• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月23日 10:29

小倉・魚町銀天街から始まるリノベーション活動(2) 地域づくりにマーケティング発想を! 

 前回は、小倉魚町銀天街の全体通行量が回復基調にあることを、最新データを使って紹介しました。
 この通行量という指標は、小倉地区中心市街地活性化計画(中活)の成果指標の1つです。
 それ以外の指標は、他に3つあってその達成状況を下表に示します(資料は、前回紹介した「認定中心市街地活性化基本計画の最終フォローアップに関する報告」2014年5月、北九州小倉地区)からです。全体通行量の数字は、前回の数字の方が最新です。

1

 これによると、大規模商業施設の年間来店者数だけがC評価、つまり「計画した事業は概ね予定通り進捗・完了。一方、最新の実績では目標値および基準値にも及ばなかった」状況にあります。
 大規模商業施設の年間来店者数は、既存の大規模商業施設である井筒屋小倉店、コレット井筒屋、リバーウォーク北九州などと中活事業で新規に計画実現した大規模商業施設「小倉駅北口商業ビル(ラフォーレ跡)再生事業」や「北九州市漫画ミュージアム整備事業」「魚町3丁目複合商業施設開発事業(クロスロード)」などの年間来店者数の合計値です。これが基準値に達しなかったのです。
 未達の要因は、期間中に計画の実現はおろか、着手さえもできなかった2つの大型事業の影響が大きいです。その2つの事業とは「チャチャタウン小倉2期開発事業」と「旦過第一地区市街地再開発事業」です。それぞれ、1日あたり1万360人(年間約400万人)、1万6,550人(年間約600万人)を見込んでいたわけですから、この事業が着手・完成されなかったのは、目標達成に対して大きな影響を与えました。
 これ以外の3項目は目標値には届かなかったものの、基準値はクリアしており、この厳しい社会経済環境のなかにあって善戦したと言えましょう。
 さて、このような中活事業の全体的な成果のなかにあって、中活事業の対象になってはいないにもかかわらず一際異彩を放つのが、今回のリノベーション活動の舞台となる中屋興産ビルおよびその周辺エリアでの活動です。
 話は、10年、中活事業の初期予定期間のちょうど中間年のことです。既述のように、この年に筆者は中活協議会のタウン・マネージャーを担っていました。筆者は、いかにして小倉中心部の活性化を図るかについて協議会のメンバーの方々と知恵を絞っていました。
 そんなときに経済産業省の「中心商店街区再生に係る調査・研究事業」による「魚町サンロード・カルチェラタン構想」という提案書を見る機会がありました。これは、北九州まちづくり応援団株式会社を経由して10年2月に提案されたものです。この要点をまとめますと、

・(人口・世帯数、商業力の分析を加えたうえで)大型商業施設の閉鎖等で若者の市外流出(とくに福岡市への)が進んでいる。
・大学・専修・専門学校等の学生(高専・高校生除く)が約3万2,500人いる。
・これら学生が中心市街地で楽しめる場所は少なく、福岡や周辺SCへ流出している。
・個性的なカルチャーを欲する学生をターゲットに、若者が魅力と感じる街区再開発を進め、中心市街地に新たな賑わいを創出する。
といったことでした。

 このようなことから、「若者が楽しめる街、若者と一緒に賑わう街」を目指すとしており、「若者主体の次世代商店街業態構想」を掲げています。
 魚町サンロード商店街は、メインの魚町銀天街とモノレール平和通駅に挟まれた商店街であり、空き店舗の多い商店街ですが、なかには若者向けに特化した店舗も散見されていました。しかも、近くの旦過市場周辺には映画館があり、若者向けの飲食店も集積しつつある状況でした。さらに、同報告書では、「周辺の商店街との不動産賃料水準と比較すると、家賃が低く1万~1.5万円の相場となっている」との指摘もあり、低賃料水準からこのエリアが若者拠点になり得るとしています。そして、具体的には「学生を居住させる家守制度(詳しくは次回)とカウンターカルチャーを集積した若者向けのショップを組み合わせた商店街の新業態を提案する」としており、「魚町サンロードと大型専門店空き区画を合体して、若者が集う自由区『サンロード・カルチェラタン』として開発し、まちづくり応援団が一元管理をする」とも記述しています。その後段には具体的な店舗構成などにも触れています。
 実は、このことは筆者が小倉中活での日々の活動から実感したものであり、私の活性化プランにも記述していたのでした。

