国土交通省が進めるi-Conは地域建設業にとって救世主となるか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月03日 14:56

国土交通省が進めるi-Conは地域建設業にとって救世主となるか?

 国土交通省は、2016年度から、建設業の生産性向上などを目的に建設プロセスでICTなどを活用する「i-Construction(以下、i-Con)」を進めている。ICT土工分野では、これまでに全国1,278件(18年2月時点)の施工実績がある。そのうち、九州管内の実績は257件で、全国の約2割を占める。ICT導入による省力化や効率化は、人手不足の地域建設業にとって、朗報となり得る可能性を秘めているが、導入にかかる投資は、中小零細企業にとって簡単なことではない。導入した企業のなかにも、3億円以下の規模の小さな工事では、採算が取りづらいなどと課題を指摘する声がある。i-Conは、地域建設業にとって、生産性向上の救世主となるのか。

将来の労働力不足をICTによる生産性向上で補う狙い

 i-Conには、生産性の向上により、労働力不足を補う狙いがある。背景には、政府が進める「働き方改革」がある。九州で建設業に携わる労働者数は約54万人。このうち50歳以上の労働者は約27万人で半数を占める。一方、29歳以下は1割程度にとどまっており、将来的な労働力不足が指摘されている。トンネル工事の分野では、矢板工法からNATM工法に移行したことにより、生産性が10倍に向上した実績がある。ICT導入による同等の効果を、昔と生産性がほとんど変わっていない土工(切土、盛土などの工事)、コンクリート工などの分野に求めたわけだ。

 ICT土工とは、測量・調査、設計、施工、検査などすべてのプロセスにICTを活用することを指す。従来の土工は、測量士が現況地形を測量し、そのデータを基に設計図から土量を算出。丁張り(杭など用いた勾配角度の表示方法)を行い、オペレーターが重機で施工した後、書類を検査するという流れが一般的だ。

 これに対し、ICT土工ではドローンなどで3次元測量を行う。パソコン上で、3次元測量データによる現状地形と設計図の差分から土量を自動算出した後、3次元設計データなどをインプットしたICT重機で施工(IoT施工)。検査書類の提出は不要という流れになる。従来施工との違いは、測量・設計のプロセスを1~2人のオペレーターで完結できるようになる点と、重機施工の人員を3分の1程度まで減らすことができる点だ。工期的にも短縮効果を見込める。人手が減らせ、工期も短くなれば、コストが減らせ、最終的に施工業者の利益が増える。i-Con導入は、良いことずくめのように見える。

「国がいうから仕方なく」今後、真価が問われるi-Con

 ただ、中小零細が多い地域建設業者のなかで、ICTを積極的に使いこなし、メリットを享受している企業は、そう多くはないのが現状だ。その理由は、「現在の人員、従来のやり方でも、今のところ仕事を回していける」と考えているからだ。経営者や技術者にとって、ICT導入が不要不急である以上、「ちょっと様子を見よう」と考えるのは当然のことだ。

 ICTのメリットを期待してI投資を行った企業のなかにも、不満を抱える企業がある。たとえば、3次元測量や設計を行うための機材を購入しても、誰でもが、すぐにそれを使いこなせるわけではない。ICTにも人材確保が必要になる。小規模な工事で単発的にICTを活用しても、利益が出せない、赤字になるという問題もある。

 業者サイドのなかには、ICTの導入は「国がいうから、仕方なくやっている」という「やらされ感」がある建設会社も少なくない。受注者はもちろん、同じ発注者である県や市町村と比べても、国との間には少なからず温度差があることも、i-Conの推進力を削ぐ要因になっている。

 i-Conスタートから2年が経過。石井啓一国土交通大臣は、今年を「生産性革命の深化の年」と位置づけている。「深化」がどのような状態を指すか定かではないが、政府が「働き方改革」を進めるなか、長時間労働などネガティブなイメージがある地域建設業の働き方改革をアピールするには、ICT以外の手立てがない現状がある。今後、いまだ道半ばにあるi-Conの「真価」が問われる。

