特別上映会「忘却の引揚げ史」
11月26日(日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年11月17日 10:35

「引揚港博多湾」特別上映会を開催 下川正晴氏のトークセッションも

 第二次世界大戦後、大陸でソ連兵などによって性暴力の被害を受けた女性たちは、博多湾に引き揚げた後に、二日市保養所で中絶手術と治療を受けた。その数、400~500人に上ったという。

 1978年、RKBのドキュメンタリー番組として放映された「引揚港博多湾」。ディレクターを務めた上坪隆氏(故人)自身も満州からの引揚者。二日市保養所のほか、博多・御供所町にあった引揚孤児施設「聖福寮」などの様子を収めたこの番組は、1978年度日本民間放送連賞・社会部門優秀賞を受賞した。現在視聴する手段はほとんどなく、「幻の名作ドキュメンタリー」とされている。

 「引揚港博多湾」の上映と合わせ、「忘却の引揚げ史~泉靖一と二日市保養所」を著した下川正晴氏と、福岡在住の歴史研究者・浦辺昇氏によるトークセッションも行われる。

【深水 央】

■特別上映会「忘却の引揚げ史」 幻のドキュメンタリー「引揚港博多湾」を上映

<日 時>
11月26日(日) 午後2時30分~午後4時30分

<会 場>
福岡市立博多小学校体育館(福岡市博多区奈良屋町1-38)

<料 金>
無料

<お問い合わせ>
下川正晴氏(090-9796-1720)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

pagetop