• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月08日 07:03

ブロックチェーン革命とは?(後)

日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)

 「ブロックチェーン」とは、ブロックがチェーンのようにつながっていることを意味する。
 ブロックとは、個々の取引データをいくつかまとめたものを言う。ブロックのなかにある、個々の取引の記載内容を決めるのはユーザーである。過半数以上のユーザーから認められた取引データだけがブロックに記録され、永遠に残るし、誰もが参照できるようになる。取引が継続されるにつれて、ブロックはどんどんできあがる。
 ところが、ブロックができると、参加者のすべてのブロックも同じ内容にアップデートされる。同じデータがいろいろなところに存在しているため、中央集権的なデータベースではなく、分散型データベースになる。今までのデータベースは、金融機関が集中管理を行い、ハッカーの攻撃を防ぐために膨大な費用をかけている。
 しかし、ブロックチェーンの場合には、たとえ1つのブロックが攻撃を受けて壊れたとしても、別のブロックを参照することで、ブロックはすぐ修復ができる。今までは2者の取引を金融機関が保証していたが、ブロックチェーンの場合には、参加者全員が保証する仕組みだ。金融機関の介入がなくなるので、当然、取引コストも安くなる。
 それに、皆に情報が公開されていて、改ざんもほぼ不可能になり、セキュリティ性も強化されるわけである。今までの金融取引は情報を隠すことに重点を置いていたが、ブロックチェーンは、逆に情報を公開することで不正ができないようにするという、発想の転換である。

net-min ブロックチェーンが利用された代表的な事例は、ビットコインである。ビットコインがどのように使われているかがわかれば、ブロックチェーンも理解できるだろう。
 ビットコインを発明したのは、ナカモト・サトシという謎の人物である。ビットコインは当事者同士でやり取りできる電子貨幣で、P2Pネットワークを活用して、二重支払いも防止できるとされている。このP2Pネットワークで二重支払いを防止するのに使われる技術が、ブロックチェーンである。P2Pとは、インターネット上で、サーバーなどを経由せず、ユーザー同士がデータなどをやり取りすることを言う。ブロックチェーンは、別の言い方では、「公開台帳」とも言える。10分ごとに、10分間で取引した内容をまとめてブロックとして公開する。公開された記録と照らし合わせて、もしその他の記録に漏れや誤りがあったら、すぐ同期化される。取引があっても、取引として認められてブロックに記載できるのは、過半数以上のユーザーから認められた取引だけである。

 このようにブロックチェーンは、従来の金融機関が抱えていた高コストの壁を乗り越えられるし、同時にセキュリティ面での問題も解決している。
 またブロックチェーンは履歴管理ができるので、金融取引だけでなく、他の分野への応用も期待されている。

 それでは、ブロックチェーンは良いことずくめなのだろうか――。

 ブロックチェーンにはまだまだいろいろな改善の余地があって、研究開発が進んでいる状況である。今の状況で指摘されている問題点としては、ブロックチェーンの場合には、第3者の介入がないだけに、間違って送金した場合、それを取り戻すことは難しい。銀行の場合には、銀行に電話をかけて事情を説明して取引を修正してもらえるが、ブロックチェーンの場合には、電話をするところが存在しない。
 もう1つの問題点は、ブロックチェーンの匿名性である。取引当事者を特定できないため、麻薬取引などに悪用される可能性も高いし、徴税が難しくなる可能性もある。個人の自由は高まる反面、金融機関のビジネス機会喪失と政府統制が弱体化する恐れがある。

 しかし、ブロックチェーンの可能性は大きく、その未来にかけて世界的な大手金融機関は、しのぎを削っている。

(了)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

NHK抜本改革が必要不可欠であるという真実NEW!

 「NHKから国民を守る党」の立花孝志氏が参議院議員に当選し、同党が政党要件を獲得したことを契機にして、NHK問題に対する主権者の関心が高まっている。NHKが「公共放...

2019年08月19日 15:40

マツキヨHD、ココカラファインと経営統合の協議開始NEW!

 (株)マツモトキヨシホールディングス(本社:千葉県松戸市、松本清雄社長)と(株)ココカラファイン(本社:神奈川県横浜市、塚本厚志社長)が経営統合に向けた協議開始に関...

2019年08月19日 15:06

西日本新聞の柴田建哉社長殿、貴方は社を復活させる覚悟がありますか?(1)NEW!

 まずは弊社が発刊するI・Bの2019夏季特集号の巻頭文「『人口減』の先に待ち受ける、激変時代 企業の命運は朽ちるのか、あるいはいかに発展させるのか」を参照されたし。

2019年08月19日 14:51

フージャース、大分で99戸新築マンションNEW!

 大分市中島町2丁目で、まもなくマンション新築工事が始まる。物件名は「デュオヒルズ大分中島」で、地上15階建の総戸数99戸のマンション。建築主は(株)フージャースコー...

2019年08月19日 14:40

『脊振の自然に魅せられて』「夏だ! 沢登りの季節がやってきた」NEW!

 今年の夏は例年より暑さを感じます(加齢のせいもあり)。こんな時期の山旅は沢に限ります。福岡市早良区飯場に福岡市で唯一の大型渓谷「野河内渓谷」があります。この渓谷は井...

2019年08月19日 14:22

ライオンズクラブ337-A地区 明るい未来をつくるために(1)NEW!

 世界最大級の奉仕団体として知られるライオンズクラブ。同クラブは、『We serve』─「ライオンズクラブを通じて、ボランティアに社会奉仕の手段を与え、人道的ニーズを...

2019年08月19日 13:00

人間に死を選ぶ自由は存在しないのだろうか(前)

 NHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」(2019年6月2日放送)を見た。ある女性が全身の身体の機能が奪われる「多系統萎縮症」という回復の見込みのない難病と宣告され...

2019年08月19日 11:26

日韓の経済力格差は?(前)

 筆者は1981年に日本に留学する機会を得た。日本は1954年から1973年までの19年間、実質GDP成長率が9.3%という驚くべき成長を記録し、いわゆる高度成長を経...

2019年08月19日 10:50

海洋資源大国・日本の生きる道:海底に眠るレアアース泥でエネルギー革命を!(後編)

 「水を制するものは、世界を制す」。これが21世紀の資源争奪戦の現実である。狭い国土に人が密集しているが、石油などエネルギー資源の乏しい国。必要なエネルギー源の9割を...

2019年08月19日 10:39

【政界インサイダー情報】カジノ管理委員会の人事等、設立の準備が進む

 政府は今秋の臨時国会において、内閣府大臣官房の指揮下、カジノ管理委員会設立に向けた人事案を提出するとのことで、来年度の具体的な実行に向け、着々と準備が整っている。全...

pagetop