わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月02日 10:41

小倉・魚町銀天街から始まるリノベーション活動(6) 地域づくりにマーケティング発想を! 

 小倉魚町銀天街に立地する中屋ビルのリノベーション活動が始まります。
 中屋ビルは、鉄筋コンクリート造り5階建て部分と、すでに老朽化したと言ってもいいような木造2階建て部分とで成り立っています。嶋田氏は、この木造部分のリノベーションに着目します。その発想の根本には、次のような記述があります。

 「(北九州市は)産業構造の変化によって雇用が失われ、消費も落ち込んだ。それが商店街の衰退の根本的な原因であると、清水さんは説いていた。だからこそ商店街で雇用を生み、それを空き家の再生と重ね合わせる。そうやって産業を振興しコミュニティを再生するというビジョンだった」(前掲書より)。

 先に紹介した小倉家守構想の推進者清水義次氏の説く視点が、嶋田氏の発想の原点にあったとみてよいでしょう。

「メルカート三番街」の開業

新装になったメルカート三番街内部<

新装になったメルカート三番街内部

 ヤンキーのたまり場になっていた中屋ビルの木造部分を、若い起業家・クリエーターの拠点にしようというのです。嶋田氏は、まず入居者の条件を35歳以下と設定します。ここから入居者探しが始まります。SNSを使ったり、まわりの人たちに紹介を頼んだりといった活動を行います。

 そうすると、努力の成果は出るもので、情報や人がつながり始めます。結果的に、フラワーデザイナー、ハンドメイドの服飾雑貨作家、グラフィックデザインのユニット、カフェ経営者(これは女性経営者で、何と筆者が北九州市立大学の大学院MBAでマーケティング戦略の講義を担当していた時の受講生)、そして「水玉食堂」という昭和レトロな水玉食器のコレクターの女性経営者、さらにはウェブメディアである「小倉経済新聞」などの入居が一気に決まります。たった、2カ月でテナントが埋まったのです。とくに、ウェブメディアなどは情報発信にとって、このうえないテナントです。

 さあ、これまで朽ち果てた感じの店舗が一気に明るい店舗集積に変化しました。2011年6月、「メルカート三番街」(写真参照)の誕生です。

「フォルム三番街」の開業

 この同時期に、空きフロアであった中屋ビルの4階に「フォルム三番街」もオープンさせます。これは、中屋ビルの10人乗りエレベーターをギャラリーに見立て、若いアーティストに開放する。そのことをきっかけとして、空きフロアであった4階を若いアーティストの拠点にするというものです。“シェアアトリエ”と言っています。詳細は省略しますが、見事な仕掛けです。

 失礼ながら廃墟のようになっていた商業スペースを、数カ月のうちに見事によみがえらせた実績は、大いに評価できると思います。これらの活動実績を踏まえて11年7月(資料によって開催月に違いがある)に、いよいよ「リノベーションスクール」を開催します。時系列的に記述すれば次はこのリノベスクールの内容ということになりますが、このシリーズのテーマが「リノベスクール」であり、一番大事な点でもあるので、これは次回以降にお話します。

「ポポラート三番街」の開業

区画割りされたポポラート三番街内部<

区画割りされたポポラート三番街内部

 時は10カ月経過し、12年4月に中屋ビルの2階に「ポポラート三番街」がオープンします。この開発コンセプトが大変面白いのです。「手づくり作家たちのシェアアトリエ」です。150坪ほどの大きなスペースを、しかもビル2階を丸ごとテナントリースするのは、大変難しいのは経験済みです。
 そこで嶋田氏は、先のメルカート三番街に入居した手づくり服飾雑貨屋さんを見て思いつきます。「こういう作家さんが、実はたくさんいるのではないか」と。北九州市内各地でフリーマーケットが盛んに行われており、数百人もの作家が出店などかなり盛り上がっているという情報に接します。

 ここから、あらゆる手でこのような巷の作家さん探しが始まります。しかし、「小倉のまちにはクリエーターはいないのでは?」といった声が耳に入ります。しかし、違うのです小倉では、クリエーターはいかにもクリエーターですという顔をしてまちを歩いていない。「そう、クリエーターはまちではなく家にいたのだ」。趣味の時間を家から町に引っ張り出してきて、それを仕事として成立させる。そういうことに気づいたわけです。
 こういう人たちに、家賃は小遣い程度5,000円から1万5,000円くらいに設定し150坪を区画割します。家賃1万円の入居者が40人集まれば、月40万円の家賃収入が見込めます。リノベーション事業としては、2年間くらいで投資回収が見込める、というような見込みが立ったわけです。

 こうして「ポポラート三番街」も開業にこぎつけます。まさに見事な発想、事業展開だと思いませんか。これだと、雇用は生む、ビルは再生する、収入も安定する、安定した収入は再投資に回せる、というわけです。

(つづく)

<プロフィール>
100609_yoshidaM&R 地域マーケティング研究所
代表:吉田 潔
和歌山大学国際観光学研究センター客員研究員/西日本工業大学客員教授/福岡大学商学部非常勤講師

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月19日 07:30

博多の食文化を次代に伝える役割を担い魚の熟成で新たな調理法の確立に挑む

 福岡の食文化に多大な貢献をはたしてきた「日本料理 てら岡」の会長・寺岡直彦氏が博多で創業したのは1976年9月、43年前のことである。わずか27坪で始めた店は、玄界...

2020年01月19日 07:00

顧客の要望に応え続けて事業領域を拡大 自律型社員を育成し、さらなる成長を目指す

 ソリューションは2000年2月、社名のごとく「お客さまの課題や問題の解決をすること」を事業目的に掲げ創業、来年で20周年を迎える。当初は、ビジネスフォンや複合機、電...

2020年01月19日 07:00

地域活性化を支える企画力と実行力

 志水建設は、北九州市を中心に、福岡県全域と山口県を営業エリアとして活動を展開している総合建設業者だ。拠点を北九州市の中心区である小倉北区と、福岡市屈指の商業地域であ...

2020年01月18日 07:00

理念と価値観を共感する仲間とともに 「街と人が輝く社会」を目指す

 一般電気工事から交通信号機設置工事、空調設備工事、電気通信工事まで幅広い事業を手がける第一電建(株)は2020年に50期目を迎える。同社は1971年6月に住宅、ビル...

2020年01月18日 07:00

地場で一番きれいな工事現場で地域活性化に貢献する

 スエナガは、2015年1月に設立された総合建設会社である。同社の代表取締役・出口洋一氏は、34年間、地場建設業の(株)末永工務店に勤務。一貫して技術畑を歩み、常務取...

2020年01月18日 07:00

TRGほか新サービスで解決目指す プレイヤーだからわかる業界の不便

 トリビュートは創業以来、「不動産再生」に主眼を置いてきた。不動産再生とは、「空室が目立つ」「用途が立地に合っていない」「土地が狭小、不整形地」などの課題を解決するこ...

2020年01月17日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」1月16日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年01月17日 12:59

デラックス得丼お試し価格19日まで Hotto Motto(ほっともっと)

 プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)は10日、同社が展開する持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」の全店舗で「デラックス得丼」を発売した。

2020年01月17日 12:59

原点回帰で収益改善を急ぐほっともっと 20年2月期第3四半期

 持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」を展開する(株)プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)が14日に発表した20年2月期第3四半期の決算短...

2020年01月17日 12:35

OCHIホールディングス(株)創業の礎を守り進化させる胆力

 2010年10月1日に越智産業(株)の単独株式移転により、持株会社として設立されたOCHIホールディングス(株)。直近の2019年3月期で1,000億円の売上高を突...

pagetop