• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月10日 10:35

シシリー島便り・日本人ガイド、神島えり奈氏の現地レポート~資格取得に挑む(前)

 今回は、これまでシシリー島で資格を取得するために挑んできた自身の経験を語ろうと思う。パレルモ市で仕事を始めたのは、地元の旅行手配会社で働くことを決めたからだ。主に日本人観光客、そのほかスペイン人、アメリカ人観光客などを相手にする会社だった。大学を卒業後、数年就職をした後、人生で初めて海外で仕事をすることになったわけだが、不安よりも、やる気に満ちた自分がいた。

 当時のシシリーは、在住する日本人が、今よりさらに少なかったので、会社にとって私は貴重な存在だった。会社の雰囲気は、とても良かった。すでに10年以上、日本人観光客を相手にしている会社だったので、社員たちが日本人の性格を熟知していたこともあるだろう。

 現地での滞在期間が長くなればなるほど、現地人の特徴、性格、習慣などが理解できるようになり、外国で日本人を相手にする仕事の難しさを実感した。

 シシリーでは誰もが日本人の几帳面さ、計画性がすばらしいと称賛してくれた。日本人は、あらかじめ、あらゆる可能性を検討し、問題を起こさないように努める。これは日本人特有の性質だと思う。シシリーの人たちは私に「日本人は予想していなかった問題が、万が一起きた際、パニックにならないのか?」とよく聞かれる。

 日本人の問題発生時の改善力をシシリーの人にも見習ってほしいと思うことが多々ある。シシリーでは何年、何十年経っても問題が放置されていることが少なくないからだ。たとえば、ゴミ問題がそうだ。ゴミ収集率の悪化、分別ごみが徹底されていないなど課題が山積みだ。

 少々、話がそれてしまったが、私は日本人観光客の旅行手配や緊急時サポートなどもした。会社での事務仕事は単調だったけれど、ラジオを聴きながら仕事ができるなど、比較的自由な社風だった。社員は15人程度という小さな会社ではあったが、まとまりがあり、チームワークが良かった。

 勤務時間は午前9時から午後1時までで、その後、皆一度帰宅し、昼食を家で食べる。その後、一休みし、再び午後4時に出社、午後7時まで勤務する。土曜日は午前中のみの勤務だ。しかし、ある時は、夜中に日本人観光客の男性の鼻血がとまらず、午前3時に電話で起こされ、病院に同行したこともある。

 シシリーで結婚、出産後、子どもが1歳になるまで産休をとらせてくれた。普段ならそのまま家庭に入るのが日本の文化かもしれないが、両親共働きも多いシシリー島では、やはり2人で働かないと経済的に厳しい。

 月日を経て2010年、シシリー州が、現地案内ガイド資格試験を実施するので、申し込みをしてみたらと声をかけられた。あまり深く考えていなかったが、何となく申し込み手続きをした。試験日が公表されたのは、その2年後、ほとんど忘れかけていた。

 シシリー州の4都市に試験会場が設置され全州で受験者が3万人を超えた。州都となるパレルモ市では12月9日、1日目の試験が開かれた。試験は事前にそれぞれ25人ずつのグループに分けられる。口頭試験のみの一発勝負だ。試験は週に2回ほど、つまりだいたい50人ぐらいが毎週試験を受けるかたちになる。12月に始まった試験は、翌6月まで続いた。

 試験日が発表されたのは10月、試験がある12月までの約2カ月間、仕事をしながら、当時まだ小さかった娘たちの面倒もみた。家庭と仕事との両立で勉強する時間はあまりなかった。しかし、せっかくの機会だ、頑張ろうと気力を震い立たせ、家族が寝た後、夜中や、明け方に勉強をした。

 寝不足で昼間の仕事がきつく、大学受験を思い出した。身体的に辛い毎日だったが、精神的にはとても充実していた。勉強をすればするほど、それまで長い間住んでいて、気にすることがなかった街並みを以前とはまったく違った印象で見られるようになり、勉強するのが、どんどん楽しくなった。

(つづく)

<プロフィール>
神島 えり奈(かみしま・えりな)
2000年上智大学外国語学部ポルトガル語学科を卒業後、東京の旅行会社に就職。約2年半勤めたのち同社を退職、単身イタリアへ。2003年7月、シシリー島パレルモの旅行会社に就職、現在に至る。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

世代交代による新たなチャレンジで『今までにない商品』作りと市場拡大を目指す(前)

  (株)ジャパンシーフーズ 100億円企業へ向けた体制を強化  2017年9月1日、井上陽一氏が(株)ジャパンシーフーズの新社長に就任した。サバ...

2018年08月19日 07:00

逆浸透膜飲料水プラント導入実績国内No.1 福岡が誇る水のリーディングカンパニー(後)

  ゼオライト(株) トップランナーとしてともに成長を  1,200件を超える導入実績をもち、その内70%以上に上る導入先からの信頼を得て、メンテ...

逆浸透膜飲料水プラント導入実績国内No.1 福岡が誇る水のリーディングカンパニー(前)

  ゼオライト(株) 水のプロフェッショナル集団  1969年11月に創業して以来、『良い水創り、人財創り』を経営理念に掲げ、良質な水の提供と、そ...

2018年08月18日 07:00

『私の少年時代』戦後の引き上げ体験記(後)

  「引き揚げ者の記録から」  <北朝鮮から中国へ逃げ惑う一家がいた。畑の大根をかじり何カ月も逃避した親子は逃避生活が耐えられず、母親が「もう死のう」、幼い子...

2018年08月17日 17:35

【疑惑のホテル】アイランドシティのホテルがついに着工か

   福岡市東区のアイランドシティ・センター地区に建設が予定されているホテルが、今年11月に着工する見通しであることがわかった。  事業計画によると、ホテルは11...

2018年08月17日 17:33

ドン・キホーテ販売の健食に表示違反か~市民団体申し入れ

   食の安全・監視市民委員会(神山美智子代表)は6日、ディスカウントストアの(株)ドン・キホーテ(本社:東京都目黒区)の店舗で販売していた健康食品2品の表示が、医薬...

2018年08月17日 16:24

なぜカンボジアでカジノが大はやりしているのか?日本に出る幕はあるのか?(後編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2018年08月17日 16:00

【8/22】食・アート・ゲームイベント「虹色こどもひろば」 ロイヤルチェスター福岡で開催

   地域の子どもを対象に、食事会、アート教室、ゲーム大会などを含んだイベント「虹色こどもひろば」が22日、福岡県大野城市のロイヤルチェスター福岡で開催される。 ...

2018年08月17日 15:42

なぜカンボジアでカジノが大はやりしているのか?日本に出る幕はあるのか?(前編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2018年08月17日 15:32

【速報】下関国際が木更津総合を下し、ベスト8進出

   第100回全国高等学校野球選手権の下関国際(山口)対木更津総合(東千葉)戦は、下関国際が4対1で木更津総合を破って準々決勝進出を決めた。次戦は龍谷大平安(京都)...

pagetop