HOME > 鹿児島の歴史

鹿児島の歴史

2018年06月08日 11:03

鹿児島の歴史(2) 五代・島津貞久~十五代・島津貴久

   南北朝期になって本拠地を鹿児島(東福寺城)とします。ただし、東福寺城は50~60mの 山城(多賀山)で、防衛を第一とし、手狭で、城の付近には町といえるものは存在しません ...

2018年06月05日 13:50

鹿児島の歴史(1) 初代・島津忠久~五代・島津貞久

   鹿児島の大名・殿様といえば、代々「島津氏」です。島津氏は、鎌倉時代の初代忠久から江戸時代末の29代忠義まで、700年近くも鹿児島の領主であり続けた全国的にも珍しい一族(「旧族...

pagetop