2022年05月19日( 木 )
by データ・マックス

新幹線長崎ルート、フリーゲージでの関西直通断念へ

 国土交通省は、開発していたフリーゲージトレイン(FGT。列車の車輪幅を可変にすることで、線路幅の違う新幹線と在来線の相互乗り入れを可能にする技術)による関西直通について、「困難」とする見解をまとめた。FGTとフル規格新幹線では運行上の最高速度が異なり、ダイヤ編成が難しいため。
 新鳥栖~武雄温泉間約50kmについて、フル規格新幹線・ミニ新幹線・FGTの3方式を比較し、検討が進んでいた。

 また、フリーゲージトレイン導入にかかわる佐賀県の追加事業費は、県の試算約800億円をはるかに超え、千数百億円になるという試算も出された。

 技術、予算の両面から大きな障害に直面したフリーゲージトレイン。はたして九州新幹線長崎ルートが「出発進行」となる日は来るのだろうか。

【深水 央】

 

関連キーワード

関連記事