたちを求めて』の意味するところ(前)

  大さんのシニアリポート第76回 『親を棄てる子どもたち 新しい「姥捨山」のかたちを求めて』(平凡社新書)をようやく上梓することができた。書き始めて...

pagetop