2022年08月18日( 木 )
by データ・マックス

金隈産廃処分場 別会社で拡張画策か

 福岡市博多区で金隈産廃処分場を運営する(株)和幸商会の役員らが別会社を設立し、処分場の拡張を目指していることが、関係者への取材でわかった。

 設立が判明した(株)大和(福岡市博多区)は今年1月にすでに設立登記されており、代表取締役には柏田清光氏、取締役には伊藤博之氏が就任している。資本金は100万円。和幸商会と同様、産廃処分などの営業種目を登記している。

 また、7月5日からの大雨で、同処分場で土砂崩れが発生。近隣に土砂が流れ込んだ可能性がある。

【東城 洋平】

関連記事