• このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月19日 15:32

一般メディアが語る「中国」はわかりやすすぎる!(1)

東京大学大学院総合文化研究科 川島 真 教授

 今中国は世界の大国になった。中国を抜きにした世界や東アジアの構想は考えにくい。
 しかし、中国が「どのような大国なのか」あるいはこれから「どのような大国になるのか」と問われると答えに窮する。中国を説明する際の常套文句に「“群盲象を撫でる”ではなく、“等身大の中国”を捉えねばならない」というのがある。しかし、国土は日本の25倍、米国の2倍で人口は日本の10倍、米国の4倍、以上ある中国の「等身大」を一体誰が知っているのか。
 川島 真 東京大学大学院総合文化研究科教授に聞いた。川島先生は話題の近刊『中国のフロンティア』(2017年3月.岩波新書)と『21世紀の「中華」』(2016年11月.中央公論新社)を通して、この謎解きに挑戦している。そして、そこには、北京の言説からも、英語や日本語の言説からも、私たちが目にすることができなかった事実が書かれている。

きめ細かく、客観的に考察をしていく必要がある

 ――本日は近刊『中国のフロンティア』を中心に中国の「世界進出」(外交政策)について色々とお聞きしたいと思っております。

東京大学大学院総合文化研究科 川島 真 教授

 川島真氏(以下、川島) ご紹介いただいた近刊『中国のフロンティア』(2008年‐13年の事実)と昨年末に出版しました『21世紀の「中華」』(2012年後半‐16年の事実)はその成り立ちは大きく異なります。しかし、読者にお伝えしたかった点は共通しています。中国の外交政策は2008~9年頃から急速に変化しました。そうすると、次に「その変化をどのように説明するのか」ということが問題になります。この問題に対して、研究者はそれぞれが独自にとてもきめ細かく考えています。

 ところが、世間一般のメディア、言論空間で語られる内容は、しばしば「中国はおどろおどろしい強硬政策をとっており、何でも自分の思い通りにやろうとしている」という、とても“わかりやすすぎる”ものになっています。それは、それであながち間違いとは言いません。しかし、実態に即して、時系列に、もう少し丁寧に、きめ細かく、客観的に考察をしていく必要があると思っていました。

もう少し中国に寄り添って考える必要があります

 実態に即して考察をするとは、とりあえずはまず中国に寄り添って考える必要があるということです。

 論点は大きく分けて3つあります。1つ目は、中国外交の相手、すなわち世界進出する相手国の立場になって考えてみることです。日本のメディアでは、中国の世界進出を論じる場合、「中国が進出する」という中国が“主語”のものがほとんどです。中国が世界進出する際に中国側に要因があることはもちろんです。しかし一方で、中国を受け入れる主体がなければ中国は進出できません。つまり、受け入れ側にも要因があるということです。この双方から考察していかないと、正しい解を得ることはできません。

 2つ目は、中国の世界進出を全て主席(現在であれば習近平主席)の大号令のもとに、「一君万民体制」(ただ一人の君主にのみ生来の権威・権限を認める)で行われているというステレオタイプ的な見方が本当に正しいものであるかどうか、という問題です。

 3つ目は、日本に向けている外交姿勢が中国の全てで、日本以外の国に向けているものと同じであるかどうかという問題です。中国の外交姿勢は東西南北で大きく異なっています。その内、日本、米国、台湾などが位置する東に向けている外交姿勢が、現在では一番強硬で厳しいものとなっています。それに、対抗していかなければいけないことはもちろんです。

 しかし、一方で「では、日本は中国との関係に関し、未来に向けてどのような外交姿勢をとっていくべきなのか」を考える際には、残りの西南北に位置する国々(欧州、アフリカなど)への外交姿勢を考慮した上でないと、正しい判断はできません。

中国の現場「フロンティア」に行ってみることです

 以上の3つのことを考察していくための方法論は2つあります。1つは、時間があれば、実際にそのものが変化している中国の現場「フロンティア」に行き、あるいは中国社会の中に入って対話をし、その現場でものを考えることです。この方法論に基づき著したのが『中国のフロンティア』です。実際に私が、2008年から13年にかけて、アフリカ、東南アジア、或いは金門島などに行き、その現地の目線から捉えようと記してきた文章をまとめたもので構成されています。

