• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月11日 07:01

シシリー島便り・日本人ガイド、神島えり奈氏の現地レポート~資格取得に挑む(中)

 いよいよ試験日、パレルモ市にあるシシリー州観光振興会議所のなかに設置された試験会場は、試験初日ということもあり、人が部屋の外に溢れ出すほど多く、圧倒された。受験者は私を含め、25人だが、それ以外の見物人の数が圧倒的に多い。応援に駆け付けた受験者の家族や友人、また、後日、試験を控えた受験者たちが試験の様子を見にきていたのだ。

 試験内容はシシリー州全般の各分野にわたる。歴史、文化、美術、考古学、地学、祭り、法律についても細かく問われる。会場前方に長い机が1つあった。10人近い各分野の専門家や大学教授たちが座っている。対面してイスが真ん中に1つ置いてある。日本の面接会場のような雰囲気だ。受験者が座る椅子の後ろに、そのほかの受験者が座り、前の人が終わるのを待つが、日本とまったく違う点がある。試験会場内に大勢の見物人がおり、なかには受験者と関係のない人の姿があることだ。つまり大勢の人の前、公の場で試験が行われるのだ。

 静まり返る室内、全員に緊張感が走る。私は3番目だった。あらかじめ、自分でシシリーを訪れる旅行客のための旅行プランを準備してくるのも試験課題だった。その内容についても質問される。あるいは、内容とは関係のない別分野についても問われた。

 試験結果は、その日の受験者全員が試験を終えた後で、即刻発表された。事前にそういったことを知らされておらず、試験の流れもその場次第という感じだ。実にイタリアらしい。

 すぐに合格発表があることを知らなかったため、試験がとりあえず終了したという解放感に浸っていると、試験監督責任者が合格者名を早口で呼び、嬉しさのあまり泣く合格者や、抱き合う家族が続出した。私の名前も聞こえた。私は飛び上がりたいほどの喜びで胸がいっぱいになり、大きな達成感に包まれたことを覚えている。

 ほかにもいくつか試験経験がある。自動車免許もイタリアで取得した。日本では大学時代にオートマ車限定免許を取得していたが、東京に住んでいたこともあり、まったく運転する機会がなかった。

 当時のイタリアは9割以上がマニュアル車であり、公共交通機関が発達していないこの島で、子どもがいる場合、車の運転は必須だった。というわけで、妊娠中、会社に行きながら教習所に通った。

 イタリアの場合、日本のようにまず教習所内で練習してからということはなく、すぐに実際の道路へ出て教習する。マニュアル車による坂道発進は難しかった。同時に交通規則についても指導を受ける。

 年配の教官は優しく、まったく怒ることなく、「アダジョ、アダジョ(ゆっくりね)」が口癖だった。妊娠6カ月目で、あまりおなかは大きくなっていなかったが、出産前に何とか免許を取得したいと、足しげく教習所に通った。

 筆記試験に合格すると実地試験となる。私のような外国人は考慮してもらえたのか、筆記ではなく口頭試験だった。試験官は無表情な男性だった。すべての問題に正解していた私が憎かったのか、最後の質問で、「車の長さは何mか」という意図の分からない質問をしてきた。私の後ろで試験の一部始終を見ていた教習所の人が、「単なる嫌がらせをしたかっただけだろう」と、あとで私に教えてくれた。

 妊娠8カ月目で実地試験に無事合格でき、免許証を取得した。日本でペーパードライバーだった私が、イタリアで、しかもシシリーで車の運転をするのはかなりの度胸がいると思うかもしれないが、私は「パレルモの人が皆運転できるのだから、私にも絶対できるはずだ」と確信していた。

 シシリーの街中でゆったり運転することは、まずありえない。四方八方、車や人、自転車やバイクに気を付けなければならない。信号は少なく、交通事故は多い。シシリー島の街中での運転は大変だが、一歩町の外へ出ると、田舎の公道は、走りやすく、駐車場も見つけやすい。しかし、街中では駐車場探しが難しい。日本のような立体駐車場はなく、地下駐車場があるが数が少ない。一方、路上で駐車できる場所が多いので縦列駐車がものすごく上手になる。ただ、シシリーでも高齢者ドライバーが増えてきているので、その点には注意が必要だ。

(つづく)

<プロフィール>
神島 えり奈(かみしま・えりな)
2000年上智大学外国語学部ポルトガル語学科を卒業後、東京の旅行会社に就職。約2年半勤めたのち同社を退職、単身イタリアへ。2003年7月、シシリー島パレルモの旅行会社に就職、現在に至る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年02月15日 16:00

【特別レポート】九電工関係者による傷害致死事件の真相を探る(4/完結編)~開成→東大卒弁護士による不自然な勾留理由開示請求

  昨年9月、長崎県五島列島の北端に浮かぶ小さな島で起きた傷害致死事件。加害者とされる男性が自首したにもかかわらずなぜかすぐに釈放され、いくつも不明な点が残され...

2019年02月17日 07:03

空間に新たな価値を付加する家具づくり 時代変化に適応し、新体制の構築へ(前)

  (株)アダル 代表取締役社長 武野 龍 氏 主に業務用家具・店舗用家具の製造・販売を行い、創業から65年以上の業歴を重ねてきた地場を代表する老舗の...

2019年02月17日 07:01

【日韓ビジネスコンサルタントの視点】米中貿易戦争長期化への懸念~戦々恐々の韓国経済(4)

  強まる韓国の悲観論  米中貿易戦争は韓国経済にどのような影響をおよぼすだろうか。現在、韓国経済は悪材料がいくつも重なっており、先の見通しができないほど不...

2019年02月16日 07:05

芝浦グループ多角化戦略のいま 繁栄の鍵は「人財」発掘にあり(後)

  芝浦グループホールディングス(株) 代表取締役社長 新地 洋和 氏 各事業の取り組み  ―19年の事業展望について。アグリ事業では多数雇用...

2019年02月16日 07:02

【日韓ビジネスコンサルタントの視点】米中貿易戦争長期化への懸念~戦々恐々の韓国経済(3)

  中国が取り得る3つの戦略  それでは、今回の米中貿易戦争の真の狙いはどこにあるだろうか。中国はこのペースで行くと、2020年の中盤ごろアメリカを抜いて...

2019年02月15日 18:11

元オネエ系タレントの振付師K・Bの弟も~中洲のクラブ経営者、脱税容疑で逮捕

   福岡地検特別刑事部は2月14日、所得税法違反(脱税)の疑いで、飲食店経営者椛島(かばしま)譲治(48)、竹田一郎(48)、井上貴博(41)、植村勲(39)、中...

2019年02月15日 17:56

わらび座「北前ザンブリコ」みどころ(1)

  ■劇団わらび座ミュージカル「北前ザンブリコ」 <開催日時> 2019年3月5日(火) 18:30~(開場18:00) &...

2019年02月15日 17:51

シノケン18年12月期は増収減益 市況悪化で今期は抑制予想

   15日、シノケングループが2018年12月期(連結)の決算発表を行った。同期の売上高は1,113億円(前期比5.1%増)、営業利益は118億円(8.3%減)、経...

2019年02月15日 16:06

石油から水へ:新たな富を生む『水力(ウォーター・パワー)』(前編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2019年02月15日 15:43

「はかた一番どり」のあらい、古賀市ふるさと返礼品で賞味期限切れ品を誤発送~昨年11月には宗像市の返礼品でも誤発送

   古賀市役所は14日、同市のふるさと納税返礼品を取り扱う株式会社あらいが、賞味期限切れの鶏がらスープを含む返礼品「水炊きセット和(なごみ)」5セットを発送してい...

pagetop