• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年10月31日 16:00

世界はITによる第3次産業革命のまっただ中!(前)

 Skypeの発明やNATOサイバー防衛協力センター(首都タリンに設立)などで、電子国家エストニアの知名度が高まっている。エストニアは、旧ソ連から1991年に再独立したバルト3国の1つで、九州よりやや広い国土に、福岡市とほぼ同じ人数(約130万人)が住む小国である。しかし今、この小国に世界の国から、年間1,000組を超える政府関連使節団などが訪れる。同国の役所・会社の職員の机の上には、ほとんど1枚の書類もない。政府会議では、原則紙の資料は配布されない。
 近年は日本でも、省庁横断的にICT推進を進めるCIOを設置し、国民1人ひとりに番号を付与した「マイナンバー制度」が今年から開始されるなど、電子政府への動きが加速しつつある。

 東京・神宮前にあるエストニア大使館に、エストニア投資庁/エンタープライズ・エストニア(※)の山口功作・日本支局長を訪ねた。
 山口支局長は「今、世界はITによる第3次産業革命のまっただ中にあります。そして、あと4、5年でこの産業革命も終わります。日本もその波に乗り遅れるべきではない」と、デジタル社会のメリットを熱く語った。

ITは将来的に大きなキーポイントになる

 ――本日はお忙しいなか、お時間をいただきありがとうございます。電子国家エストニアは、今、世界の注目を集めています。本日は電子国家について、また日本の電子政府の将来についていろいろと教えていただきたいと思います。まず、日本とエストニアとは、今、どのような関係にあるのですか。

山口 功作 日本支局長<

山口 功作 日本支局長

 山口功作氏(以下、山口) エストニア政府にはアジア戦略というものがあって、その拠点は日本と中国です。とくに日本とは、サイバーセキュリティに関する協力の必要性に基づき、「日・エストニアサイバー協議」を開催しています。エストニアはこれまで大国との取り組みはすべて「バルト3国と大国」という枠組みのなかで行ってきました。2国間だけの協議は、日本が初めてになります。日本にとってもITというのは、将来的にはやはり大きなキーポイントになると思っています。日本が優れている点、エストニアが先行している点など、お互いに補完できれば好ましいと感じています。

 エストニアは、わずか130万人のマーケットです。その100倍の約1億3,000万人のマーケットである日本が目線を合わせていただくことは、とても重要であると考えています。これからは、好むと好まざるとにかかわらず、国家運営はもちろん、社会そのものがデジタル化していきます。その影響は、当然、現在はITに関わっていない既存のあらゆる産業にまでおよびます。自分の産業がデジタル化するとどのような変化が起こるのか、社会がデジタル化することによって、自分の産業はどのような影響を受けるのか。そこでの、取り組みや姿勢について、日本とエストニアが共同歩調をとれるということは、とても大きな意味を持ちます。

具体策に行く前段階の啓蒙がとても重要

 ――ITに関する政策で、日本とエストニアはどのような共同歩調をとることが可能ですか。

 山口 ITに関する政策を考える場合、2つの前提の理解が重要です。1つ目は具体策に行く前段階の啓蒙です。これからの社会が、デジタル化していくことはたしかだと思います。しかし、そうなっていくことへの充分な理解と、その概念の共通認識が必要です。
 その前提なくして、「こういった産業が協力できる分野です」と申し上げても、この目線が定まっていなければ、「技術的にはすごいが、ところでこれはどこで、どう使うの?」という話になってしまうからです。

自分に大きな権利が委譲されるという認識

 2つ目は、エストニアで言えば「eIDカード」、日本で言えばマイナンバーですが、これらの実施に関して、「何が便利になりますか」ではなく、「自分に1つ大きな権利が委譲される」という認識が持てるかどうかです。このことはとても重要です。

 多くの方はデジタル社会になって、情報が漏れることを危惧されていると思います。しかし、情報が漏れるときは、たとえば、開けてはいけないファイルを開いてウィルスが動き始めるなど、必ず人の手が介在しています。人の手の介在を減らしていくことによってリスクはどんどん少なくなっていくと、技術者目線では信じられています。私もデジタル化とは、自分のデータがどんどん安全になっていくことだと考えています。

