• このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月24日 07:02

一般メディアが語る「中国」はわかりやすすぎる!(4)

東京大学大学院総合文化研究科 川島 真 教授

政治外交面では、緊張関係が東南アジア諸国とも

 ――話題をアフリカから、中国の東南アジア進出に移したいと思います。本書では、「中国・ASEAN南寧博覧会」の話が出ています。

 川島 中国は1990年代以来、ASEANとの関係を強化してきました。メコン開発協力に始まり、自由貿易経済圏の形成に至るまで、4半世紀に亘り、その協力関係は進展してきています。しかし、胡錦濤政権後半期には南シナ海問題が発生し、経済面でのASEANとの協力関係とは裏腹に、主権や安全保障などの政治外交面では、緊張関係が東南アジア諸国との間でも見られるようになっています。

 すなわち、中国は経済面ではASEANを通じた多国間主義をとりながら、南シナ海問題などでは、2国間関係で問題解決を図ろうとするようになっています。その中国とASEANとの間の経済面での協力関係を示す場には「ASEAN+1(中国)」がありますが、ここでは毎年9月に中国の広西チュアン族自治区の南寧(中国とASEAN諸国とのコネクティヴィティの前線基地)で開催され、東南アジアの各国首脳がやってくる「中国・ASEAN博覧会(“南博”・CAEXPO)」に注目してみました。

中国側の展示物が大半で、観客も中国人がほとんど

 本日の私の話で一貫して最も重要なことは、中国のことを、北京の言説からも英語や日本語の言説からも可能な限り離れて、考えてみようとするスタンスです。
 この博覧会は「中国・ASEAN間の自由貿易地域建設、相互協力、発展の促進」を旨として、商品貿易、投資協力、サービス取引がその主な内容とされ、中国・ASEAN間の商業貿易協力を拡大するための新しいプラットフォームになることが期待されていました。
また、「中国とASEAN諸国との友好の象徴」とも言われていました。

 私は2012年9月に“南博”(9.21‐25)を2度訪問しました。そして、南寧で地方政府当局や南寧駐在東南アジア諸国外交官、あるいは企業家などにインタビューを行いました。中国・ASEAN博覧会は、2004年から毎年この南寧で開催され、訪問した2012年は9回目でした。博覧会はメイン会場である南寧国際会展センター、南寧華南城、広西展覧館の3カ所で構成、全体のブースは4,600で、そのうちメイン会場が2,800、屋外が600、華南城の軽工業展が600、広西展覧館の農業展が600となっていました。

 先ず全体的な感想ですが、その印象は一般的に言われていた、東南アジアと中国との関係性を示す象徴という、内容とは異なっていました。メイン会場には主に自動車が並んでいましたが、世界の自動車産業の一大生産地であるタイで製造された自動車は展示されていませんでした。一見すると中国で生産された車ばかりでした。全体的に、中国側の展示物が圧倒的に多いのです。

 この違和感は会場を回ることによってますます強まっていきました。ASEAN進出を企画している中国企業や大学のブースや台湾からのブース(この頃中国は、ASEAN+中国の枠組みに台湾を組み込むことを模索していた)が目立ってきました。また見学者のほとんどすべてが中国人だったのです。

 3カ所の会場の全てを回り、感覚的にはさまざまな印象を持ちましたが、大きく以下の3点にまとめられると思います。第1に、この博覧会が中国・ASEANの協力の象徴という位置付けが与えられているにもかかわらず、全体としては中国側の展示物で占められており、もちろんここを訪れる“観客”の大半も中国人であったことです。第2に、初日の政治的なイベントや、おそらく別室で行われていた商談等の様子は見えなかったので判断は難しいのですが、少なくとも会場を表面的に見れば、中国人が各ブースの展示物を“購入”することが、この会場で行われていたことです。第3に、この博覧会の在り方が当時模索中であり、その後変化していく可能性に満ちていたことです。

 実際、中国はそれ以後も博覧会を続け、また昆明でも「中国+南アジア博覧会」(2014年6月)を開催するようになっていきました。

“西部大開発”関連であることは容易に想像できる

 では、なぜこのような博覧会が、チベットは除く、中国の国境線に近い、諸省・自治区で行われているのでしょうか。

 広東の西に位置する広西チュワン族自治区は、雲南省とともに、GMS(大メコン圏)開発計画の構成メンバーになるなど、中国の大陸部東南アジアへの「窓口」として知られています。「中国・ASEAN博覧会」は、まさにその象徴としての存在であり、毎年中国とASEAN諸国の大臣が集まります。南寧はこのような政治的な場であり、相応に財政面でも手当てがなされる場なのです。

