• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年03月04日 13:54

文化論としての「アキバカルチャー」!(3)

インテグリカルチャー(株) 代表 羽生 雄毅 氏

知人と赤の他人の間にもう1つ層が存在する

 ――前回、日本人が正しく「アキバカルチャー」を早く捉えないと、世界の「OTAKUネイティブ」から見放されてしまう可能性があるというお話をお聞きしました。それを防ぐためにも、「OTAKUネイティブ」の行動特徴をもう少し教えて頂けますか。

 羽生 行動特徴は、さきほど少し触れさせて頂いた「デジタルネイティブ」と同じです。
 ある象徴的なネットスラングに「おまいら」というのがあります。本来であれば「お前等」もしくは「おまえら」と表記すべき言葉ですが、あえて言葉を崩して表現することで、みんなの事をカジュアルに親近感を込めて指し示します。この言葉は、そのユーザーの所属するオンラインコミュニティへの帰属意識の顕れだと思います。この呼び名や意識自体は、掲示板サイトなどによりユーザー同士の交流が活発になってきた頃から存在しましたが、これが常識化、定着しているのが、デジタルネイティブの国内外共通の特徴です。

net 私たちを取り巻く環境は、両親や兄弟などの「家族」そして「親戚」、「友達」、「恋人」、「知人」、「赤の他人」というのが一般的です。しかし、デジタルネイティブ全般、そして特に「OTAKUネイティブ」の人の多くには、「知人」と「赤の他人」の間にもう1つレイヤー(層)が存在します。それは、「いつもアクセスするサイトで見かける、名前は知らない、ネット上でしか会話したことがない、しかし趣味は同じである」という層で、「いつでも友人に格上げできる可能性がある」と考えられる人たちです。同じアニメのコスプレをしているとか、同じキャラクターが好きだ、という人たちがそうです。

無理に友達にする必要性を感じていないこと

 ――なるほど、それは面白いですね。では、その層の人たちは何をきっかけに「赤の他人」から「友人」に変わるのですか。

 羽生 それこそ、マンガ・アニメなどを介して、相互にネットで個人的なメッセージを交換したり、同じコミュニティのオフ会で知りあったりすることによって友達に格上げされることもあります。
しかし、ここで最も重要なことは、この「不特定多数の、趣味を同じくする友達候補」を「OTAKUネイティブ」は、無理に友達にする必要性を感じていないことだと思います。
 「ツイッターのフォロワー」や「同じアニメのコスプレイヤー」、「同じアイドルのファンたち」などは、その現在のママで、感情を共有し充分に満足しています。
 このことは、日本では特に、「デジタルネイティブ」世代より前の先輩の方々に違和感を与え、時には色眼鏡で見られることもあります。しかし、この世代について言えば、ごく自然なことなのです。

コンテンツが乗る土台「文化」の本質を掴む

 ――ところで、羽生さんは、近刊『OTAKU エリート』(講談社+α新書)で、オタク文化に代表されたこれまでの「アキバカルチャー」と今世界で流行している「グローバル・アキバカルチャー」は似て非なるものである、と言われています。それはどういうことでしょうか。

 羽生 先ず、大原則として、表面的に顕れる「コンテンツ」には「文化」という土台が必ずあります。ところが、その土台である文化が全く違うものであっても、その上に乗っているコンテンツが同じである場合は、一般的には、深く考察しない限り、同じものに見えてしまうので注意が必要なのです。

 例えば、「アキバカルチャー」は、日本製マンガ・アニメに象徴されるコンテンツの“オタク”や“萌え”などに代表されることが多いと思います。すると、そこから、すぐ「アキバカルチャーが世界で流行っているというのは、それは“オタク”や“萌え”が受けているのだな」と勘違いをしてしまいます。

 その結果、「アキバカルチャー」には「日本が誤解される」という批判も絶えないのです。
 しかも、海外においては、ビジネス的にも上手くいかなくなります。これは早く気づかないととても危険なのです。なぜかと申し上げれば、ある瞬間は上手くいっているように見えますが、理解不足のまま突き進み、コンテンツ展開の方法を誤れば、「アキバカルチャー」はすぐに忘れ去られてしまうからです。

