わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
舞台は法廷へ~終わり見えぬ産廃処分場乗っ取り事件(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年07月12日 07:02

舞台は法廷へ~終わり見えぬ産廃処分場乗っ取り事件(前)

福岡市博多区 金隈産廃処分場

 まるでテレビドラマや映画に出てくるような“法人乗っ取り劇”が起きた。産廃処分場を運営する法人とその関連会社において、一部の役員などが結託し、代表者や株主の知らぬところで、秘密裏に取締役会や株主総会が開催されていた。意に反する者を排除するため、勝手に代表取締役を辞任させ、株主の了承を得ないまま増資を決行するなど、数々の違法行為が行われた疑いがある。「事件」発覚から4カ月。終わりが見えないまま、舞台は法廷へと場所を移す。

2度目の乗っ取り

 前代未聞の法人乗っ取り劇の舞台となったのは、福岡市から許可を受け、産廃処分業を手がける(株)和幸商会(福岡市博多区)とその関連会社である(株)クリーン金隈(同所)。和幸商会の産廃処分場運営をめぐっては、サニックス創業メンバーである箭内伊和男氏が創業者を洗脳、当時のナンバー2を排除し、代表の座に就いた経緯があった。近年は福岡市からの再三の改善指導もあり、まともな運営もできておらず、廃業に進むかと思われていたのだが…。

 今年2月のことだ。「知らない間に、自分が辞任したことになっていた」と話すのは、和幸商会の取締役でクリーン金隈の代表取締役を兼ね、両社の株式を保有する吉岡直之氏。取締役会の開催も一切聞いておらず、辞任届も出した覚えがない。株主総会の開催通知は届いておらず、当然、増資の了承もしていない。

 

吉岡氏と伊藤氏のメールでのやりとり

 吉岡氏は何かの間違いかと思い、和幸商会の箭内代表取締役とナンバー2の伊藤監査役に状況を聞いた。返ってきた言葉に「乗っ取り」を確信した。
 「あなたはもういなくなる予定だったから、関係ないでしょう」。
 吉岡氏は抗議したが、受け入れられなかった。そして、すぐさま登記関連の書類を確認した。出てきたのは、自身が作成した覚えのない「吉岡直之」取締役の辞任届2通だった。
 そこで、年末年始にかけ、箭内氏らに告げられたことを思い出した。「市役所から連絡があり、手続きに必要なので住民票を送ってほしい」―社内の人間からこういうメールが来れば、素直に従ってしまうものだ。市役所からの要請と言われれば、提出しないわけにはいかない。吉岡氏は2度続けて求められたことに疑問を感じながらも、和幸商会に住民票などを送った。

 偽造された辞任届と住民票がそろえば、届け出は完了する。あとは吉岡氏が出席したとする取締役会、株主総会の議事録を作成すればよい。案の定、何者かに偽装された議事録が見つかった。

 

議事録には本人と異なる筆跡

 ここにデータ・マックス取材班が入手した3件の文書がある。
 いずれの議案も、吉岡直之氏の辞任に関わるものだ。「吉岡直之氏から、役員辞任の申し出があったため、後任を選任したい」と記載されているが、前述の通り、本人はそのような申し出をした覚えはないと断言する。偽造された辞任届を基に、集まりが開催されたように見せかけているが、両日とも吉岡氏は集まりには参加しておらず、何者かによって偽装された可能性が極めて高い。とくに(3)では、「吉岡直之」の直筆サインと捺印があるが、吉岡氏はサインした覚えはない。念のため、吉岡氏の直筆サインをいくつか確認したが、文字の特徴が明らかに違っていた。筆跡鑑定を行うまでもなく、誰かが本人に成りすまして書いたものだと判断できる。
 企業法務に詳しい弁護士によると、これは明らかな違法行為で、「公正証書原本不実記載」「私文書偽造」「偽造私文書など行使」にあたる可能性が高いという。

