わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年02月20日 07:03

健康食品の広告問題、「L-92乳酸菌」の広告を問う(中)

 

取材を避けるアサヒ

 この問題を考察するため、まず「L-92乳酸菌」の医薬品的な効能効果をうたった新聞広告と関連法規について整理する。

 健康情報ニュースが報じた「健康食品の広告問題、『業界紙』の広告を問う」(記事URL)、「続・健康食品の広告問題、『業界紙』の広告を問う」(記事URL)では、業界紙が掲載する健康食品の原料広告について検証。業界紙であっても原料広告であっても、医薬品的な効能効果をうたうと医薬品医療機器等法(薬機法)に違反することを明確にした。だが、今回の「L-92乳酸菌」の広告はやや事情が異なる。

 花粉症やアトピー性皮膚炎、インフルエンザなどの改善効果をうたっていることから、「L-92乳酸菌」の新聞広告は、一義的に薬機法が適用される。薬機法に基づく取り締まりや指導を行う場合、第68条の「承認前の医薬品などの広告の禁止」に抵触するかどうかが問われる。その際、広告の3要件を全て満たすことが必要となる。

 薬機法の広告3要件は次のとおり。

(1)顧客を誘引する意図が明確にあること。
(2)特定医薬品の商品名等が明らかにされていること。
(3)一般人が認知できる状態であること。

 業界紙が掲載する原料広告の場合、広告主が原料メーカーであり、また、広告する原料を他社へ販売することを目的としている。3要件を全て満たすため、医薬品的な効能効果をうたうと薬機法に違反する。

 これに対し、「L-92乳酸菌」の広告は、広告主が「環境・生活習慣型アレルギーケアフォーラム」と称する学術団体である。また、原料自体を他社へ販売しているかどうかも明確でない。

 このため、記者はアサヒグループホールディングス(株)に対し、「L-92乳酸菌」を他社(グループ外の企業)にも原料として販売しているかどうか、同社と同フォーラムとの関係、同社が広告費用を負担しているのか――などを質問した。だが、同社は「回答は控えさせていただきたく存じます」(広報部門)と取材拒否の姿勢を示す。

 ただ、同社では「広告に関しては法規を遵守して制作をしております。取材を頂いてもこれ以上お答えできませんので、今回の取材に関してはお断りさせていただきます」(同)としている。

カギ握る消費者の受け止め方

 新聞広告だけを切り取って考えると、薬機法の広告3要件を満たさない可能性もあり、薬機法の適用は難しいのではないかという意見もある。しかし、「L-92乳酸菌」の医薬品的な効能効果をうたった広告を掲載した翌日に、同じ新聞に、この乳酸菌を配合したサプリメントの折り込みチラシを入れた場合はどうか。

 このケースで問われるのは、消費者がどう受け止めるか。消費者が「L-92乳酸菌」を配合したサプリメント『アレルケア』の折り込みチラシを見て、前日の新聞広告に掲載された医薬品的な効能効果と結び付けるかどうかが問題となる。もし、消費者が新聞広告とチラシを結び付ければ、これら一連の広告は違法行為に該当すると考えられる。そこで、消費者団体関係者に話を聞いた。

 この問題を提起した(一社)消費者市民社会をつくる会(ASCON)の阿南久代表理事は、「研究成果の広告を見て、翌日の商品チラシを見れば、必ずこれだと思う」と断言する。「新聞広告とチラシは明らかにセット。チラシが翌日でなく、1週間後に入ったとしても結び付く」とみている。

 次に、主婦連合会・参与の佐野真理子氏は次のように話す。

 「新聞広告を見た消費者は『L-92乳酸菌』はすごい(効能効果がある)と思って、翌日のチラシを見て『アレルケア』のことだと思うはず。商品チラシだけを見るのと、(医薬品的な効能効果を説明した)新聞広告と一緒に見るのとでは、受ける印象が全く違う。同じ乳酸菌なので(サプリメントにも)同じ作用を期待してしまう」。

