• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年10月19日 14:49

野党共闘に民進党「隠れ与党勢力」は必要なし 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して掲載する。今回は、野党共闘で勝利した新潟県知事選を顧み、民進党蓮舫代表の節操ない行動について批判した、10月18日付の記事を紹介する。


一歩ずつだが、確実に失地を回復し始めた。7月10日の参院選では32ある1人区で11勝した。自公および自公補完勢力を向こうに回して、激戦を勝ち抜いた。選挙区で勝利したのは、北海道、秋田を除く東北、新潟、長野、山梨、そして三重、大分、沖縄だった。
獲得議席数同数の選挙区が茨城、東京、静岡、愛知、京都、広島だった。

面積で計算すると、主権者勢力が勝利した地域が国土全体の45%。自公および自公補完勢力が勝利した地域が46%。両社同数の地域が9%だった。面積で計算すると完全に互角の戦いだった。その地域は東日本に集中している。戊辰戦争で官軍に最後まで抵抗したのが奥羽越列藩同盟。この地域で主権者勢力が勝利した。これ以外では、桑名(三重)、豊後(大分)、琉球(沖縄)で主権者勢力が勝利した。

明治維新は欧州の巨大金融資本が長州を使って日本でクーデターを引き起こしたものである。だから、明治維新後の日本政治の実権を長州が確保し続けてきた。その政治は「金を求める政治、金の力による政治」であり、TPPを推進する安倍晋三政権にまで引き継がれている。

7月10日に実施された鹿児島県知事選では、九州電力川内原発の稼働停止を求める三反園訓氏が現職で原発推進の伊藤祐一郎氏を破って当選を果たした。
そして、10月16日の新潟県知事選。東京電力柏崎刈羽原発の再稼働問題が最大の争点となり、再稼働反対の姿勢を明確にした米山隆一氏が原発推進と見られる森民夫氏を打ち破って当選した。鵺(ぬえ)政党の民進党は実質的に原発推進と見られる森民夫氏を支援したが、選挙戦終盤で情勢が逆転すると、一転して米山氏を支持するかのような行動を示した。米山氏の推薦を拒絶して自主投票を決定したのは、実質的に原発推進と見られる森民夫氏を支援する行動だった。

この決定の最高責任者は民進党代表の蓮舫氏である。原発推進候補を実質支援して、主権者の力でその原発推進候補が落選しそうになったのを見て、選挙戦の最終局面で米山氏の応援演説に現地入りした。こんな政党代表は後にも先にもいないだろう。こんな人物に、支持した候補が当選したなどと言わせるべきでない。

民進党代表は原発推進候補を実質支援して、選挙戦終盤に情勢が逆転したのを確認して、慌てて米山氏支持に「鞍替え」したのである。最低、最悪の政治行動である。

この選挙で明らかになったことは、民進党の「隠れ与党勢力」を排除して野党共闘を組んでも勝利できるということだ。7月10日の参院選で民進党の獲得議席数は本来25だった。これを32に押し上げたのは野党共闘の力である。野党共闘の力がなければ民進党獲得議席数は25だった。

それにもかかわらず、この政党は野党共闘で最大の貢献をした共産党に十分な感謝の意思を表明するどころか、共産党を批判する言動を続けている。政治を語る以前の人の道を外している。

次の選挙で、民進党が単独政権を目指すと言うなら、好きにさせるのが良い。そんなことは地球が逆さになっても実現しない。唯我独尊の道を進んで消滅するのが関の山だ。野党共闘の力なくして当選できる民進党議員はほとんどいない。そのことに気づいて、民進党の側から野党共闘に参加させてほしいと言ってくることは目に見えている。

主権者にとって大事なことは、主権者の意思に沿う政治実現を目指す政治勢力の結集である。その主権者にとって、党の名前は本質的に重要でない。大事なことは明確な政策公約なのだ。
「オールジャパン平和と共生」の政治運動は、「平和と共生」の政治実現を目指す主権者と政治勢力の広い連帯、結集を目指すものである。新進党でも、共産党でも、自由党でも、社民党でも、どの政党でもいいのだ。公明党であっても基本スタンスを変えて同じ旗のもとに結集するなら排除されない。
政策を基軸に党派を超えて大きな連帯を作ること。これが「オールジャパン平和と共生」の目指すところだ。

※続きは10月18日のメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」第1568号「民進党を分離しての野党共闘で道は拓ける」で。


▼関連リンク
・植草一秀の『知られざる真実』

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月02日 17:27

IT化とデータ可視化の推進でジョブ型への対応を(前)

 東証マザーズ上場のナレッジスイート(株)の提供するサービスは社内の無形のノウハウの可視化・資産化を推進し、業務の効率性向上、リスクヘッジに役立つものであり、地方の企...

2020年07月02日 17:10

新型コロナウイルス~首都圏を中心に感染拡大

  【表1】を見ていただきたい。全国(47都道府県)の新型コロナウイルス感染者の順位表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国(47都道府県)の7月2日...

2020年07月02日 16:40

姪浜駅に憩いの場「めいのはまMarché」オープン

 JR九州フードサービス(株)は、福岡市地下鉄・JR「姪浜駅」構内に、個性豊かな専門店が集まる憩いの場「めいのはまMarché」をオープンさせる...

2020年07月02日 16:26

ストラテジーブレティン(255号)~Point of No Return、米国の対中金融制裁が俎上に~慎重な投資姿勢を(前)

 6月30日、「香港国家安全維持法」が制定され、即時施行された。香港の民主主義と自治が失われ、一国二制度が終わった。世界は熾烈な米中冷戦へと展開していくだろう...

2020年07月02日 16:17

【凡学一生のやさしい法律学】関電責任取締役提訴事件(前)

 関電事件は究極の国家犯罪の完成形である。法律犯罪国家における利権構造の雛形といえる本件事件は、日本は悪徳法律家が支配あるいは跳梁跋扈する法匪国家であることを示した...

2020年07月02日 16:00

イージス・アショア中止は日本発の防衛システムへの転換点(1)

 6月15日、河野防衛大臣は「イージス・アショア」の配備計画の停止を発表した。日本国内のみならず、周辺国や製造元のアメリカにも激震が走った...

2020年07月02日 15:30

サザン無観客ライブで売り上げ6億5,000万円!ウェブ配信動画に光明

 サザンオールスターズは6月25日、無観客リモートライブを開催。400人を超えるスタッフと40台カメラで演出されたライブは、有料視聴ライブとして8つのメディアで配信さ...

2020年07月02日 15:06

【特別寄稿/山崎伸二教授】新型コロナウイルス感染症は我々に何を教えてくれたのか(後)

 20世紀に入ると感染症の治療薬が次々と見つけられていく。1910年、自らが合成したヒ素化合物を1番から順番に調べていた秦佐八郎がドイツ人パウル・エーリッヒとともに...

2020年07月02日 14:31

【特別寄稿/西田亮介】冗長性の欠如がもたらしたもの 「民意」に揺さぶられるリスクマネジメント(後)

 不安感は不満となって顕在化する。向かった矛先の1つは政治だった。並行して、感染状況のみならず、制度や対処が違う他国の部分的な状況がマスメディアとSNSを介して人々に...

2020年07月02日 14:17

【インタビュー/玉城絵美】「リモート」のその先へ 10体のアバターを動かす世界がすぐそこに(後)

 日本では新型コロナウイルスの感染が広がる前から、〈リモートでコミュニケーションせざるを得ない社会が来る〉と、世界に先駆けて大きなプロジェクトが動き出していました...

pagetop