(つづく)

<プロフィール>
100609_yoshidaM&R 地域マーケティング研究所
代表:吉田 潔
和歌山大学国際観光学研究センター客員研究員、西日本工業大学客員教授、福岡大学商学部非常勤講師

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月20日 16:54

福岡県、東京都内で予定していた企業誘致セミナーを中止

 福岡県は2月20日、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、3月9日に東京都内の会場で予定していた「福岡県外資系企業誘致セミナーin東京」の開催を中止すると発表した。

2020年02月20日 16:45

中国の新型肺炎の新規患者数が約25日ぶりに1,000人以下に~都市封鎖の効果が出始めたか

 中国国家衛生健康委員会の発表によると、中国における新型コロナウイルスによる肺炎の新規患者数の増加がペースダウンしてきている。18日から、肺炎に罹ったものの、回復し退...

2020年02月20日 15:54

ホークス、ファンサービスなど自粛~新型コロナウイルス感染対策で

 福岡ソフトバンクホークスは本日20日から、新型コロナウイルス感染予防のために選手によるファンサービスを当面の間、自粛する。ファンサービスの内容は、サイン、ハイタッチ...

2020年02月20日 15:20

【シリーズ】生と死の境目における覚悟~第3章・「尊厳死」とは(前)

 運営する「サロン幸福亭ぐるり」(以下「ぐるり」)で、新年をはさみ2件の常連客を亡くした。1人は82歳の男性Sさんで、死因は血液のガン。もう1人は77歳の女性Eさんで...

2020年02月20日 14:51

ベトナムの「光と影」(前)

 経済発展が進むベトナムの「最前線」を体感することを目的に、2月14日から18日の期間、12名でハノイを視察した。一言でいえば、現地・ハノイは新型コロナウイルスに戦々...

2020年02月20日 14:00

インターネット時代における言論人の使命・責任とは何か!(2)

 2つの基調講演が行われた。1つ目は、クリフォード・スターンズ米国前下院議員、2つ目は、申宰元・現代自動車副社長である。クリフォード前議員は、今言論人を取り巻く環境は...

2020年02月20日 13:30

アベノミクスがもたらす「資本栄えて民滅ぶ」国の未来(3)

 かつて株価は経済を映す鏡と言われた。株価上昇は景気回復の先行指標であり、株価下落は景気後退の先行指標だった。しかし、この関係が崩壊している。第2次安倍内閣が発足して...

2020年02月20日 12:57

糸島市、福吉地区活性化計画を策定

 糸島市は、農山漁村の活性化を目的として、国や地元福吉の産直市場「福ふくの里」と協議を進めていた「福吉地区活性化計画」を策定した。

2020年02月20日 11:30

生活より景観が優先された「鞆の浦」「ポニョ」の舞台も人口減と高齢化、観光も低迷(前)

 鞆の浦の路線バスは通常のバスより小さいが、道路沿いの家に触れそうなほど車体を近接させて通行していた。これでは有事の際、消防車や救急車が到着するのに通常以上の時間を要...

2020年02月20日 11:24

新型コロナウイルス、輸入建材関係の調達にも影響

 新型コロナウイルス感染拡大の影響が、建設業界にも出始めているという。福岡県内の戸建事業者は、戸建住宅用の資材は主に輸入建材を使用いるが、今回のコロナウイルス感染拡大...

pagetop