※クリックで拡大

首謀者は元・JFL監督

※クリックで拡大

 関係者への取材で、一連の乗っ取り行為の中心に「柏田清光」という人物がいることがわかった。同氏は国政選挙に出馬経験のある、元JFL(日本フットボールリーグ)の監督だという。「柏田氏が和幸商会に出入りを始めてから、運営がおかしくなった。彼が裏で指南しているのではないか」と、関係者は異口同音に語る。柏田氏が和幸商会に出入りするようになったのは、昨年11月ごろ。しばらくして、県外ナンバーのトラックが処分場に出入りし始めたという。
 柏田氏の経歴は非常に興味深い。2007年の参議院議員選挙で「共生新党」から比例代表で出馬するも落選。当時の比例区候補者プロフィールには「宮崎県出身/不動産会社社長」とあり、さらにJFL(日本フットボールリーグ/註:アマチュアのトップリーグ)に参加するサッカーチーム(所在:宮崎県)の監督という経歴も記されていた。柏田氏の名刺には、産業廃棄物コンサルタント業「(株)盛大」(福岡市東区、大藏則子代表)の技術管理士とある。しかしこの「盛大」という会社、登記は見つかったものの、業界関係者ですらその存在をほとんど知らない謎の法人だ。
 和幸商会は、仕事は増え始めたものの、経営状況は厳しいままだ。ほとんどメリットがないと思える法人乗っ取り行為の真の狙いは何か。周囲から漏れ聞こえてきた「拡張」という言葉に、ヒントが隠されていた。

※クリックで拡大

(つづく)
【東城 洋平】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年04月13日 14:29

【STOP!文春砲】参院広島選挙区再選挙でネガティブ・キャンペーン?NEW!

 買収事件で逮捕された河井案里・前参院議員の失職にともなう「参院広島選挙区再選挙」は、菅政権初の“トリプル国政選挙”のなかで与野党が最も力を入れている天下分け目の決戦...

2021年04月13日 13:59

【4/15~21】中洲地区の飲食店勤務者を対象に無料PCR検査NEW!

 福岡市は中洲地区の飲食店に勤めている人を対象とした無料PCR検査を実施する。期間は15日~21日の平日午後4時~8時。事前予約は不要で、検査費用は無料...

2021年04月13日 13:20

新体制スタートの西友(5)コストに見合わない低価格販売NEW!

 西友の利益が向上しなかったのは、コストに見合わない低価格販売が一因だ。売価は食品スーパーより安い上、クレジットカードによる購入には毎日3%、月3回の指定日には5%を...

2021年04月13日 11:28

西部ガス、液化天然ガスの中国向け通年出荷を開始NEW!

 西部ガスは12日、中国へのISOタンクコンテナを利用した液化天然ガス(LNG)の通年出荷を開始したと発表した。北九州港のひびきコンテナターミナルから専用のコンテナ船...

2021年04月13日 10:25

【佐賀】物流拠点続々 鳥栖JCT半径10㎞圏に大型物流施設相次ぐNEW!

 福岡市・糟屋郡圏とともに九州の物流拠点になっている鳥栖JCTから半径10km圏に大型物流施設の立地や進出が相次いでいる...

2021年04月13日 09:41

別府名物「地獄蒸しプリン」を博多駅で期間限定販売

 良質な湯があちらこちらで湧く大分県別府市。温泉の噴気を利用して野菜や肉を蒸す「地獄蒸し」は絶品グルメとして知られているが、そのなかでも人気の高い「岡本屋地獄蒸しプリ...

2021年04月13日 07:00

バイデン大統領の諸政策と韓国への影響(後)

 バイデン政権の経済政策では、環境、労働、人権が優先されることが予想される。バイデン政権はパリ協定への復帰をはたし、50年までに二酸化炭素排出ゼロを目指すことになるだ...

2021年04月13日 07:00

【マンション管理を考える】新制度検討会、ウェブ総会も認容

 国土交通省は、2020年7月に「マンション管理の新制度に関する検討会」を設置。22年6月の改正マンション管理適正化法の全面施行に向け、議論を重ねている...

2021年04月12日 17:17

【縄文道通信第65号】縄文文化―音楽とオノマトペ~縄文道――武士道――未来道

 縄文人は自然のなかで、自然の摂理に従って生き続けてきたことからも、体の内からの声を音楽として自然に発していたことは想像できる...

2021年04月12日 15:00

【BIS論壇No.339】国家安全保障局(NSS)経済班

 政府の国家安全保障局に経済安全保障の司令塔を担う「経済班」が設置され、4月1日で1年が経った。政権内では国家安全保障戦略を改定し、経済安保を初めて盛り込む案が浮上し...

pagetop