• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月16日 15:05

舛添氏辞任なら辞任するべき人物が多数存在 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、「政治資金の不適正な使途が問題にされるなら、多数の政治家がやり玉にあげられなければおかしい」などとした、6月15日付の記事を紹介する。


 7月10日の選挙に向けて、この国のかたちをはっきりと認識して、何を争点として選挙に臨むべきかをすべての主権者が考えなければならない。5月24日に鳩山由紀夫氏の東アジア共同体研究所が主催する第14回世界友愛フォーラムで講演をさせていただいた。

 「安倍政治の本質とブレイクスルーの方策」を公開していただいているので、ぜひご高覧賜りたい。講演内容は以下のとおり。

1.この国のかたち 米・官・業・政・電による日本支配
2.暴走する安倍政治 立憲主義と日本国憲法の破壊
3.暴走する安倍政治 戦争と原発の推進
4.暴走する安倍政治 アベノミクス失敗と消費税増税
5.暴走する安倍政治 弱肉強食推進成長戦略とTPP
6.鳩山政権殲滅工作 誰が鳩山政権を破壊したのか
7.資本主義対民主主義 ブレイクスルーの方策

 参院選に向けて、考え方を整理する上で、ご参考にしていただければありがたく思う。何よりも大事なことは、「安倍政治を許さない!」と考える主権者と政治勢力がひとつにつながり、大同団結、連帯することである。

 さて、東京都知事の舛添要一氏が東京都知事を辞職する辞表を提出した。舛添氏は私が大学に入学したときに教養課程で政治学の講義をしており、そのときからの接触がある。報道関係の番組でよく一緒に出演もしていた。

 今回は政治資金の使途における公私混同問題がクローズアップされて、辞任に追い込まれた。本来、公職にある者は、「公」と「私」の区別を厳格にしていなければならない。血税の使い道は「公」の目的に限られる。政治資金の使い道も「公」の目的に限られる。正しい政治を行う第一歩は、政治に関わる者の清廉潔白さである。その視点から見れば、舛添氏が辞任に追い込まれたのはやむを得ないと言って良いだろう。

 もうひとつ重要なことは、「謝罪の作法」である。「謝罪」するべきことがあるなら、率直に「謝罪」することが一番大切だ。パーフェクトなどないのだから、過ちはあるだろう。事実に正面から向き合い、事実を認め、そのことに見合う謝罪を真摯な姿勢で示す。その結果、許しを得られるのか、許しを簡単に得られないのかは、謝罪を受けた側が決めることで、「過ち」の代償として、その裁定には従うほかない。

 事実を認めず、真摯な謝罪を示さず、「過ち」の代償から逃れる行動は、「逃げ」であり、謝罪を受ける側の反発をさらに強めてしまう結果をもたらす。舛添氏の説明のほとんどが「言い逃れ」であると判断され、主権者の「許す」の正反対の反応を招いたと言える。

 この点について言えば、6月1日の安倍晋三首相の消費税増税再延期会見の姿勢も極めて類似したものであると言える。「消費税再増税の再延期はない」と断言した。しかも「景気判断条項を付すことなく消費税再増税を実施する」と断言していたのだから、その増税を再延期するなら、まずは率直に謝罪をするべきであった。謝罪をし、その上で、再延期を決意した理由を述べる。それについて、理解を得られるのかどうかを、選挙での審判によって受ける。この姿勢が必要であった。

 謝罪せず、「新しい判断」で再延期すると開き直り、参院選の争点は「アベノミクスを加速させるのか、逆戻りさせるのかだ」と強弁しては、主権者は安倍氏に厳しい判断を示すことになるだろう。しかし、安倍氏に対してはメディアが攻撃せず、舛添氏に対しては過剰とも言える攻撃を展開した。政治資金の不適正な使途が問題にされるなら、多数の政治家がやり玉にあげられなければおかしい。安倍首相の政治資金の使途についても、舛添氏と同様に問題とされるものがある。

 舛添氏をこの問題で辞職に追い込むなら、安倍氏も辞職に追い込まなければならない。この点を考えると、舛添氏辞職の裏側には、やはり大きな力が働いていると見るべきである。主権者の多くがメディアの思うままに誘導されている現実を直視することが何よりも重要である。

※続きは6月12日のメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」第1461号「2016年東京都知事選の候補者人選」で。


▼関連リンク
・植草一秀の『知られざる真実』

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月06日 15:30

(株)アクアマリン(東京)/人気アニメキャラクターのフィギュア製作NEW!

 同社は8月3日、東京地裁に破産手続きの開始を申請し、同4日、同地裁より破産手続開始決定を受けた...

2020年08月06日 15:27

(株)rs(旧・シロカ(株))(東京)/家電・雑貨販売ほかNEW!

 同社は7月21日、東京地裁に特別清算を申請し、8月3日に特別清算開始決定を受けた...

2020年08月06日 15:04

【イベント】長崎大学の学生が研究発表「宇久島の未来」 UCバークレーの学生も参加NEW!

 長崎大学環境科学部の国際交流委員会は8月17日に、「20年後の宇久島」をテーマとした研究発表会を行う。国際交流プログラムの一環として行うもの...

2020年08月06日 14:30

ニューヨークは必ず再起する(前)NEW!

 ついこの間まで世界コロナ都市と呼ばれてもおかしくないぐらい、新規感染者や死者が多かったニューヨーク。普段より長い冬のなか、狭いアパートで何カ月も監禁されたことをすっ...

2020年08月06日 13:57

【横田一の現場レポート】コロナ禍で需要落ち込みでもリニア建設に固執~背景に守旧派土建政治連合(後)NEW!

 アフターコロナ時代に突入してもなお、コロナ前のリニア推進論を口にするだけの〈維新コンビ〉と対照的なのが、JR東海や国交省、さらに自民党国会議員らと対等に渡りあう川勝...

2020年08月06日 13:00

「新型コロナ」後の世界~大学の本来あるべき姿を考察する!(4)NEW!

 「この本は2019年の春に私がオックスフォード大学に行き、苅谷教授の研究室で行った対談をまとめたものです。苅谷先生との対談をやってみたいと考えるようになったのは...

2020年08月06日 11:30

ポストコロナ時代の新世界秩序と東アジアの安全保障(4)NEW!

 南シナ海での米中対立と連動するかのように、台湾や香港をめぐる米中両国の政治・軍事面での駆け引きもエスカレートしている...

2020年08月06日 11:00

元総合商社駐在員・中川十郎氏の履歴書(8)インドの友人の思い出NEW!

 ニューデリーの国営アショカホテルで、インドシルク、民芸品、骨董品、宝石を扱う3つの店舗を経営していたサテイパル社長とは、今も付き合いを続けている...

2020年08月06日 10:47

タカラレーベンが天神5丁目でタワマン開発へNEW!

 「レーベン」シリーズの分譲マンションを開発してきたタカラレーベン(東証一部)が、福岡市・天神でタワーマンションを計画していることがわかった...

2020年08月06日 10:39

ラオックス、九州エリアから撤退NEW!

 免税店事業のラオックスはこのほど、全国24店舗中半数となる、12店舗の閉店を発表した。

pagetop