• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年08月31日 09:26

太宰府天満宮の参道に大正時代から続く老舗「かさの家」(後) 福岡の未来を創る101社 

(株)かさの家

伝統の味をそのままに

umegaemoti 政略によって大宰府に流された道真公は、廃屋同然の館で蟄居の身となり、食事にも事欠くありさま。暮らし振りを見かねた近くの老婆が、道真公が好んだ餅を梅の枝にさし、格子越しに差し上げた、という伝説がある。伝説をもとにつくられた「梅ヶ枝餅」は、もち米とうるち米をブレンドした生地で粒あんを包み、香ばしく焼き上げたものだ。シンプルな素材だけに、生地と餡のバランスが決め手となる。かさの家では、昔から代々続く味を大切に守り、焼き方や出来具合にもこだわった梅ヶ枝餅を提供している。

 「道真公の誕生日であり命日でもある25日は、『天神さまの日』とされています。梅ヶ枝餅の販売店では、毎月25日に「よもぎ入りの梅ヶ枝餅」を出します。昔からよもぎ入りはありましたが、一時中止にしていました。色が出にくいということで、緑色の着色料を使う店舗が出てきたからです。しかしお客さまからの熱い要望があり、数年前から復活させました。『よもぎ入りの梅ヶ枝餅』は、多くの方々に親しんでいただいております」(不老氏談)。

 「梅ヶ枝餅」という名称は、太宰府梅ヶ枝餅協同組合に商標登録されており、組合員のみ「梅ヶ枝餅」という商品名で販売ができる。協同組合が材料を指定し管理しているため、梅ヶ枝餅の品質は保たれており、どの店舗も同じ材料で「もち皮」をつくる。ただし、あんこや砂糖の量、塩加減などは各店舗によってレシピが違うため、それぞれに個性を持つ。

 「昨年10月17日、太宰府天満宮に隣接する九州国立博物館が10周年を迎えました。記念日に協同組合で何かできないかと考え、ふくおか食品開発支援センターと共同開発した『古代米入りの梅ヶ枝餅』を販売しました。福岡県産の黒米を粉砕し生地に練り込んだことで綺麗な薄紫色に仕上がっています。当日のみの販売予定でしたが大変好評だったので、毎月17日の「きゅーはくの日」に継続して販売することになりました」(不老氏談)。

 「古代米入りの梅ヶ枝餅」は、黒米を混ぜたことにより色素成分の効果で紫がかり、生地の香ばしさとパリッとした食感が一層際立ったという。太宰府天満宮や九州国立博物館を後押しする、新たな名物の誕生となった。

参道を守り後世へつなげる

 不老氏は、太宰府梅ヶ枝餅協同組合の理事長や九州国立博物館振興財団の評議員、太宰府観光協会の会長なども兼務し、太宰府市への貢献度が高い。
 「太宰府天満宮には、年間880万人の参拝者が訪れています。私には、太宰府に年間1,000万人を呼びたいという夢があります。太宰府天満宮の参道は、商業地区として何を出店してもよい場所で、以前はスマートボールなどがありました。しかし参道には相応しい店というものがあります。神様へと続く神聖な場所では、相応しくないものは自然と淘汰されてきました。参道を守り、参拝者や観光客に何度も来たいと思われる太宰府をつなげていきたいのです」(不老氏談)。

 不老氏は、今年の6月24日~28日に福岡市で開催された「第99回ライオンズクラブ国際大会」を招聘した立役者でもある。ライオンズクラブ国際大会は、世界各国から会員約3万5,000人が参加し、世界と福岡をつなぐ橋渡しとなる。彼らの滞在期間中、歴史ある太宰府天満宮の参道を散策する人々は、さらに数を増したに違いない。古き良き日本の面影を今に伝える建物や石畳は、海外の人々を魅了したことだろう。これはまた、不老氏の夢につながっていく。

 さまざまな役職を合わせ持つ不老氏だが、特筆すべきは1988年のソウルオリンピックに出場したクレー射撃のオリンピアンだということだ。また、2020年東京オリンピックに向けて、JOC(国内オリンピック委員会)からクレー射撃のコーチングスタッフに委嘱されている。「オリンピアン候補の発掘や育成を担当しています。福岡から射撃のオリンピアンを是非とも誕生させたいのです」(不老氏談)。自身の後裔を育てるべく、ジュニア世代の発掘・育成・強化にも力をそそぐ。
 2020年の東京オリンピック・パラリンピックまで、不老氏の活躍は続いていく。

(了)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:不老 安正
所在地:福岡県太宰府市宰府2-7-24(太宰府天満宮参道)
設 立:2005年3月
資本金:1,000万円
TEL:0120-818-151
URL:http://www.kasanoya.com

<プロフィール>
furou不老 安正
1944年1月生まれ。(株)かさの家の代表取締役を務めるほか、ライオンズクラブ国際協会の元国際理事、第99回ライオンズクラブ国際大会ホスト委員会の委員長など、さまざまな役職を担っている。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供するNEW!

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)NEW!

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

2020年09月18日 17:15

【書評】岡田勢聿の『自立論』~自らのチカラで生き抜く思考法

 青少年の自立支援を行う(一社)自立研究会は、コロナ禍で安定雇用の崩壊が深刻化するなか、いかにして自らのチカラで生き抜くのかということを主題にして、実業家・岡田勢聿氏...

2020年09月18日 17:07

医者の診断を断って、AI診断へ切り替えよう

 肺がんに罹患している友人A氏の証言を紹介しよう...

2020年09月18日 17:00

コロナで綱渡りの百貨店 高い損益分岐点、収益大幅悪化は必至

 コロナ下で百貨店が綱渡り経営を続けている。博多大丸以外は損益分岐点比率が高く、岩田屋三越とトキハ、井筒屋は95%を超え、山形屋は105.0%で、わずかな減収で赤字に...

2020年09月18日 16:52

地銀の経営統合~「待ったなし」を検証する(後)

   【表1】を見ていただきたい。47都道府県の地銀の状況表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国47都道府県にある地銀は、第一地銀64行、第二...

pagetop