• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月27日 16:50

苅田町で国内最大クラスのバイオマス発電所~2021年6月稼働予定

苅田バイオマス発電所(イメージ図)

 国内最大クラスのバイオマス発電所が、2021年に福岡県京都郡苅田町で稼働する。

 住友林業(株)(東京都千代田区)は26日、(株)レノバ(東京都千代田区)や九電みらいエナジー(株)(福岡市中央区)などと共同で、福岡県苅田町で国内最大クラスの木質バイオマス発電所を建設すると発表した。発電所の建設着工は今年11月で、21年6月の稼働を予定している。

 施設の運営・開発を行うのは、6月25日に住友林業とレノバ、九電みらいエナジーのほか、ヴェオリア・ジャパン(株)(東京都港区)、三原グループ(株)(福岡県京都郡)の計5社が出資して新設した苅田バイオマスエナジー(株)(福岡県京都郡)。出資比率は、住友林業が41.5%、レノバが43.1%、ヴェオリア・ジャパンが10.0%、九電みらいエナジー5.0%、三原グループが0.4%。

 燃料には、北米産ペレットやインドネシア産パームヤシ殻のほか、九州北部の間伐材などを年間約36万トン使用。発電規模は約75MW、年間発電量は約500GWhで、一般家庭約16万8,000世帯分の年間使用電力量に相当する。発電した電力は、再生可能エネルギー固定価格買取制度を利用し、電力事業者に販売する。

 木質バイオマス発電は、燃料として間伐材や木くずなどを使用。太陽光や風力などと同じ再生可能エネルギーの1つではあるが、天候などの影響を受けることなく、安定して発電が可能というメリットがある。
 住友林業グループでは11年2月にバイオマス発電事業に参入して以降、今回の苅田バイオマス発電所で5カ所目の建設となる。また、住友林業とレノバでは16年5月に再生可能エネルギー事業に係る業務提携契約を締結しており、今回の苅田バイオマス発電所が提携後の第1号案件となる。

【坂田 憲治】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月15日 17:12

【特別連載】断たれた絆~幻の「浪川会壊滅作戦」の舞台裏(3)

 有限会社くるまドットコム代表の諸藤壮一氏はなぜ、中嶋全克(まさよし)氏に対する名誉毀損を続けたのか。特別取材班が独自に入手した資料には、諸藤氏の生々しい告白が記され...

2019年10月16日 11:55

リスボン・ホールディングス(株)(東京)/投資業NEW!

 リスボン・ホールディングスは10月2日、東京地裁から特別清算開始決定を受けた。

2019年10月16日 11:12

『脊振の自然に魅せられて』第14回脊振クリーンアップ登山を開催してNEW!

 2009年から開催してきた「脊振クリーンアップ登山」も今年で14回目となる。脊振山系の道標設置完了後、その活動を継承し、毎年開催している。福岡市早良区役所が西南学院...

2019年10月16日 10:58

東区香椎浜の九大国際交流会館跡に420戸大型マンションNEW!

 福岡市東区香椎浜4丁目の九州大学国際交流会館(インターナショナルレジデンス)の解体工事が進んでいる。この場所に新たに建設されるのは「(仮称)香椎浜4丁目マンション計...

2019年10月16日 10:16

売れるネット広告社、ライジングゼファー福岡のオフィシャルパートナーにNEW!

 通販の販促コンサルティング業の(株)売れるネット広告社(本社:福岡市早良区、加藤公一レオ社長)は10日、福岡を本拠地とするプロバスケットボールチーム「ライジングゼフ...

2019年10月16日 09:58

サイゼリヤ 西鉄天神南口店を閉店NEW!

 (株)サイゼリヤ(本社:埼玉県吉川市、堀埜一成社長)は、同社が運営するイタリア料理店「サイゼリヤ西鉄天神南口店」を15日の営業をもって閉店した。

2019年10月16日 09:56

続・鹿児島の歴史(9)~流人について2~NEW!

 県内の流人としては、江戸期の文化朋党事件(近思録崩れ)と嘉永朋党事件(高崎崩れ、お由羅騒動)等が中心になります。文化朋党事件について。重豪の後継の26代斉宣は財政再...

2019年10月16日 09:30

「減薬・偽薬」のススメ(前)NEW!

 薬を飲むことが常態化すると、何のために薬を飲むのかを失念してしまう高齢者が多い。運営する「サロン幸福亭ぐるり」(以下「ぐるり」)の常連も例外ではない。「先生が出して...

2019年10月16日 09:30

浦江をここ数年で「中国一ゴミのない」県に再生させた政策科学の力!(2)NEW!

 歴史もあり、昔から文化が盛んだったようですね。確か「科挙」の合格率も南京と並んで、中国有数の地であったと聞いています。しかし、その浦江が今、まったく別の面「中国一ゴ...

2019年10月16日 09:06

【『I・B TOKYO』発刊にあたって】NEW!

 今回「I・B TOKYO」発刊に漕ぎつけたのは、この激変時代に対応するにあたって企業の皆様方や自立・自覚を求める個人の方々に核心となる情報を提供するという使命感から...

pagetop