• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月11日 10:18

シシリー島便り・日本人ガイド、神島えり奈氏の現地レポート~シシリーでの子育て経験(前)

 シシリー島についに夏がやって来た。11月から3月にかけて雨期となる冬は、湿度が90%を超える。ジメジメとし、気温は海側の街で最低気温が2℃~3℃、最高気温は10℃前後だ。

 内陸に数十キロ進んだ標高700m程の山は冬の積雪量が1m以上で、スキー場もある。海沿いに住む島民は雪を触りたくてスキー場へ出かける。そんな彼らがスキーをする様子を見ると小中学生のころまでスキーをしていた私としては、つい笑みがこぼれてしまう。

 シシリーが最も寒いのは1月、2月。4月下旬ともなると、観光シ-ズンが始まる。シーズンの始まりである今の時期は、何といってもシシリーの小さな島々がおススメだ。それほど観光客で混雑することもなく、トルコブルーの海を思う存分、満喫することができる。7月を過ぎると足の踏み場もないほどの混み具合で、ホテルなどの宿泊施設を抑えるのも難しくなる。

 トラパニ県にエガディ諸島があるが、そのうちの1つ、ファヴィニャーナ島には1800年代からマグロ工場として使われた建物が、現在も博物館として残っている。当時イタリア国内初の、幼児預かり所を職場の施設内に設けた場所だ。現在でこそ共働き、シングルマザ-の社会進出は当たり前になってきているが、その時代は大変画期的だったはずだ。

 シシリーの家庭ではおよそ80%の母親が働きに出る。正社員として雇用されて働く母親は大変少なく、パートで働く母親がほとんどだ。そんな女性たちの強い味方は、祖父母たち。一般的に中学生(家庭によっては高校生)までは、両親など大人が学校への送り迎えをする。40年ほど前までは、日本のように、近所の学校まで子どもたちだけで登下校をしていた。それが今日、「子どもが誘拐され遠くへ売り飛ばされる!」と人々は恐れ、学校の登下校だけではなく、近所で子どもたちだけで遊ぶ姿もほとんどなくなった。日曜日でもショッピングセンターや映画館、海辺の散歩など祖父母が孫たちの手を引いて歩いている光景は多い。

 私は、2007年6月3日にパレルモ市の市立病院で人生初の、しかも海外での出産を経験した。日本でさえ経験したことのないことに立ち向かう緊張感は、入院前まではそれほどなかった。ある日の朝、自宅で破水し、病院へ行くと安静のため、すぐ入院となった。

 予定日から1週間が過ぎていた。痛みもまったくなく、今晩か明日くらいの出産になるだろう、と言われ、のんびり夫と昼食をベッドでとった後、午後3時過ぎに陣痛が始まり、その痛みは人生で、これまでに感じたことがない未知の世界で、緊張と痛みのために、全身が麻痺状態になってしまった。陣痛だけでなく、ベッドのシ-ツをめくったその瞬間、夫と男性看護師は顔面蒼白になったそうだ。シーツは血で真っ赤に染まり、私は強い痛みと麻痺で話すこともできず、顔はまるで妖怪のようだったと夫は語る。

 病室内が看護師、医師たちの出入りで慌ただしく、意識が朦朧とし、質問をされても頭の中が混乱している状態の中、2時間後の夕方5時に娘を無事出産した。生まれ出てきたその瞬間、痛みはとれ、全身のしびれが一気にとけていくような感覚だった。出産翌日は、夫の親戚一同が生まれたばかりの赤ん坊見たさに興味津々で、病室内は30人以上の見舞い客で賑わった。

 腕には点滴がついたまま、母乳もあげないといけないし、少し1人になりたいと思ってしまう日本人の感覚とは違い、最大のイベントを皆でお祝いし、大事な瞬間を母親1人に放っておくなんて無神経な、まして外国人だし、というわけで出産3日後の退院まで人の嵐は続き、日本から母も手伝いに駆けつけてくれ、無事パレルモの自宅に戻った。

 海外での子育ては、義父母の厚い援助で現在に至るまで何とかやれている。産休を終え仕事に復帰したが、慣れるまでは大変だった。でも日本で子育ての経験がなかったのは逆に良かったのかもしれない。あらゆるサービスが完璧である日本と正反対の、そしてイタリア国内でもさらに後退しているシシリーで子育てなんて、と日本の方々からは思われるが、これが普通だと割り切ってしまえば意外とやりきれるものだ。

