• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月29日 11:27

福岡を代表する通販業界のレジェンド 時流に対応した業容拡大へ(前) 時代を紡ぐ企業110社 

(有) 通販王国

通販黎明期から従事、業界を知り尽くした存在

 2004年12月に、生活雑貨を始め、一般食品、家電、化粧品、生活雑貨、健康器具、園芸用品、アイデアグッズなどの通販事業を行う企業として設立された同社。代表の直村信一氏は「勉強するより、生きていくのに必死だった。親に苦労をかけたくなかった」と、学生時代から、さまざまな業界の仕事を経験。そのなかで「昔は怪しまれていた業界」と話す通販業界に飛び込み、以来40年にわたり、商品開発からテレビ、カタログ、チラシ、DMなどの広告制作、コールセンターの販売促進に至るすべての業務に従事。設立前は福岡を拠点とする大手通販の役員として存在感を示し、直村代表が手がけた商品は累計8000品以上に上る。テレビ通販を得意とする直村代表は「15秒~180秒という短い時間でいかに商品の良さを伝えて売るか。ここに頭を使い続けてきた。30分、1時間かけて販売する商品も多いが、膨大なコストがかかる。今では商品を見たと同時に、売れる・売れないの判断や、こんな見せ方で、これだけの時間をかければ伝えられるのではというアイデアが湧く」といい、これまで数々のヒット商品を世に送り出した実績をもち、福岡のみならず通販業界では知る人ぞ知る存在となっている。

通販事業でBtoBビジネス、アウトコールサービスを開始

※クリックで拡大

 黎明期から通販市場に携わってきた直村代表だが、昨今は市場拡大による競争激化や、巷に氾濫する商品に対し、どう消費者に自社商品を選択させていくかが、業界で生き残るための重要なテーマだと見ている。

 同社も自社商品を販売することに注力している一方、ここ数年は時代の流れとともに、新たなビジネスを模索。17年9月から、これまで蓄積した通販ノウハウや顧客リストを基に、他社商品をアウトコールで販売する販促ビジネスを開始した。

 直村氏代表は「10年以上前からそうした要望があったが、当時は自社商品以外の販売はまったく考えていなかった。しかし、仕入れや新規顧客獲得にかかわるコストが年々上がっていること、いつまでも同じ商品が売れるわけではないといった市場状況にあるのが現状。年々販売手法・技術も変化してきていますが、他社が良い商品でも消費者にうまく伝えられない状況を見て、私が宣伝をして営業して売れるようにサポートしたいと思うようになった。また他社商品でも、弊社顧客に対し、安全・安心で利便性の高い商品であれば、喜んでいただけると思い、自社顧客リストを用いたテレマーケティングを開始した」としている。

 このサービスは、商品紹介と定期購入を勧める、アウトバウンドによるテレマーケティング。定期購入獲得1件につき定額の報酬を設定し、成約数による出来高の契約としており、依頼する通販企業にとって、リスクの少ない販促サービスとなっている。電話をかける同社の顧客リストは、テレビ通販で商品を購入した履歴をもつ顧客がほとんどであることから、テレビ通販で流れている企業で、リピート購入を目的とする健康食品や化粧品を対象としている。同社のサービス担当者は「弊社の顧客は中高年の女性が多く、その層に合致した商品を提案している。またテレビ通販から電話注文・購入された顧客のリストであるため、できるだけテレビ通販やテレマーケティングで販売している企業をクライアント対象としている」と話している。

 サービス開始当初は「実績づくりと、消費者に安全・安心を提供する」として、大手通販や大手製薬を中心にアウトコールの業務を受けていたが「最近では、これから通販事業を考えている保険や一般食品を取り扱う企業からの引き合いが増えている」という。

 アウトコールについては、特定商取引法や医薬品・医療機器に関する法律(薬機法)など、厳格な関連法規が多いが、「スタッフや消費者に、認知度の高い有名な企業の商品を取り扱うことで、消費者にコンプライアンスに抵触するような過剰な消費説明によるトラブルなどのリスクは少なくなるし、その防止のための研修も商材別に常に行っている」としている。

 直村代表は「今後は同様の業態で営業している、または今後参入を考えている企業と協業できるネットワークづくりを進めたい。自社だけでは難しくなる。しかし組んでいただくにはそれだけの実績が必要。そうした連携で、いずれは小が大を食うような立場になれれば」と話した。

(つづく)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:直村 信一
所在地:福岡市早良区西新5-11-2
設 立:2004年12月
資本金:300万円
TEL:092-832-5151
URL:http://www.0120666350.com/info/company.php

<プロフィール>
直村 信一(なおむら・しんいち)
 1954年10月生まれ。大手通販会社を経て2004年12月に(有)通販王国を設立。独自のテレビ制作技術で、数々のヒット商品を生み出す。17年から健康食品や「化粧品などのリピート商品を対象としてアウトバウンドによるコールサービスを開始したほか、クリニック、美容サロン向けの機器販売など、BtoB事業にも注力している。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月30日 07:00

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(4)

 このインドネシア事業については、日本ではまったく報道されないが、他にもソフトバンクの進めるアジアビジネスは広範囲におよんでいる。とくに、「アジア電力網構想」は...

2020年05月30日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(中)

 自由民主党所属の参議院議員で、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームのメンバーでもある西田昌司氏は、新幹線整備の経緯について次のように分析する。

2020年05月30日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(中)

 スーパーシティによく似た言葉として、「スマートシティ」というものがある。「スマートシティ」とは、IoT(モノのインターネット)などの先端技術を用いて、基礎インフラと...

2020年05月29日 17:27

【北九州市】週明けも学校の授業を午前中のみに~新型コロナウイルス感染者増大を受け(5月29日現在)

 北九州市では、5月23日から28日にかけ連続で感染者が発生し、28日は21名と大きく増えている...

2020年05月29日 16:18

国交省・民都再生事業に認定 「舞鶴オフィスプロジェクト」8月着工へ

 国土交通省は今年4月21日付で、「舞鶴オフィスプロジェクト」を民間都市再生整備事業として認定した...

2020年05月29日 16:00

国交省が中間とりまとめ ESGを踏まえた不動産特定共同事業の検討会

 ESG投資の拡大やブロックチェーン技術の台頭、クラウドファンディング市場の拡大など、不動産を取り巻く環境は近年大きく変わってきた。このような潮流を踏まえ、国土交通省...

2020年05月29日 15:53

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(前)

 新幹線とは、「時速200km以上で走行できる幹線鉄道」を指す。1964年に開業した東海道新幹線(東京~新大阪)以来、75年には山陽新幹線(新大阪~博多)、91年に上...

2020年05月29日 15:41

ホテルオークラ福岡、レストラン店舗の営業再開を発表

 ホテルオークラ福岡は6月1日より、同ホテルのレストラン店舗の営業を再開すると発表した

2020年05月29日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 4月30日発表 九州地区(福岡を除く)

 20年4月30日に公表(20年3月31日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

2020年05月29日 13:44

中国WeChat「ミニプログラム」の状況~ネット利用時間の3分の1はWeChatに

 中国において、インスタントメッセンジャーアプリ「WeChat(微信)」が生活上、仕事上において大きな存在となっていることはよく報じられている。WeChatなしでは人...

pagetop