2024年05月23日( 木 )

博多屋台の名店「かじしか」が4月25日に復活!

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 全国各地からファンが訪れ、予約がなければ入れないことも珍しくなかった人気の屋台「須崎屋台かじしか」が、4月25日午後6時に店舗形態で復活する。屋台としての営業最終日となった3月31日、「かじしか」の大将・下村和代さんに、お客様へのメッセージをいただいた。ちなみに、同日は、これまでのご縁に感謝して、ラーメン一杯5円でサービス。人情あふれる博多・屋台の心意気を見せていた。

 「かじしか」は、福岡の地産地消をモットーとした料理が、各種メディアで話題になり、有名人も多数訪れる人気店。県外からも大勢のお客が訪れることから、紛れもなく「観光資源」といえる存在であった。昨秋、福岡市が行った屋台公募では、屋台本来の実力を度外視し、書類審査と面接だけで判断するという理不尽な選考によって落選。3月末で市の営業許可が取り消しとなるため、たくさんのファンに惜しまれるなかでの閉店となった。

 新店舗の住所は、福岡市博多区奈良屋町5-14。「かじしか」の味を待ちわびるファンが殺到することが予想される。ご予約などに関するお問い合せは、電話090‐1877‐3773まで。

【山下 康太】

 

関連キーワード

関連記事