 乳児を連れて出かけるときも、日本のように便利ではない。たとえば、授乳スペースが公共の場にはまずほとんどない。ピッツェリアで隣のテーブルで授乳するママもいる。周りにいるこちらのほうが少し恥ずかしくなってしまう。

 オムツ替えのあるトイレも少ない。それだけ不便な社会でも、母親たちは自分のライフスタイルを崩さない。夜11時を過ぎても、ベビーカーを押しながら友だちとジェラートを食べたりする。決して「不良ママ」というわけではなく、また毎日というわけでもない。家の中に引きこもらず、ストレス解消口をそれぞれ見つけているのだ。とくに夏には、夜12時過ぎまでたくさんの家族連れや、友だち同士で街中や海沿いは人だかりになる。音楽をかけて踊ったりおしゃべりしたりする。話す内容は、料理、人のうわさ、親戚の悪口などがほとんどだ。

(つづく)

<プロフィール>
神島 えり奈(かみしま・えりな)
2000年上智大学外国語学部ポルトガル語学科を卒業後、東京の旅行会社に就職。約2年半勤めたのち同社を退職、単身イタリアへ。2003年7月、シシリー島パレルモの旅行会社に就職、現在に至る。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年06月20日 17:19

山県亮太、福岡市で開催の日本陸上競技選手権大会を欠場

   福岡市の博多の森陸上競技場で27日に開幕する「第103回日本陸上競技選手権大会」に出場予定だった男子100mの山県亮太選手(27)が気胸のため欠場することがわか...

2019年06月20日 16:52

「俺が嫌なら野党は一つに」、山本太郎氏が消費税5%で枝野氏らを鼓舞~新宿

 新党「れいわ新選組」の山本太郎参院議員が予算委員会の開かれない原因を「立憲民主党」と名指ししたことに関し19日、山本氏は東京・JR新宿駅前で開いた街頭記者会見で「け...

2019年06月20日 16:15

日産・ルノー、米ウェイモと自動運転で独占契約締結

 日産自動車とルノーは、アメリカのグーグル系企業・ウェイモとドライバーレス・モビリティサービス(無人自動運転サービス)に関する独占契約を締結した。

2019年06月20日 15:53

ザ・ビッグ久留米すわの店 ゆめマート跡地に居抜き出店

  マックスバリュ九州(株)(本社:福岡市博多区、佐々木勉社長)は7月19日、福岡県久留米市に「ザ・ビッグ久留米すわの店」をオープンする。

2019年06月20日 13:52

平成30年の行方不明者87,962人~認知症原因は16,927人

 警察庁がまとめた「平成30年における行方不明者の状況」で、昨年1年間で全国の警察に届出があった「認知症又はその疑いによるもの」が原因の行方不明者が16,927人に上...

2019年06月20日 13:48

【交通取締情報】21日、三潴郡大木町で実施

 福岡県警は21日(金)、三潴郡大木町で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

2019年06月20日 11:51

未来へ残そう脊振の大自然『第2回脊振サミットを開催して』

 2019年6月16日(日)、西南学院大学の西南コミュニティセンター・ホールで「第2回脊振サミット」を開催した。第1回は昨年2月にボランティア団体の活動報告と各ボラン...

2019年06月20日 11:19

食衛法違反でメキシコ産アボカド1,920t回収

 東京都・中央区役所は18日、農・水産品販売業のWismettacフーズ(株)が輸入したアボカドから基準値を超える農薬が検出されたため、食品衛生法違反として同社に回収...

2019年06月20日 11:07

博報堂が、西日本新聞傘下の西広を子会社化

 広告代理店大手の(株)博報堂(本社:東京都港区)は19日、(株)西日本新聞社のグループ会社で広告代理店の(株)西広(本社:福岡市中央区)の発行済み株式の過半数を取得...

2019年06月20日 10:42

従業員のスマホに送金できる 業務用プリン

 pring(本社:東京都港区、荻原充彦社長)は無料送金アプリ「pring(プリン)」に続き、法人から個人のスマホに送金ができる「業務用プリン」の展開を進めている。

pagetop