※クリックで拡大

【大石 恭正】

【鹿児島県の野添土木 沖縄県の丸政工務店が優秀賞受賞】
 国土交通省は、i-Con推進のため、2017年度に「i-Con大賞」を創設している。完成直轄工事が表彰の対象。17年度の国土交通大臣賞は、北海道の(株)砂子組(道央圏連絡道路千歳市泉郷改良工事)、島根県のカナツ技建工業(株)(多伎朝山道路小田地区改良第12工事)が受賞。優秀賞は10社で、九州からは鹿児島県の(株)野添土木(長谷川4号床固工・右岸導流堤工事)、沖縄県の(株)丸政工務店(恩納南BP1工区改良工事)が受賞した。

【宮崎で西松建設 熊本でコマツが新技術を現場試行】
 産官学連携による「i-Con推進コンソーシアム」も設立。最新技術の現場導入のための新技術発掘、3次元データ利活用促進のためのデータ標準やオープンデータ化などに取り組んでいる。今年5月には、新技術と現場試行のマッチング案件11件を決定。九州では、センサBoxのみによる傾斜監視システムを用いた「斜面の安定性を確認する技術」(ニーズ提供者・宮崎河川国道事務所、シーズ提供者・西松建設)、IoTでダンプトラックの運用を管理する「建設現場における建機などの動態管理技術」(ニーズ提供者・菊池川河川事務所、シーズ提供者・(株)小松製作所)が成立している。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年06月17日 17:39

市立小学校増築工事の影響で住宅に亀裂、下水逆流~近隣住民と福岡市の間で深まる溝

 福岡市の外郭団体が発注した工事で受けた建物の損傷について「謝罪した」とする福岡市側と、「謝罪されたおぼえはない」とする被害者。もはや修復不可能に映るまでに広がった両...

2019年06月17日 17:23

「第4回 『サロン幸福亭ぐるり』講演会」(前)

 6月8日(土曜)、地域にある公民館の多目的ホールで、「第4回『サロン幸福亭ぐるり』講演会」を開催した。講師は桜井政成(立命館大学政策科学部教授)さん。専門は「組織社...

2019年06月17日 17:00

日建設計・JSCAの最凶タッグが耐震偽装を事実上認めた!(後)

 豊洲市場のような公共建築物の場合、民間の建築物における建築確認の代わりに計画通知という制度があり、特定行政庁(豊洲市場の事例では東京都)が計画を審査します。

2019年06月17日 16:48

Jリーグを九州から盛り上げろ!九州のクラブの経営力を診断(前)

 サッカーのJリーグ史上、稀にみる復活劇といえる。今季、6シーズンぶりにJ1に復帰した大分トリニータが躍進を続けている。J1の在籍歴がありながら、初めてJ3に降格した...

2019年06月17日 16:00

「(それは)立憲民主党です」、山本太郎氏が戦う姿勢見せない野党を名指しで批判~広島

 衆参両院で予算員会が開かれないまま通常国会の会期末が迫る中、新党「れいわ新選組」の山本太郎参院議員は16日、広島市内で開かれた街頭記者会見でこの状況をつくったのは戦...

2019年06月17日 14:59

【9/1】ホテルオークラ福岡開業20周年記念企画 京都・神戸・福岡の総料理長3人による「ホテルオークラ グランシェフの夕べ」を開催

 ホテルオークラ福岡は9月1日(日)、京都、神戸、福岡の総料理長3人による「ホテルオークラ グランシェフの夕べ」を開催する。

2019年06月17日 14:39

天然由来の粉末でグリストラップの悩みを解消 宝成産業

 「最大の悩みがグリストラップだった」と宝成産業(株)の代表・横尾睦氏は大手飲食チェーン勤務時代を振り返る。「グリストラップ」とは飲食店の厨房に設置が義務付けられてい...

2019年06月17日 14:00

日建設計・JSCAの最凶タッグが耐震偽装を事実上認めた!(中)

 公設市場にはシビアな建築コスト削減は求められていないと思います。建築コストを抑えることよりも、仮に大地震が発生した場合でも市場の機能を損なわず都民に食材を提供できる...

2019年06月17日 12:47

シェールガス革命による化学業界のパラダイムシフト(前)

 世界屈指の化学企業は、われ先にと米国南部のテキサスに化学原料の工場建設を進めている。日本の三菱ケミカル、シンテック、三井化学をはじめ、台湾のフォルモサ石油化学、フラ...

2019年06月17日 11:42

不動産景気の微妙な分岐点

 あるマンション販売会社での話。業界地場トップの社員が弊社にやってきて、「最近、来訪者の数が減ってきています。御社の実数の変化はありますか?」と聞かれたという。質問さ...

pagetop