わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年07月11日 07:00

耐力偽装を告発した「元・一級建築士からの警告」(全文)(4)

 鉄筋コンクリート造(RC造)の建物の構造設計で必要な部材や鉄筋量を減らす耐力偽装が行われていたと告発した元・一級建築士の仲盛昭二氏の警告書の全文を紹介する。


 今回の告発を決断した背景には、下記のマンションの事件が出発点になっています。

久留米市の欠陥マンション(新生マンション花畑西)の耐震強度不足問題

 現在、福岡県久留米市の分譲マンション「新生マンション花畑西」における、設計の偽装、施工の不具合に起因する耐震強度不足を巡って、裁判が進められています。
 問題の建物は、上記の提言に含まれる構造計算書の偽装以外にも、基本的な構造設計で単純なミスを重ね、多重の偽装が行われています。しかし、建築確認審査を担当した特定行政庁である久留米市は、それら単純な偽装を全て見逃し、言わばフリーパスのような状態で、確認済証を交付したのです。
 このマンションは、地盤調査が行われないまま建築確認審査が行われ、地盤調査結果が存在しないにもかかわらず、構造計算は、「第1種地盤」(非常に堅固な地盤)として計算されています。さらに、構造計算書に必ずあるべき「入力データリスト」が外されており、意図的に偽装をしている事が、経験の浅い審査担当者であっても一目瞭然でした。本書で警告した「接合部の検討」も偽装されています。その他にも保有水平耐力計算における偽装など数多くの偽装がありますが、前述の単純な偽装さえ見抜けない久留米市は、審査能力を欠いていたと思わざるを得ません。そして、20年経過した現在でさえ、審査能力が向上したとは考えられないので、これまで久留米市が建築確認済証を交付した全ての物件について、構造計算上の様々な偽装や問題(本書で警告している接合部の問題などを含めて)が潜んでおり、安全を確認できない建物が数多く存在している可能性は高いと考えられます。久留米市民にとって、大きな不安となっているので、緊急調査をすべきであると思います。
 このマンションの裁判において、久留米市は、自らの責任を回避するためか、「建築確認通知書の図面や構造計算書が本物かどうか判らない」と、根拠も無く主張しています。久留米市が発行した建築確認済証及び添付の設計図書を、「偽物」と主張するのであれば、それ相応の根拠が必要なはずですが、何ら根拠は示されていません。久留米市は、責任逃れの為の苦しい言い訳に終始しています。
 設計者である木村建築研究所(福岡市南区、代表者・管理建築士:木村忠徳)は、設計図書に記名押印し、建築主と施工業者の契約書に実印を押していながら、「設計をしていない」、「勝手に名前を使われた」、「印鑑は社員が勝手に持ち出した」などと、久留米市同様、責任逃れに終始しています。設計で偽装をしていながら、その事を追及されると、子供の言い訳以下の開き直りの態度を示した、木村建築研究所の代理人弁護士に対して、裁判長は、「そんな言い訳は通用しない」と一喝されていました。

 施工を請負った鹿島建設は、同規模の建物を施工する現場の技術レベルを備えていれば、図面を見ただけで容易に判別できる設計上の問題箇所を悉く(ことごとく)見逃した上、更に、図面に明記された重要な梁を、30箇所も手抜きをし、意図的に施工していません。この施工上の不正について、行政である久留米市は、ゼネコンを擁護する姿勢・発言に終始しています。設けられなかった梁は、建物本体と外部避難階段を繋ぎ固定する重要な梁である為、現状のままであれば、大地震が発生した際に、避難階段が被害を受けて使用できなくなる、最悪の事態も想定されます。
 建築確認行為は、申請者より料金を徴収して行われる、極めて責任重大な業務です。同マンションの区分所有者たちは、行政庁の建築確認審査能力を信じ、また、国内のゼネコンのトップクラスに位置する鹿島建設ブランドも、信頼していました。しかし、これらの信用・信頼が、同マンションでは、全て裏切られました。上記提言で表した、構造設計者たちの偽装行為と、更に加算された、これらの意図的な偽装行為は、その本質において、何ら変わるものではなく、建物の構造耐力を著しく毀損する許されない行為です。このような具体的事例に直接関わり、その実態に触れたことも、今回、私が、緊急提言を行った理由の一つです。
 いつ発生するか分からない巨大地震に対して、危険な状態に置かれている建物を、一刻も早く補強し、安全性を確保する事は言うまでもなく、建築業界が国民からの信頼を取り戻す事を願っています。

(つづく)

▼関連リンク
・耐力偽装、建築界に蔓延か?部材や鉄筋量を減らす操作~元・一級建築士からの警告
・部材や鉄筋量を減らす耐力偽装、警告の元・一級建築士に聞く(前)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月11日 12:30

【倒産を追う】(株)九設 排除措置公表から2週間 急転直下の倒産劇NEW!

 管工事や電気工事を手がける九設(大分市)が5月10日、大分地裁に自己破産を申請した。地場大手の設備工事業者でもあり、負債総額は30億円が見込まれている。近年は毎期5...

2021年05月11日 11:10

OCHIホールディングス、21年3月期決算 25%増益にNEW!

 OCHIホールディングス(株)が2021年3月期決算(連結)を発表した。売上高1,018億4,200万円(前期比2.3%減)、営業利益19億4,300万円(同4.6...

2021年05月11日 10:47

健康食品「カンゾコーワドリンク」の表示問題が決着NEW!

 特定適格消費者団体の(特非)消費者支援機構関西は10日、健康食品「カンゾコーワドリンク」などの表示が景品表示法に抵触するとして、販売会社の興和(株)に表示の改善を申...

2021年05月11日 10:25

山口FGの吉村猛会長に対する「内部告発状」を検証する (2)NEW!

 内部告発状に記載されている「1.第一生命への案件紹介」を検証したい...

(株)九設(大分)/電気設備工事ほかNEW!

 (株)九設は5月10日、大分地裁に自己破産を申請した...

2021年05月11日 08:49

反社会勢力との付き合いは命取りNEW!

 現在、福岡県警組織犯罪対策本部は筑後地方に主な勢力を投入している。狙いは広域暴力団道仁会の壊滅である...

2021年05月11日 07:00

施設間連携で一体的なバリアフリー化図る国交省が基本構想等ガイドライン改訂(後)NEW!

 国交省は、高齢者や障がい者のほか、道路管理者や公共交通事業者などのサービス提供事業者を含む協議会を市町村が設置できる仕組みをつくり、市町村が施設利用者の意見をマスタ...

2021年05月11日 07:00

22年完成、熊本市40棟目記念プロジェクト「サーパスシティ平成マークテラス」NEW!

 4月23日にアミュプラザくまもとが開業し、ますます賑わいを見せるJR熊本駅から1駅・平成駅から徒歩8分の場所で、(株)穴吹工務店が新たな分譲マンションを開発している...

2021年05月11日 07:00

熊本に根差して68年、地場ゼネコンの取り組みNEW!

 4月に創業68年を迎えた地場ゼネコン・(株)三津野建設は、熊本県内で分譲および賃貸マンション、コンビニエンスストア店舗、工場や倉庫などの建築を手がけてきた。とくに、...

2021年05月10日 17:41

みやこ町町議を逮捕、職員採用をめぐって数百万円の収賄の疑い~福岡県警

 福岡県警は10日、福岡県京都郡みやこ町の職員採用試験をめぐり、特定の受験者を合格させるよう同町幹部職員に働きかける見返りに現金を受け取ったとして、同町町議の上田重光...

pagetop