2022年05月19日( 木 )
by データ・マックス

政治・社会

 福岡を中心に九州エリア全域の政治ニュース、行政ニュース、社会ニュースを配信。
こども病院移転費用~福岡地裁が請求棄却、原告ら「不当判決」
こども病院移転費用~福岡地裁が請求棄却、原告ら「不当判決」
福岡市が市立こども病院の移転用地を第3セクター博多港開発(株)から44億4,500万円で購入したのは違法だとして、市民1…
岡田民主党では日本政治変革は実現しようがない
岡田民主党では日本政治変革は実現しようがない
NETIBでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、現在の岡田克也氏が民主党第一党の…
植草一秀氏ブログ「知られざる真実」
横峯吉文×竹原信一対談(3)~「世のため人のため」を地域社会に
横峯吉文×竹原信一対談(3)~「世のため人のため」を地域社会に
ヨコミネ式教育法の横峯吉文氏と元阿久根市長の竹原信一氏の対談を動画でお届けます。第3回は、20年後に向けた地域社会づくり…
動画ニュース NETIBニュースチャンネル
厚労省、危険ドラッグ33物品の販売・広告等を全国的に禁止
厚労省、危険ドラッグ33物品の販売・広告等を全国的に禁止
厚労省は、生産および流通を広域的(全国的)に規制する必要があると認める33物品(広域禁止物品)について3月5日、告示した…
横峯吉文×竹原信一対談(2)~今後の日本
横峯吉文×竹原信一対談(2)~今後の日本
ヨコミネ式教育法の横峯吉文氏と元阿久根市長の竹原信一氏の対談を動画でお届けます。第2回は今後の日本について。…
動画ニュース NETIBニュースチャンネル
政治とカネ問題続出の安倍内閣。人民党の必要性
政治とカネ問題続出の安倍内閣。人民党の必要性
NETIBでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、新しい政治勢力「人民党」結成の必…
植草一秀氏ブログ「知られざる真実」
「弱肉強食奨励」から「共生重視」への転換
「弱肉強食奨励」から「共生重視」への転換
NETIBでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、悲惨な少年事件の背景にある「格差…
植草一秀氏ブログ「知られざる真実」
横峯吉文×竹原信一対談(1)~「きれいごと」と「ごまかし」
横峯吉文×竹原信一対談(1)~「きれいごと」と「ごまかし」
ヨコミネ式教育法の横峯吉文氏と元阿久根市長の竹原信一氏の対談を動画でお届けます。第1回はきれいごととごまかしについて。…
動画ニュース NETIBニュースチャンネル
大丈夫?佐世保児相の「基本」に課題
大丈夫?佐世保児相の「基本」に課題
佐世保高1同級生殺害事件県保健福祉部長「危機意識・使命感に疑問」佐世保の児童相談所が「機能不全」と言われているに等しい厳…
長崎 社会 長崎
佐世保児相に突然引き離された親と子(5)
佐世保児相に突然引き離された親と子(5)
長崎県・佐世保児相もう一つの「闇」3月31日、佐世保市職員が送り届けた当時8歳の男児について、『家庭調査(訪問)なき、養…
長崎 長崎
佐世保児相に突然引き離された親と子(4)
佐世保児相に突然引き離された親と子(4)
長崎県・佐世保児相もう一つの「闇」家庭への調査(訪問)、指導を行わず、当時8歳の男児を一時保護し、保護者とトラブルを起こ…
長崎 長崎
佐世保児相に突然引き離された親と子(3)
佐世保児相に突然引き離された親と子(3)
長崎県・佐世保児相もう一つの「闇」家庭への調査(訪問)、指導を行わず、当時8歳の男児を一時保護し、保護者とトラブルを起こ…
長崎 長崎
佐世保児相に突然引き離された親と子(2)
佐世保児相に突然引き離された親と子(2)
長崎県・佐世保児相もう一つの「闇」佐世保高一同級生殺害事件と時期を平行して、男児(当時8歳)の一時保護をめぐり、保護者と…
長崎 長崎
佐世保児相に突然引き離された親と子(1)
佐世保児相に突然引き離された親と子(1)
長崎県・佐世保児相もう一つの「闇」佐世保高一同級生殺害事件に関わる精神科医の相談への不適切な対応が問題視されている佐世保…
長崎 長崎
相談受けない長崎県児童相談所の惨状
相談受けない長崎県児童相談所の惨状
佐世保高1同級生殺害事件佐世保高一同級生殺害事件に関する長崎県の調査・検証のなかで、児童相談所の信用が問われる事態になっ…
NowPrinting...
スイスの徴兵制存続に見る日本人との国防意識の違い(後)
拓殖大学客員教授濱口和久<平和ボケ日本の現状>一方、日本はどうかというと。日本は高速道路の設計コンセプトからして、スイス…
濱口和久「本気の安保論」
スイスの徴兵制存続に見る日本人との国防意識の違い(前)
スイスの徴兵制存続に見る日本人との国防意識の違い(前)
スイスで6月22日、男性への徴兵制を廃止すべきかどうかを問う国民投票が実施されたが、反対多数で、徴兵制廃止は否決された。
濱口和久「本気の安保論」