2024年04月19日( 金 )

インパールに学べ!誤った為政者を生んではならない

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、第二次世界大戦で凄惨を極めたインパール作戦のときから何ら変わらずに自分ファーストで教養が欠落したリーダーが支配を続ける日本について触れた、8月15日付の記事を紹介する。


「戦争を美しく語る者を信用するな。彼らは決まって戦場にはいなかった者なのだから」

これは、評論家の沢木耕太郎氏が、映画『父親たちの星条旗』でクリント・イースドウッド監督が伝えたかったメッセージだとして表現した言葉である。

NHKスペシャルが「インパール作戦」の実態を伝える番組を放映した。国家の上層部、軍の上層部の大半が「自分ファースト」であり「教養が欠落」している。この伝統を日本はしっかりと守っている。現在に通じる「自分ファースト」と「教養の欠落」が支配する日本の支配層。これが国民を不幸にしている。

国民がこの事実に気付いて、上層部を変えることをしなければ、結局、国民自身が傷つくだけである。自分を安全な場に置いて、国民や兵士を虫けら同然に扱う。そのような者に限って、危険が迫ると、我先に安全な場所に逃げ出すのである。残念ながら、これが現実。これが「上層部」の実態である。例外的に人格、見識ともに優れた者が上に立つ場合がある。しかし、それは例外でしかない。

中日新聞が8月15日紙面でなかにし礼さんのインタビュー記事を掲載した。日本軍が中国に侵略し、1932年に満州国を建国した。しかし、国際連盟はこの国を認めなかった。いまでいう、イスラム国のような存在である。

日本政府は国策として、農村部から移民団「満蒙開拓団」を送り込んだ。約27万人の国民が送り込まれた。日本は国際連盟を脱退し、孤立を強め、無謀な戦争に突入していった。1945年8月8日、ソ連が対日宣戦を布告。南進を開始し、満州に侵攻した。

このなかで、軍人とその家族は軍用列車でいち早く逃亡を図った。満蒙に送り込まれた開拓団が列車にしがみつくと、将校は、「離れないと指を切り落とすぞ」と軍刀をかざし、貨車のなかにいたなかにし礼氏に「その手を振り払え」と叫ぶ。

なかにし氏は命令に逆らえば自分も殺されるなかで、指一本一本をもぎとるようにはがしていった。満蒙に送り込まれた国民は、関東軍によって棄民された。そして、日本政府は「居留民はできるかぎり現地に定着せしめる」という外務省の訓電によってさらに棄民された。

無謀極まりないインパール作戦を強行した牟田口廉也中将は、「5,000人殺せば敵地を取れる」と言い放っていたが、危険が迫れば、自分だけが誰よりも先に現地から逃亡した。戦後になっても、自己正当化し続けるぶざまな姿を晒し続けた。

「自分ファースト」と「教養の欠落」者が上に立つことほど恐ろしいことはない。

弁護士の梓澤和幸氏は新著『改憲 どう考える 緊急事態条項・九条自衛隊明記 ありふれた日常と共存する独裁と戦争』(同時代社)に、こう記す。

「私の父母の体験、その体験で傷ついたまま報われることのなかった戦後と、東北の村から出てきた二〇歳の青年が伝える、お母さんとその家族がなめた辛酸には共通するところがある。その共通性とは、『為政者の敷いたレールを、これでいいのかと、自分に問うことなど一度もなかった』ということである。自分に問い、疑うことさえない。個人が全体にがっしりと組みこまれた現実。
ふつうに暮らし、疑うこともせずに言われるままに店を閉じ、兵営に赴き、その兵営で子どもの不条理な死を聞いて卒倒した父。住み込みの店員さんの東北の村の母は、不安と孤独をかみしめながら、出征する夫を送り、そして戦後の公報を受けとった。
ここにあるのは、運命にただひたすら従うほかなかった人々の人生である。そして、その対極にあったのは、家庭から大黒柱を無償で抜きとり、兵営に召集し、さらには一家の財産を奪って軍事に動員する『国家』という強大な力である。」

国が道を誤れば、愚かな者が為政者になれば、それによって、何の罪のない人々のすべてが損なわれてしまうのである。

民主主義体制の国にあっては、国のあり方、誰を為政者にするのかを決める権限を持つのは国民である。主権者である国民が、意識して、誤った政治体制、誤った為政者を生み出さないようにしなければならない。これを実現できなければ、悲劇は繰り返されることになる。

※続きは8月15日のメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」第1821号「インパール・満州国から続く人格教養欠落上層部」で。


▼関連リンク
・植草一秀の『知られざる真実』

 

関連キーワード

関連記事