 このような中国の政策は、沿岸部で上げられた利益を使いながら内陸の発展を促す、いわゆる“西部大開発”と関連したものになっていました。南寧への中央からのてこ入れも、ASEANとの関係を雲南や広西といった(中国にとっての)辺縁地域の発展に絡ませていくためになされているものと理解することもできます。この南寧に「絡んでくる」東南アジア諸国も、そうした中国の意向、広西や南寧の意向を承知していると思います。インタビューした、南寧駐在のある東南アジアの国の外交官が、これを称して「南寧ゲーム」と言ったことが印象に残っています。

(つづく)
【金木 亮憲】

<プロフィール>
川島 真(かわしま・しん)
 1968年神奈川県横浜市生まれ。1997年東京大学大学院人文社会系研究科博士課程、単位取得退学、博士(文学)。現在、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻教授(国際関係史)、専攻は中国近現代史、アジア政治外交史。世界平和研究所上席研究員、nippon.com企画編集委員長、内閣府国家安全保障局顧問などを兼任。
 著書として『中国近代外交の形成』(名古屋大学出版会、サントリー学芸賞)、『近代国家への模索 1894‐1925』(岩波新書)、『中国のフロンティア』(岩波新書)、『21世紀の「中華」』(中央公論新社)他多数。編著として、『東アジア国際政治史』(共編、名古屋大学出版会)、『チャイナ・リスク』(岩波書店)他多数。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年04月08日 16:38

シリーズ・コロナに潰される

 コロナウイルスの終焉がいつになるかによって変わってくるが、ある経済団体での討議のなかで「中洲の正常化が3カ月後の6月末であれば、まだ未練がある」という発言があった。...

2020年04月08日 15:30

アネーラ税理士法人が横浜事務所を設立

 アネーラ税理士法人(福岡市中央区)と河村会計事務所(神奈川県横浜市)は4月1日付で経営統合し、アネーラ税理士法人横浜事務所を設立した...

2020年04月08日 15:18

(株)アキラ水産が持株会社制に移行~(株)アキラホールディングスに

 (株)アキラ水産(福岡市中央区)は1月24日に(株)アキラホールディングスを設立し、持株会社制に移行した...

2020年04月08日 14:35

かたはらいたしの御用芸人政権擁護発言

 全世帯に布製マスク2枚を郵送で配布する。マスクが不足しているのは事実だが、マスクを保持している人もいる。布製マスクはサージカルマスクと比べれば性能が落ちる...

2020年04月08日 14:09

産業廃棄物を自社敷地内に不法投棄~神奈川県の建設会社に営業停止処分

 神奈川県は3月23日、土木一式工事などを手がける(株)立川建設(神奈川県相模原市、西埜進代表)に対し、営業停止7日間の処分を下した...

2020年04月08日 13:11

井筒屋、緊急事態宣言を受けて一部休業

 福岡県に緊急事態宣言が発令されたことを受け、北九州地区で百貨店を運営する(株)井筒屋は8日、小倉店と黒崎店のショップの一部休業を発表した。今回の判断は各ショップによ...

2020年04月08日 12:30

民間再開発ラッシュ、名古屋・栄はどう変貌するのか?(前)

 名古屋市中区にある栄地区(約9.4km)は、松坂屋、三越などの百貨店や、パルコなどのショッピング施設のほか、ルイ・ヴィトンなどの海外高級ブランド店などが集まる。中央...

2020年04月08日 12:08

スペワ跡地に賑わい取り戻せるか アウトレット&新科学館が22年開業(後)

 「またいつか、別の星で、会いましょう。」――スペースワールドは17年12月31日をもって、市民を始めとした多くのファンに惜しまれつつも閉園を迎えた...

2020年04月08日 11:55

社内コミュニケーションを向上させ、ボトムアップでより良い決定ができる会社に(前)

 (株)ニシケンの新社長に2020年1月、田中誠一氏が就任した。金融業界出身の田中社長は、他社に自社の資産を貸すという点において建機レンタル業界との類似性を感じるとと...

2020年04月08日 11:39

【追報】石村萬盛堂前社長・石村善悟さん死去

 (株)石村萬盛堂の前社長・石村善悟氏が4月8日、福岡市内の病院で死去した。71歳。石村氏は東京大学卒業後、1971年に同社入社。専務取締役を経て79年に3代目社長に...

pagetop