• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月10日 10:35

シシリー島便り・日本人ガイド、神島えり奈氏の現地レポート~資格取得に挑む(前)

 今回は、これまでシシリー島で資格を取得するために挑んできた自身の経験を語ろうと思う。パレルモ市で仕事を始めたのは、地元の旅行手配会社で働くことを決めたからだ。主に日本人観光客、そのほかスペイン人、アメリカ人観光客などを相手にする会社だった。大学を卒業後、数年就職をした後、人生で初めて海外で仕事をすることになったわけだが、不安よりも、やる気に満ちた自分がいた。

 当時のシシリーは、在住する日本人が、今よりさらに少なかったので、会社にとって私は貴重な存在だった。会社の雰囲気は、とても良かった。すでに10年以上、日本人観光客を相手にしている会社だったので、社員たちが日本人の性格を熟知していたこともあるだろう。

 現地での滞在期間が長くなればなるほど、現地人の特徴、性格、習慣などが理解できるようになり、外国で日本人を相手にする仕事の難しさを実感した。

 シシリーでは誰もが日本人の几帳面さ、計画性がすばらしいと称賛してくれた。日本人は、あらかじめ、あらゆる可能性を検討し、問題を起こさないように努める。これは日本人特有の性質だと思う。シシリーの人たちは私に「日本人は予想していなかった問題が、万が一起きた際、パニックにならないのか?」とよく聞かれる。

 日本人の問題発生時の改善力をシシリーの人にも見習ってほしいと思うことが多々ある。シシリーでは何年、何十年経っても問題が放置されていることが少なくないからだ。たとえば、ゴミ問題がそうだ。ゴミ収集率の悪化、分別ごみが徹底されていないなど課題が山積みだ。

 少々、話がそれてしまったが、私は日本人観光客の旅行手配や緊急時サポートなどもした。会社での事務仕事は単調だったけれど、ラジオを聴きながら仕事ができるなど、比較的自由な社風だった。社員は15人程度という小さな会社ではあったが、まとまりがあり、チームワークが良かった。

 勤務時間は午前9時から午後1時までで、その後、皆一度帰宅し、昼食を家で食べる。その後、一休みし、再び午後4時に出社、午後7時まで勤務する。土曜日は午前中のみの勤務だ。しかし、ある時は、夜中に日本人観光客の男性の鼻血がとまらず、午前3時に電話で起こされ、病院に同行したこともある。

 シシリーで結婚、出産後、子どもが1歳になるまで産休をとらせてくれた。普段ならそのまま家庭に入るのが日本の文化かもしれないが、両親共働きも多いシシリー島では、やはり2人で働かないと経済的に厳しい。

 月日を経て2010年、シシリー州が、現地案内ガイド資格試験を実施するので、申し込みをしてみたらと声をかけられた。あまり深く考えていなかったが、何となく申し込み手続きをした。試験日が公表されたのは、その2年後、ほとんど忘れかけていた。

 シシリー州の4都市に試験会場が設置され全州で受験者が3万人を超えた。州都となるパレルモ市では12月9日、1日目の試験が開かれた。試験は事前にそれぞれ25人ずつのグループに分けられる。口頭試験のみの一発勝負だ。試験は週に2回ほど、つまりだいたい50人ぐらいが毎週試験を受けるかたちになる。12月に始まった試験は、翌6月まで続いた。

 試験日が発表されたのは10月、試験がある12月までの約2カ月間、仕事をしながら、当時まだ小さかった娘たちの面倒もみた。家庭と仕事との両立で勉強する時間はあまりなかった。しかし、せっかくの機会だ、頑張ろうと気力を震い立たせ、家族が寝た後、夜中や、明け方に勉強をした。

 寝不足で昼間の仕事がきつく、大学受験を思い出した。身体的に辛い毎日だったが、精神的にはとても充実していた。勉強をすればするほど、それまで長い間住んでいて、気にすることがなかった街並みを以前とはまったく違った印象で見られるようになり、勉強するのが、どんどん楽しくなった。

(つづく)

<プロフィール>
神島 えり奈(かみしま・えりな)
2000年上智大学外国語学部ポルトガル語学科を卒業後、東京の旅行会社に就職。約2年半勤めたのち同社を退職、単身イタリアへ。2003年7月、シシリー島パレルモの旅行会社に就職、現在に至る。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年05月24日 18:41

【特報2】川﨑大資こと塩田大介氏の代理人弁護士がデータ・マックスに回答書で「警告」~横浜幸銀と佐賀銀行は不可解な「取材拒否」

  ■代理人弁護士は「やってはいけないことだった」 データ・マックスに届いた回答書  ※クリックで拡大  データ・マック...

2019年05月24日 14:21

【特報】参院厚生労働委員会で、データ・マックス記事をもとに秋元司内閣府副大臣を追及~川﨑大資こと塩田大介氏と関係があったことを認める

 昨日(5月23日)開かれた参議院厚生労働委員会で、立憲民主党の石橋通宏参院議員が質問に立った。質問の内容は、データ・マックスで5月21日に報じた記事に基づいたもの。

2019年05月25日 07:00

【検証】関空連絡橋衝突事故を振り返る~未曽有の衝突事故は防げたのか(2)

 運輸安全委員会のHP下部には、参考というかたちで掲載され、報告書の本文中「3 分析」に用いる分析の結果を表す用語について以下のように定義されている。

2019年05月25日 07:00

入場料のある本屋「文喫」、アマゾンとの差別化は“検索しない”本探し(後)

 どんな本でもネットで買える時代。でも本屋好きは、本屋にいくことをやめられない。何かを探すでもなく、なんとなく本屋に行って、思いがけなく面白い本にハマってしまうことが...

2019年05月24日 17:30

【申し込み終了のお知らせ】国際情勢フォーラム「米中覇権争いの行方とアジア、日本への影響」

 6月5日(水)に参議院議員会館1階101会議室で開催する国際情勢フォーラム「米中覇権争いの行方とアジア、日本への影響」は、参加者が定員である100名に達したため申し...

2019年05月24日 16:55

【検証】関空連絡橋衝突事故を振り返る~未曽有の衝突事故は防げたのか(1)

 2018年9月4日に近畿地方を通過した台風21号。「想定外」ともいえる暴風により、近畿地方を中心に大きな被害をもたらし、関西国際空港とりんくうタウンを結ぶ関空連絡橋...

2019年05月24日 16:24

リビン・テクノロジーズ(旧・シースタイル)が上場承認 東証マザーズ

   東京証券取引所は、不動産関連のウェブサービスを手がけるリビン・テクノロジーズ(株)(東京都中央区、川合大無社長)(旧・シースタイル)を上場承認した。上場するのは...

2019年05月24日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」5月21日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2019年05月24日 14:33

こうや豆腐摂取で「床ずれ」の治癒促進効果を確認

 旭松食品(株)(本社:長野県飯田市、木下博隆社長)は、凍り豆腐(こうや豆腐)摂取による、いわゆる「床ずれ」にあたる「褥瘡(じょくそう)」の治癒促進効果についての試験...

2019年05月24日 12:07

伊藤園「お~いお茶 緑茶」の原料茶葉すべてをGAP認証に

 伊藤園は、2020年度までに、同社の主力商品「お~いお茶 緑茶」に使われる原料茶葉のすべてを、「GAP認証取得農園」で生産された原料での製造販売を目指す。

pagetop