 さらに、佐野氏は「学会の広告なので、消費者はうそではないと思うだろう。医師や研究者の話を信じてしまう。花粉症やアトピーで困っている人は多く、なんとかしたいと思う気持ちにつけこんでいる」と批判する。

 前・全国消費者団体連絡会事務局長の河野康子氏にも、新聞広告と折り込みチラシを見てもらったところ、次のように述べた。

 「非常によく考えられた勧誘だと思う。最高裁判決につながったサン・クロレラ販売訴訟と同様ではないかと思った。消費者が誤認しやすい状況を巧妙に生み出している。新聞社のチェックは入らないのだろうか」。

 このように消費者団体関係者の間では、新聞広告と折り込みチラシを結び付けるのが、一般的な消費者の感覚であるとの見方で一致している。

 河野氏が指摘するように、新聞社の考査はどうなっているのかという疑問もわく。この点について、(株)日本経済新聞社に質問したが、同社からは回答を得られなかった。

(つづく)
【木村 祐作】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月08日 07:00

知的に自立した若者を育てよ〜教育現場からの報告と提言(3)

 このような調子でこれまでどうやって入試や定期試験をクリアしてきたのか、と学生に率直な質問をぶつけてみたことがある。そのとき、ある学生の一群(私立大)は、それは誇らし...

2021年05月08日 07:00

被災地復興や新型コロナ禍への対応 高まる業界団体としての存在感(後)

 『具体的な要望としては、軽油引取税についてですね。軽油は一般的にディーゼルエンジンなどに利用されて軽油引取税がかかりますが、最終処分場で使う重機については減免されて...

2021年05月07日 18:56

【成り行き注目】(株)九設(大分)/電気設備工事ほか

 同社は、5月6日付の決済が不調に終わったことが判明した。

2021年05月07日 17:59

芝浦グループ 建築中の新本社ビルを公開

 芝浦グループホールディングス(株)は、45周年となる2022年に向けて、福岡市中央区に新本社ビルを建設している。これまで同グループが施工してきた物件のなかでも最大級...

2021年05月07日 17:52

掲載予告~山口FGの吉村猛社長に対する「内部告発状」が当社に届く

 当社児玉社長と浜崎裕治顧問宛てに、山口銀行の現役行員から4月30日付で山口FGの吉村猛社長に対する「内部告発状」が送付されてきた。詳細については来週月曜日から掲載す...

2021年05月07日 17:45

【5/30まで】国際政治経済学者・浜田和幸氏の「創作漢字書展」が開催中

 メルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏の「創作漢字書展」が東京・銀座...

2021年05月07日 17:38

イーロン・マスク氏が先導役を務めるBMIビジネスの最先端事情

 世界を騒がすことに関しては天才的な能力を発揮するのがイーロン・マスク氏である。確かに、電気自動車の「テスラ」から宇宙ロケットの「スペースX」の開発などを通じて世間を...

2021年05月07日 17:24

被災地復興や新型コロナ禍への対応 高まる業界団体としての存在感(前)

 産業廃棄物を適正処理することは生活環境の保全と国民経済の発展を図るために不可欠なうえ、近年は大規模災害の多発などで被災地における災害系廃棄物の処理も大きな社会問題と...

2021年05月07日 16:53

米大手EC「iHerb」、コロナ禍で日本向けサプリの需要拡大

 サプリメント先進国である米国の大手EC・ネット通販企業「iHerb」では、サプリメントや化粧品など3万点に上る商品を185カ国、3,000万人以上の顧客に向けて、国...

2021年05月07日 16:00

【コロナで明暗企業(6)】日本製鉄と日立製作所~企業城下町の栄枯盛衰(前)

 新型コロナウイルスの感染拡大は、全国の「企業城下町」の経済に深刻な打撃を与えた。企業城下町には大企業の工場に部品を納入する下請業者、孫請業者が幾重にも連なる...

pagetop