• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年03月28日 11:39

島根益田信用組合~女性職員が4,700万円を着服

※クリックで拡大

 島根県にある島根益田(信組)(本店:島根県益田市駅前町14-23)は24日、支店に勤務していた女性職員が、2004年10月頃から17年12月にかけて、本人および親族の借入金返済のために、金庫室に保管していた現金4,743万6,000円を13年間にわたり着服していたことを明らかにし、1月19日付で懲戒解雇処分していたことがわかった。

 同信組によると、着服が発覚したのは昨年12月29日。本部が各支店から余剰金を送付させた際、元職員の支店からの金額が想定の半額ほどしかなかったため特別調査を実施。元職員は着服を認めたという。

 同信組は別表の通り、2カ月後の3月2日、「不祥事件発生について」で、その概要を発表しているが、その対応は遅かったのではないだろうか。

人事管理を検証する

◆同組合は益田市に本店営業部を含め5店舗。浜田市に1店舗あり計6店舗で営業している。2017年3月期の預金残高は約255億円。貸出金は156億円(いずれも平残)。
・横領した元職員はそのうちの1支店に13年間、転勤もなく出納の責任者だったという。定期的な人事異動をしなかった本部の責任は重い。着服は「起こるべくして起きた」といわれても仕方がない杜撰な人事管理だったのではないだろうか。

着服の手口

 着服の手口は単純だった。1万円札100枚の帯封の上と下だけは1万円札にし、中は1000円札98枚を挟んで帯符していたという。表面的には100万円の束ではあるが、実際には「118,000円」しか入っていなかったことになる。またドンゴロス(麻袋)に入れている500円硬貨を10円硬貨にすり替えていたこともわかった。

現金管理を検証する

 1万円札と1000円札の縦幅は76mmで同じだが、1万円札の横幅は160mm、1000円札は150mmなので10mm短い。千円札98枚を1万円札で上下を挟むと段差があるためすぐ見分けがつく。そのため10束を大きな帯符で覆いごまかしていたと推察される。

◆100万円の帯符の中味は118千円であり、差額は882千円。4,743万円の横領であり、53束以上が偽装されていたと思われる。
・着服があった支店は月に1回程度、ほかの職員が定期的に現金を検査していたと説明しているが、実際は検査していなかったのではないだろうか。
・私が勤務していた銀行でも1カ月に1回、必ず現金検査を実施していたが、当番に指名されると大変で、金庫室だけでなく、出納手持ち現金および各テラーの手持ち現金を1円まで、検査をしていたことが今となっては懐かしく思い出される。

まとめ

島根益田(信組)本店(3月25日撮影)

 竹本義正理事長は「お客さまならびに関係各位の信頼回復に向けて再発防止策を徹底し、今後二度とこのような不祥事は発生させないよう取り組む」とコメントしたが、一方で元職員の親族が横領金を弁済していることを理由に、「本件は組合内現金の着服であり、お客さまとのお取引に影響を与えるものではない」として、元職員を刑事告訴しない方針を示した。

 その裏には刑事告訴すれば、同信用組合の杜撰な人事管理や現金管理が白日の下に晒されることを恐れて忌避したものと推測される。

 この不祥事により、全国148の信用組合だけではなく、全国の金融機関に対し、現金検査の厳格化に警鐘を鳴らした点は大きいが、ただその責任の取り方は甘く、役員3人だけが報酬を3月から3カ月間、わずか10%減額する処分を発表して、幕引きを図ろうとしているのが透けて見える。

 島根県に信用組合は1つしかない。島根益田(信組)は、この苦しい時こそ、役職員が一致団結して顧客の信頼を取り戻すために、また今後、二度とこのような不祥事件を起こさないためにも毅然と刑事告訴すべきではないだろうか。

【(株)データ・マックス顧問 浜崎裕治】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月08日 17:55

加速する建設現場へのICT技術の導入、「i-Construction大賞」授賞式開催〜国土交通省NEW!

 国土交通省は5日、「i-Construction大賞」の授賞式をオンラインで開催した。同賞は、建設現場の生産性向上を図る「i-Construction」に係る優れた...

2021年03月08日 17:44

アフターコロナの市民の心を癒す「パブリックアート」の大きな役割!(1)NEW!

 ニューヨークはアートの街として2つの点で有名である。1つは、ニューヨークには「メトロポリタン美術館(MET)」「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」など83もの美術...

2021年03月08日 17:32

【東日本大震災から10年】宮城県で津波を経験、九死に一生を得るNEW!

 ゼオライト(株)の常務取締役・松井真二氏は2011年3月9日、フジパン仙台工場の水処理プラントの設置を行うため、河村恭輔名誉会長(当時・会長)と河村勝美会長(当時・...

2021年03月08日 17:07

【福岡県知事選2021】元国交省局長・奥田氏が出馬断念 2日の速報ピタリNEW!

 小川洋・福岡県知事の辞職にともなう県知事選に出馬する意向を示していた、元国交省局長の奥田哲也氏(59)が今日午後、立候補を断念すると表明した。自民党の二階俊博幹事長...

2021年03月08日 16:51

大野城~水城橋梁補修、14.8億円で前田建設工業が落札NEW!

 福岡県北九州高速道路公社発注の「大野城~水城橋梁補修工事(R2-3)」を、前田建設工業(株)九州支店が14億8,690万円(税別)で落札した...

2021年03月08日 16:22

テスラは電気自動車の最後の勝者になれるのか?NEW!

 二酸化炭素の排出抑制など、環境への配慮を優先する機運が高まり、自動車業界でも電気自動車へのシフトが本格化している。そのような状況下で、新型コロナウイルスによるパンデ...

2021年03月08日 16:09

【怪文書】故・田中久也県議の後継めぐり怪文書 出所をほぼ特定NEW!

 昨年12月30日に亡くなった自民党福岡県議の田中久也氏(享年87)の後継をめぐる補欠選挙が、県知事選と同じ4月11日に行われる...

水のリーディングカンパニーとして 地域社会に安心安全を提供し続けるNEW!

 ゼオライト(株)は1969年11月、「良い水創り・人財(ひと)創り」を経営理念に河村恭輔氏が創業。70年8月に株式会社に改組して、恭輔氏が代表取締役に就任。2004...

街をデザインすることで地域貢献 時代を越えて残る住まいを提供NEW!

 西武ハウス(株)は、「デベロッパー業務を通じて広く社会に貢献する」という経営理念のもと、環境・プラン・品質・デザインあらゆる点で「つくり手が住みたくなる住まい」を追...

2021年03月08日 14:57

ポスト・コロナ時代をどう生きるか?変化する国家・地域・企業・個人、そして技術の役割(5)

 『安倍前首相は米国とイランの国際関係を仲裁しようとイランを訪問しましたが、イラン核合意では成果が出ませんでした。欧州はイランの核合意復帰を望みますが、バイデン政権は...

pagetop