 たとえば、年金機構の職員が有名人の情報を、興味本位で紙の台帳でのぞいた場合、のぞいたことを証明する手段は今ありません。ところが、すべてデジタル化されると、「誰が」「いつ」「どんな目的で」のぞいたかがわかるようになります。医療に関するデータなど、すべてのデータがそうなります。これは何を意味するのかと言いますと、自分のデータに関するコントロール権が、自分に移譲されたことを意味します。非常に大きな権利移譲と言えます。

 ちなみに、エストニアではこの約15年間、自分のeIDカードがハッキングされたとか、電子署名が偽造されたという人は、1人もいません。

(つづく)
【金木 亮憲】

※エストニア・エンタープライズ
 政府所有機関で、技術革新、研究開発、人材育成など各種助成金プログラムへの企業からの申請を評価し、助成金を交付して企業を財政的に支援。外国の事務所を通じて、海外に存在するエストニアの企業も支援。ロンドン、ヘルシンキ、ストックホルムなどのヨーロッパの都市他、上海、シリコンバレー、東京などに事務所がある。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月01日 18:09

生死の境界線(1)肺癌宣告

 筆者は毎年4月、適正健康検査(1日ドック)を受けてきた。かれこれ20年になるであろう。これまで致命的な勧告を受けたことはなかった。今年は新型コロナウイルスのため定期...

2020年10月01日 17:10

【IR福岡誘致特別連載9】海外投資企業にもっとも高評価なのは既存の交通インフラ網

 交通網は全国のIR(カジノを含む統合型シティリゾート)の候補地において、もっとも重要かつ不可欠であり、IR誘致開発事業の要である。その目的地までの集客力が重要であり...

2020年10月01日 16:28

新型コロナの防疫対策で世界の先頭を走る台湾と意見交換(1)

 2020台湾最新ビジネスセミナー「withコロナ時代‐日台で切り拓く新ビジネスチャンス」が9月15日、TKP品川カンファレンスセンターで開催された。今回のセミナーは...

2020年10月01日 15:17

42号店「三宅店」をオープン~唐揚げ専門店「博多とよ唐亭」

 本日、唐揚げのテイクアウト専門店「博多とよ唐亭」の新たな店舗「三宅店」がオープンした。同店の42号店で、南区エリアでは6店舗目となる...

2020年10月01日 15:12

【縄文道通信第48号】「今なぜ縄文道なのか」―縄文道 ユートピア論―縄文道――武士道――未来道―今も息づき未来に活かせる(後)

 前回で紹介した日本列島から生まれた普遍性の道と併せて4つの大和の道に触れる。この4つの道は、紀元前660年の日本の最初の天皇誕生以前に約1万4,000年にわたって形...

2020年10月01日 14:37

マンション管理のIT化推進 大和ライフネクストが「IT総会」実証実験

 大和ハウスグループの大和ライフネクスト株式会社(東京都港区、石﨑順子代表取締役社長)は、一般社団法人マンション管理業協会(以下、「マンション管理業協会」)が検討を進...

2020年10月01日 14:33

【10/6】タピオカミルクティーのオンライン・ビジネスフォーラム(台湾経済部、貿易センター主催)

 台湾経済部(経済産業省に相当)、台湾貿易センター(JETROに相当)は6日、「2020 台湾タピオカミルクティー国際フォーラム」をオンラインで開催する...

2020年10月01日 14:28

カジノ×ゲーム×オンラインで新市場の形成目指す、中村龍道氏の挑戦(2)

 『現実世界ではコロナの感染拡大防止の観点から規制がかかり、従来通りの仕事ができなくなる、あるいは仕事を失う人が増えています。しかし、デジタルのなかの仮想世界にはコロ...

2020年10月01日 14:18

地球環境を踏まえた持続可能な「市場経済システム」を模索!(3)

 『近代市場経済システムは、倫理観を備えた市民による自由な経済取引が人々を豊かにし、幸福をもたらすという前提の下、発展してきました...

2020年10月01日 14:06

20万人のコロナ死者たちへの愛憐の情のかけらも示さないアメリカ大統領選候補たち

 アメリカ大統領選挙候補者「トランプVSバイデン」のテレビ討論(現地時間9月29日)を目撃して9割の人々は「アメリカの終焉」を確信したのではないか...

pagetop