• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月14日 07:04

「教育」を軸に多角化進める、関東・海外進出でさらに雄飛を続ける(前) 時代を紡ぐ企業110社 

(株)SCホールディングス

教育を中心に内装・建設・ITまで、多角化で強みを生み出す

 不況に強いとされてきた教育産業にも、転機が訪れている。少子化が進み業界縮小が叫ばれるなか、(株)SCホールディングスは個別指導塾の運営や家庭教師の派遣など同社がすでに地位を確立した事業を中心に、オフィスや店舗の内装・設計、建設工事、システム・アプリケーション開発など、教育に関わるさまざまな事業を多角的に展開している。「幸福感あふれる社会の実現・継続」という言葉を「企業使命感」として掲げ、同社の躍進は続いている。

 同社が統括するグループ企業は6社。メイン事業である個別指導塾運営を行う「(株)個別指導塾スタンダード」は、現在北部九州から中国地方、近畿、東海、北陸、関東、東北から北海道まで全国に445教室を展開。来期以降も、新たなエリアへの出店を検討している。また、「(株)スタンダード家庭教師サービス」は、全国27都道府県で家庭教師の派遣を行っている。

 さらに、建築・内装、総合建設工事を手がける「大祥建設(株)」、リース業や企画・コンサルティングを行う「(株)SCインベストメンツ」を運営。さらに海外では、香港で個別指導塾を4教室運営する「思湯達香港有限公司」、システム設計や開発を行う「大連思湯達信息技術有限公司」を展開している。

 一見、畑違いに見えるが、建設会社がグループ内にあることのメリットは大きい。塾の多店舗展開を目指すなかで、新店舗の建設や内装などを自社グループ内で完結することで、スピーディーかつリーズナブルな出店が可能になるわけだ。

 また、社内に業務基幹システムやアプリケーションを開発する部門をもつことで、痒い所に手が届くようなシステム開発、アプリ開発を実現している。在籍しているエンジニアは10名ほど。現在導入を進めているRPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション。AIなどの技術を用い、事務作業を自動化する仕組みのこと)で最大の効率を実現するためにも、自社内にシステム開発部門をもつことは大きなアドバンテージになる。同グループでは、自社開発した「インターネット家庭教師 スタネット」をサービス提供中。生徒がわからない問題をスマートフォンや携帯のカメラで撮影し、写真を添付したメールを送信して質問する。質問に対する解答が動画でアップされ、視聴できるシステムだ。もちろん、動画は生徒が理解できるまで、何度でも繰り返し視聴することができる、というもの。「現在、非常に好評で、サービスをさらにブラッシュアップして入会者を増やしていきたい」と吉田社長は語る。

(株)SCホールディングス 吉田 知明 社長

 これだけ充実した開発部門をもつようになった経緯をうかがうと、「以前システム開発をお願いしていた外部の企業が、リーマン・ショックの影響で経営危機に陥り、依頼していた開発がストップしてしまうという事態がありました。そこで、その会社に在籍していた開発者を当社で採用しました。お互い気心が知れていましたから、業務はスムーズに進みました」とのこと。機を見て敏に行動することが、同社の現在の強みにつながったのだろう。

 多角化を続けるように見える同グループだが、やはり軸になるのは教育部門。「たとえば建設部門をさらに拡大し、多角化できるような人材が入ってくれば、そちらにも注力していくという考え方もあるかもしれないが、まずは塾を伸ばすことを考えていきたい」という。

 「今期は計画通り、50教室の出店を実現した」と語る吉田社長。現在、グループ全体で500名の社員を抱える同社だが、出店計画が決まり次第、順次採用を重ねて増員していく。求める人材像については、「教室を運営し、生徒の面倒を熱心に見る社員が欲しい。生徒の成績を上げて、志望校に合格してもらうという目的に、使命感をもってくれる人に来てほしい」としている。

 同グループはM&Aや個別指導塾の出店の加速、第三者割当増資、ストックオプションなどで、経営基盤の強化も進めている。今後の事業拡大については、「マスコミでは『IT社会に備えて、子ども向けのプログラミング教室を』という取り上げ方もされていますが、まだまだ市場規模としては小さい。また体操や運動を教える教室も人気がありますが、こちらは逆に一から立ち上げるには大きい事業ですから、仮に参入するとしてもM&Aという選択肢が現実的になる。自分も親の立場ですから、子どもにはスポーツをやってほしいという気持ちはありますが、なかなかこれだ、という事業はありませんね」と慎重だ。

(つづく)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:吉田 知明
所在地:福岡市博多区店屋町8-17 博多MSTビル7F
設 立:2011年11月
資本金:1億円(資本準備金を含む)
TEL:092-283-1188
URL:http://www.sc-holdings.co.jp

<プロフィール>
吉田 知明(よしだ・ともあき)
 1972年12月、鳥取県生まれ。岡山大学工学部卒。2001年、スタンダードカンパニー(現・(株)個別指導塾スタンダード)を創業し、家庭教師派遣事業を開始。11年に(株)SCホールディングスを設立し、代表取締役社長に就任。趣味はゴルフ。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月30日 07:00

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(4)

 このインドネシア事業については、日本ではまったく報道されないが、他にもソフトバンクの進めるアジアビジネスは広範囲におよんでいる。とくに、「アジア電力網構想」は...

2020年05月30日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(中)

 自由民主党所属の参議院議員で、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームのメンバーでもある西田昌司氏は、新幹線整備の経緯について次のように分析する。

2020年05月30日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(中)

 スーパーシティによく似た言葉として、「スマートシティ」というものがある。「スマートシティ」とは、IoT(モノのインターネット)などの先端技術を用いて、基礎インフラと...

2020年05月29日 17:27

【北九州市】週明けも学校の授業を午前中のみに~新型コロナウイルス感染者増大を受け(5月29日現在)

 北九州市では、5月23日から28日にかけ連続で感染者が発生し、28日は21名と大きく増えている...

2020年05月29日 16:18

国交省・民都再生事業に認定 「舞鶴オフィスプロジェクト」8月着工へ

 国土交通省は今年4月21日付で、「舞鶴オフィスプロジェクト」を民間都市再生整備事業として認定した...

2020年05月29日 16:00

国交省が中間とりまとめ ESGを踏まえた不動産特定共同事業の検討会

 ESG投資の拡大やブロックチェーン技術の台頭、クラウドファンディング市場の拡大など、不動産を取り巻く環境は近年大きく変わってきた。このような潮流を踏まえ、国土交通省...

2020年05月29日 15:53

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(前)

 新幹線とは、「時速200km以上で走行できる幹線鉄道」を指す。1964年に開業した東海道新幹線(東京~新大阪)以来、75年には山陽新幹線(新大阪~博多)、91年に上...

2020年05月29日 15:41

ホテルオークラ福岡、レストラン店舗の営業再開を発表

 ホテルオークラ福岡は6月1日より、同ホテルのレストラン店舗の営業を再開すると発表した

2020年05月29日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 4月30日発表 九州地区(福岡を除く)

 20年4月30日に公表(20年3月31日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

2020年05月29日 13:44

中国WeChat「ミニプログラム」の状況~ネット利用時間の3分の1はWeChatに

 中国において、インスタントメッセンジャーアプリ「WeChat(微信)」が生活上、仕事上において大きな存在となっていることはよく報じられている。WeChatなしでは人...

pagetop