 一方で、『21世紀の「中華」』は、2つ目の方法論に基づいて書いています。それは、文献を読み込んで「日本側がそれをどう受けとめているのか」、また「日本側がそれを受けとめた上で、海外発信をどのように行うべきか」という視点です。14年から16年に雑誌等に発表した短い文章を基本に構成されています。

(つづく)
【金木 亮憲】

<プロフィール>
川島 真(かわしま・しん)
 1968年神奈川県横浜市生まれ。1997年東京大学大学院人文社会系研究科博士課程、単位取得退学、博士(文学)。現在、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻教授(国際関係史)、専攻は中国近現代史、アジア政治外交史。世界平和研究所上席研究員、nippon.com企画編集委員長、内閣府国家安全保障局顧問などを兼任。
 著書として『中国近代外交の形成』(名古屋大学出版会、サントリー学芸賞)、『近代国家への模索 1894‐1925』(岩波新書)、『中国のフロンティア』(岩波新書)、『21世紀の「中華」』(中央公論新社)他多数。編著として、『東アジア国際政治史』(共編、名古屋大学出版会)、『チャイナ・リスク』(岩波書店)他多数。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年05月24日 18:41

【特報2】川﨑大資こと塩田大介氏の代理人弁護士がデータ・マックスに回答書で「警告」~横浜幸銀と佐賀銀行は不可解な「取材拒否」

  ■代理人弁護士は「やってはいけないことだった」 データ・マックスに届いた回答書  ※クリックで拡大  データ・マック...

2019年05月24日 14:21

【特報】参院厚生労働委員会で、データ・マックス記事をもとに秋元司内閣府副大臣を追及~川﨑大資こと塩田大介氏と関係があったことを認める

 昨日(5月23日)開かれた参議院厚生労働委員会で、立憲民主党の石橋通宏参院議員が質問に立った。質問の内容は、データ・マックスで5月21日に報じた記事に基づいたもの。

2019年05月26日 07:00
NEW!

【検証】関空連絡橋衝突事故を振り返る~未曽有の衝突事故は防げたのか(3)

 事故直後の一部報道では、宝運丸の走錨時、海上保安庁が2度にわたって警告を発したと報じている。

2019年05月25日 07:00

【検証】関空連絡橋衝突事故を振り返る~未曽有の衝突事故は防げたのか(2)

 運輸安全委員会のHP下部には、参考というかたちで掲載され、報告書の本文中「3 分析」に用いる分析の結果を表す用語について以下のように定義されている。

2019年05月25日 07:00

入場料のある本屋「文喫」、アマゾンとの差別化は“検索しない”本探し(後)

 どんな本でもネットで買える時代。でも本屋好きは、本屋にいくことをやめられない。何かを探すでもなく、なんとなく本屋に行って、思いがけなく面白い本にハマってしまうことが...

2019年05月24日 17:30

【申し込み終了のお知らせ】国際情勢フォーラム「米中覇権争いの行方とアジア、日本への影響」

 6月5日(水)に参議院議員会館1階101会議室で開催する国際情勢フォーラム「米中覇権争いの行方とアジア、日本への影響」は、参加者が定員である100名に達したため申し...

2019年05月24日 16:55

【検証】関空連絡橋衝突事故を振り返る~未曽有の衝突事故は防げたのか(1)

 2018年9月4日に近畿地方を通過した台風21号。「想定外」ともいえる暴風により、近畿地方を中心に大きな被害をもたらし、関西国際空港とりんくうタウンを結ぶ関空連絡橋...

2019年05月24日 16:24

リビン・テクノロジーズ(旧・シースタイル)が上場承認 東証マザーズ

   東京証券取引所は、不動産関連のウェブサービスを手がけるリビン・テクノロジーズ(株)(東京都中央区、川合大無社長)(旧・シースタイル)を上場承認した。上場するのは...

2019年05月24日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」5月21日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2019年05月24日 14:33

こうや豆腐摂取で「床ずれ」の治癒促進効果を確認

 旭松食品(株)(本社:長野県飯田市、木下博隆社長)は、凍り豆腐(こうや豆腐)摂取による、いわゆる「床ずれ」にあたる「褥瘡(じょくそう)」の治癒促進効果についての試験...

pagetop