 私たちはあくまでも、「アキバカルチャー」というコンテンツが乗っている土台である「文化」の本質を掴む必要があるのです。私はその課題を解くキーワードの1つとして、「サイバーカルチャー」という言葉を挙げたいと思います。

(つづく)
【金木 亮憲】

<プロフィール>
hanyu羽生 雄毅(はにゅう・ゆうき)
インテグリカルチャー(株) 代表。
 1985年生まれ。2006年オックスフォード大学化学科卒業。2010年同大学院博士課程修了。
在学中は科学ソサエティー会長やアジア太平洋ソサエティーの委員を務める。帰国後は、東北大学と東芝研究開発センターを経て2015年にインテグリカルチャー(株)を設立。日本初の人工培養肉プロジェクト「Shojin meat Project」を立ちあげる。その一方で、オックスフォード大学在学中から、2ちゃんねるやニコニコ動画のヘビーユーザーであり、帰国後も同人誌即売会やイベントなどの「オタク活動」を行っている。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月23日 11:41

【速報】WINカンパニーの川﨑大資容疑者らを起訴、他1名を逮捕~東京地検特捜部

 東京地検特捜部は23日、7月3日に詐欺容疑で逮捕していた川﨑大資容疑者(51)と一山賢介容疑者(35)、板倉真容疑者(38)を、私電磁的記録不正作出・同供用、詐欺の...

2019年07月23日 21:15

【ホークス速報】初回からお祭り騒ぎの3者連続ソロHR!乱打戦を制し、祭典初日を勝利~鷹の祭典2019inヤフオクドーム

 福岡ソフトバンクホークスは23日、年に一度の「鷹の祭典inヤフオク!ドーム」(以下、鷹の祭典)初戦で千葉ロッテマリーンズに11-7で勝利した。

2019年07月23日 17:28

伝統の「対応力」で中核事業に~飯塚病院

 麻生グループは、地方財閥起源の企業としては稀有な存在だ。九州勧業・紙与産業は大家業に転じた。安川電機は株式上場して大企業となった。祖業に固執した貝島炭礦は消滅した。...

2019年07月23日 16:42

西部ガスグループが手がける初のホテルに宿泊してみた~アンドコンフィホテル熊本城ビュー

 7月1日オープンのホテル「アンドコンフィホテル熊本城ビュー」。8階建て98室の同ホテルは、西部ガスグループが手掛ける初のホテルとして注目を浴びている。今回は、一般客...

2019年07月23日 15:09

「平成挽歌―いち編集者の懺悔録」(12)

 汗が体中から噴き出してくる。冬近い晩秋の街を走るタクシーの中は涼しいはずなのに、私の頭も顔も背中も、汗水漬くである。おまけに、講談社が近付くにつれて動悸が激しくなる...

2019年07月23日 14:11

マザウェイズ・ジャパン(株)ほか2社(大阪)/子供服小売

 マザウェイズ・ジャパンは7月16日、大阪地裁から破産手続開始決定を受けた。

2019年07月23日 12:06

文学館からITエンジニアの交流拠点へ~8月に天神の赤煉瓦文化館に開設

 福岡市は8月21日にITエンジニアの交流拠点「エンジニアカフェ」をオープンする。同市による取り組み「エンジニアフレンドリーシティフクオカ」の一環によるもので、ITエ...

2019年07月23日 12:00

区画整理事業による新たな賑わい「伊都の杜」(後)

 伊都の杜と糸島高校前駅とが相乗効果を発揮することで、「糸島への移住」に対する抵抗感が和らいだ。また、18年9月の九州大学伊都キャンパスの完全移転・統合の完了により、...

ライオンズクラブを本来の姿に─337-A地区の今とこれから─(2)

 ライオンズクラブにおける年間活動のサイクルは、毎期7月1日から翌年6月30日までの1年間である。活動については、各地区がそれぞれ独自性を打ち出し、各リジョン(R)、...

2019年07月23日 11:03

【虎党記者の食べある記】7月27日閉店「中洲ちんや」~創業70余年、老舗の味を噛みしめる

 博多区中洲3丁目にある「中洲ちんや」は、九州産黒毛和牛のすき焼きやしゃぶしゃぶ、ステーキなどを堪能できる老舗名店。中でもすき焼きは、割烹着姿の仲居さん自らお客さんの...

pagetop